自動車整備士の仕事

整備士離れっていうけど夏場が一番 辞めたくなる時期ですよ

夏

 

自動車整備士の夏は最悪です。暑すぎて熱中症には本当に気を付けなければいけません。気を付けると言っても、会社側の対策が不十分なので自分の体は自分で守るしかないのです。

整備士時代に体験した地獄のような夏の仕事現場を思い出していきたいと思います。

会社が暑さと熱中症を対策をしてくれない

毎年、夏になると「辞めたいな~」って思っていましたね。もう辞めましたけど。熱中症にならなかったのが不思議なくらい暑い。現役で整備士の方、本当にお疲れ様です。熱中症には充分お気をつけください。

暑いのに作業着が長袖で腕まくりすんな

まず、作業着(ツナギ)に自由がないのです。

会社支給のモノを着ないといけませんでしたからね。この作業着が長袖なんです。一応、夏用の作業着として薄手タイプがあるのですが、簡単に破けないようになっていて分厚くて通気性が悪い。

そして分厚いのに腕まくりしてはいけないって言うのです。

でも暑すぎて腕まくりしていたこともあります。猛者は抵抗もせず腕まくりをしないで働いていましたが、誰よりもびっちゃびちゃでした。そりゃあ身だしなみとして見苦しいので、言いたいことは分かりますけど無茶でしょ。

たいした休憩もなく、毎日汗だくだくで3回も4回も着替える日々。嫌になっちゃいますね。

スポットクーラー?ないよ?扇風機で我慢してね

スポットクーラーって見たことありますか?部屋全体を冷やすのではなく、局所的に冷風が出る機械です。こんなやつ。

これは工事不要の移動式ですが、工場の天井から冷却ホースが伸びてくる備え付けタイプもあります。そんなもんはないので扇風機で我慢します。しかし作業で車の前や後ろに動き回っているので、風に当たっている時間は極僅かです。

工場の中って風通りが悪く、整備の為にアイドリングのままにしている車があったりして熱気がこもる。その風を扇風機で送っても暑いですよ。聞いた話によると別の店舗にはスポットクーラーが備え付けてあるそうです。

「涼しくて羨ましい」と思いましたが使っていないとのこと

理由を聞くと電気代がかかるので使うなとのお達しがあったそうです。

ナビの取付作業など車の室内での作業はもっと過酷

車の中で整備をする

特にキツイのが車の中で作業をする時です。ただでさえ風通しが悪いのに車の中なんて無風ですよ。当然ドアと窓は全開にするのですが、汗はだらだらと出る。お客さんの車で、もちろん汚してはいけないので余計に気を使います。

内装パネルが夏は外しやすいことが唯一の救いです。夏はパネルの爪が柔らかくなっていてすんなり外れる。逆に冬は手がかじかんでいるし、パネルが固くてなかなか外せなくて大変です。

衝撃を受けた会社から支給された物資

この商品ではないのですが、水に浸して首に巻く、こういう類の熱中症対策商品が会社から支給されました。最初は冷たいですが、まぁ持続性はないですよね。こういったその場しのぎではなく、真剣に設備投資していただきたかった。

今思うと、こういうものを首に巻いたスタッフに接客されていたお客さんはどう思われていたのだろうか?

『熱中症には気をつけろ』でも『予算は達成せよ』

『水分を取れよ。熱中症には気をつけろよ。でも予算達成して当たり前。』こればっかりを何回も聞きました。「熱中症の注意喚起は日頃からしている」という、何かあった時の責任逃れにしか聞こえませんでしたね

例えば、予算を達成する為に予約の合間に無理やり仕事をねじ込む。

まともに休憩時間がないのにも関わらず、さらに仕事を詰め込むのはいかがなものか。熱中症に気をつけろって言うなら休憩させろ!

自分を守れ!自動車整備士が熱中症対策にしていたこと

会社の管理体制が悪いので、自分の身は自分で守るしかないです。過酷な状況で熱中症対策としてしていたことをご紹介します。

水分と塩分補給

定期的な水分と塩分の補給は最重要です。スポーツドリンクが水分補給として有効ですが、糖分の過剰摂取になりかねないので、水やお茶と交互に飲みます。塩分補給は塩飴や塩タブレットを持参して隙を見て舐めていました。

あまり良くないと思いますが、エナジードリンクを飲んでいる人がたくさんいた。効果があるのかわからないけど確かに元気になるような気がする。気休めですけど。

冷房の効いた事務所へ逃げる

整備した後は記録を残す為にPCで入力したり、メンテナンスブックに手書きで書いたりする事務的な仕事があります。普段は工場でこういった仕事をするのですが、座っていてもできることはできるだけ冷房の効いた事務所で行っていました。

汗だくのまま冷房の効いたところに入ると、冷えすぎて体調を崩しやすくなるので着替えは必須ですね。まぁ1時間~2時間に一回くらいは着替えます。営業マンはショールームの涼しい環境で仕事をすることが多いのですが、なぜか『暑い!暑い!』と連呼するんですよ。

これを聞くとほんと殺意が芽生えますね(笑)

たまに意地悪して「手が回らないので洗車をお願いします!」と伝えると嫌な顔される。もう一回言いますけど、ほんと殺意が芽生えますね(笑)。こんなやり取りがあって営業マンと整備士の仲が悪い整備工場は多いと思います。

とにかくデオドラント

汗をかきまくった後にお客さんのところへ行き、点検の説明をしないといけない。汗くさい人が説明に来ても嫌ですよね。制汗や消臭に気を遣うのですが、このデオドラント商品でひんやり冷たく感じるものを使っていました。

メントールが入っていると持続的にひんやりするので、使わないよりかはまだマシです。

さいごに

昔の感覚でいくと『我慢』をするしかないのですが、異常気象なのか近頃は平均気温が上がっているそうです。昔ながらの工場は特に、暑さ対策がされていないことが多いです。熱中症対策に我慢はよくありません。

最悪の場合、命を落とす危険性もあります

整備士が「辞めたい」と思う理由の中で、低賃金のほかに過酷な労働環境が理由に上がります。賃金や労働環境が悪すぎたことで、僕は実際に自動車整備士を退職しました。自動車整備士さんのほとんどの方が、正直言って「辞めたい」と感じているはずです。

夏場の対策を会社側で改善していかなければ、整備士離れを食い止めることはできないと考えます。

リクルートが運営している就職SHOPでは未経験者が対象で、多くの企業が求人登録をしています。誰だってお給料と福利厚生の良い会社で働きたいですよね。でも自動車整備士しかしたことがない。

就職SHOPなら資格や経験を見る書類選考なしで面接を受けることができます。まだ誰にも言い出せないけど、心の隅で転職を考えている方は就職SHOPをチェックしてみてください。

詳細はこちらから⇒就職SHOP