退職

退職代行サービスでトラブルなく退職できるのか?

退職代行サービス トラブルなく退職

 

退職代行サービスを利用して、退職するまでに会社とトラブルがなかったのか?会社から必要書類はちゃんと届いたのか?

最終的に退職できたのですが、ご報告を完全に忘れていました。今年の1月に退職を決意してから即日、退職代行にお願いしたのです。未消化だった有給休暇をフルで消化して、2月末が退職日となりました。

退職代行サービスを利用し、退職に至るまでの体験談として残しておきます。病んでしまったことや初めてのやり取りなど、過去の記事は『退職代行カテゴリーの記事一覧』からどうぞ。

退職代行サービスを利用しても大丈夫?

退職代行サービス LINEで連絡

できるだけトラブルがなく穏便に退職をしたい。退職代行SARABAとやり取りの手段はすべてLINEを使用しました。電話は一度もしていません。

僕がLINEでSARABAの人に伝えた内容を、会社の人事担当者に伝達してくれます。

そして人事担当者からSARABAに伝わり、SARABAから僕にLINEで内容を知らせてくれます。SARABAは拠点事務所から「電話のみ」で、人事担当者と連絡を取っていたようです。

画像の時刻を見ていただきたいのですが返信がすごく早い。

すぐに返信をいただけるとスムーズかつ安心してやり取りができます。伝えて欲しいことや疑問点はなんでも相談できるので、退職金のことも気軽に相談できました

書類の提出は郵送で完了する

「退職届」と「要望書(会社に伝えることを書く)」を自分で作成したのですが、実は会社指定の書式があってやり直しになったところまでが前回の記事です。

 郵送で届いた書類が「退職届の書き方」「要望書」「退職金の申請書」「企業年金の申請書」「確定拠出年金の移行申請書」「社会保険の解約申請」「定期代の解約返金書類」と、たくさんの書類が届きました。うろ覚えなのでこの他にもあったかもしれません。

住所、氏名、電話番号に捺印。同じ記述を何度もしました。これこそ電子化で全部繋がって一本化するべきだと思います。

返信封筒が用意されていたので、すべてを書き終えてから郵送するだけなので、誰にも会いません。解約した定期代は「会社の口座へ送金するように」となっていたので、ネットバンクから送金しました。

保険証がないと病院に行った時に困るので、2月末(退職日直前)にあとから郵送をすることにしました。

特に連絡もなく退職日を迎えることになった

退職代行サービス トラブルは無い

2月初旬に書類を郵送してから、3月を過ぎるまでSARABAからも会社からも連絡がまったくありませんでした。SARABAに「その後どうなったのか」を聞いてもらえばよかったのですが、会社に書類が届いて内容に不備がなかったのか、正式に通ったのかが分からないままでした。

要するに『会社から書類が届いたら返送するので届くまで待っています』と、SARABAに伝えたきり”そのまま”になってしまったのです。それから特に誰からも連絡がなく、本当に退職できているのか、分からないまま退職日を迎えます

書類や私物が届くまでに時間がかかる

失業保険に申請したり、再就職したり、扶養になるにも退職した日がわかる書類が必要です。「離職票」や「会社に残した私物」を自宅へ郵送して欲しいと会社へ要望書を出していたのですが、退職日を過ぎても届きませんでした

退職してから役所等へ色々と申請することがあります。

退職した日から2週間までが提出期限となっていたので焦る。まさか退職できていなかったり、郵送し忘れているんじゃないかと思いましたが、退職日から20日過ぎた頃に必要な書類と私物が届きました。

ネットで調べてみると、3月は役所の窓口が混むので書類の発送が遅れることが多いそうです。肝心な申請は、期日を過ぎていても退職した日で申請できました。

退職代行サービスはトラブルなく退職できる

誰も訪問してこず、退職を拒まれることもなく、LINEと書類の郵送だけで退職できました。決して安くはない3万円の費用が掛かったけど、嫌な思いやストレスは一切ありません。

賛否両論あることですが、本当に追い込まれている方は退職代行サービスを利用しても良いかなと思います。ただ通常の退職方法ではないので、同僚とは疎遠になりますし、後ろめたさがあります。

会社関係と「縁を切る」と割り切れば関係のない話ですが。

退職代行を利用するか迷ったらまず無料相談をする

振込やカード決済してから代行サービスがスタートします。退職代行サービスにお願いする前に「質問や相談」が無料で出来ますので、まずは納得するまで問い合わせてみることをおすすめします。

退職代行SARABAのほかにも退職代行をしている会社がたくさんあって、費用もまちまちです。だいたい相場が3万円前後で法律事務所などが運営している場合は、訴えられた時に強くて相場が5万円~なので少し高くなります。

 有名な退職代行サービスの特徴

たくさんある退職代行サービスの中から、有名な企業の特徴をご紹介します。

退職代行SARABA

退職代行SARABA出典:退職代行SARABA

退職代行SARABAの特徴は今まででお伝えした通り、LINEの返信が早いことです。

返信が早いのでスムーズにやり取りできます。僕が利用した時は代行費用が30,000円でしたが、現在(2019年6月時点)は職業関係なく一律29,800円です。パッケージ価格になっていて追加費用がかからない点も安心できます。

退職が決まると『無料転職サポート』をお願いすることができる。しかし転職のお祝い金について公式サイトに書かれていません。転職サポートを退職代行と一緒にお願いしようとお考えの方は、別の退職代行サービスにお願いした方が良いかもしれませんね。

退職代行SARABA

わたしNEXT

わたしAnest出典:わたしNEXT

わたしNEXTは「女性のため」の退職代行サービスです。

正社員・契約社員・派遣社員の退職費用が29,800円。アルバイト・パートが19,800円です。わたしNEXTは最大50,000円の転職お祝い金をもらえる制度があります。

退職満足度が驚愕のほぼ100%で創業14年と長くて、メディアにも多数掲載されている、女性に安心の退職代行サービスです。わたしNEXTで退職をした『みんなの声』が多数掲載されているので一度、確認してみてはいかがでしょうか。

わたしNEXT

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ出典:退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチは退職代行実績14年で現在(2019年6月)まで退職成功率100%を継続中です。『ニコイチ退職パック』が28,000円の業界最安値で、退職が完了するまで追加料金なしで安心。

ニコイチで転職サポートを利用すると、退職代行費用を条件により全額キャッシュバックします。転職がまだ決まっていない方にはおすすめできるサービスです。心理カウンセラーが在籍していたり密な打ち合わせをするので、ニコイチはサポート面で優れています。

退職代行ニコイチ

退職代行EXIT

退職代行EXIT出典:退職代行EXIT

退職代行EXITは万が一、転職先が肌に合わない場合は、次回が1万円引きという面白い制度があります。次の転職先が自分に合うのか不安な方、転職を繰り返す方におすすめです。

退職代行費用が50,000円ですこし高めの設定ですが、転職サポートが付いて条件により代行費用がキャッシュバックされます。書類作成のアドバイスや面接対策の費用が無料ですので、EXITは転職へ向けて力を入れているようです。

退職代行EXIT

汐留パートナーズ法律事務所

汐留パートナーズ法律事務所出典:汐留パートナーズ法律事務所

汐留パートナーズ法律事務所は法律事務所が運営している退職代行サービスです。

着手金54,000円、未払い金・残業代・退職金等の請求に関しては、成功報酬経済的利益に対して20%掛かるので相場より高額です。しかし弁護士法人なので、訴えられた時に対応可能という意味で、本物の退職代行サービスです。

損害賠償請求された場合などに対応ができるのが弁護士法人の強みです。

汐留パートナーズ法律事務所

さいごに

今回は退職代行サービスを利用してトラブルなく実際に退職できたことをお伝えしました。

サービスの内容は各社ほぼ同じですが、女性向けの退職代行まであって驚き。転職サポート付きで、条件により代行費用が全額キャッシュバックがあると利用しやすいですね。法律事務所の費用は高額ですが、その点しっかりしていて”ややこしそう”な案件に強い。

退職代行サービスはパワハラなどで上司の顔を見たくない。もう絶対に会社へ行きたくないという方に最適なサービスです。

整備士辞めて本当に良かった
整備士を辞めて本当に良かった!退職代行サービスを使って退職するまでまとめ!   // この記事では退職代行サービスを利用して自動車整備士を退職するまでをまとめています。 退職代...