アタックフォーメーション!

元ディーラー整備士が車業界から飲み物まで様々なテーマを本音で綴るブログ

アタックフォーメーション!

リコールが出るとカーディーラーは儲かります

リコール 儲かる

 

 車のリコールが出るとディーラーは儲かるの?整備士さんは忙しくなるんじゃないの?こんな疑問を持たれたことないですか?

そんな疑問にわかりやすくお答えします。しかしお客様の立場から考えると?

リコールが出るとカーディーラーは儲かります!

リコールは車のメーカーが行うものです。実際に改善対策をするのがディーラーです。

作業をしていますので当然メーカーから作業工賃がもらえます。ディーラーはある意味メーカーから美味しい仕事をもらっているようなものです。

部品代に利益を計上してはいけないが整備工賃で儲けが出る

大規模なリコールが出るとカーディーラーは、はっきり言って儲かります。部品代で利益を出してはいけないのですが整備工賃はメーカーに請求します。部品代は原価で請求します。工賃収入はほぼ100%利益です。

同じ10,000円の売上でも、7,000円で仕入れた部品を10,000円で売るより10,000円の作業工賃をもらった方が儲かりますよね。

ちなみにリコールでもらえる工賃は一般整備工賃よりほんのすこーしだけ低いです。低いといっても数百円程度なので赤字になることはなく、リコール作業をすればするほど儲かります。

一般整備をするより、なぜリコールの方が儲かるの?

答えは実際にかかった整備時間で請求するのではなく、決められた整備時間で請求するからです。

以前、スバルの完成検査リコールを受けました。3時間程度かかると案内には記載されていましたが実際にはリコール+12か月点検で1時間半で完了しました。

このようにリコールは実際にかかる時間より、余裕をもった作業時間に設定されているのです。

僕がスバルで受けた完成検査リコールの場合、1時間半で3時間分の作業工賃と12か月点検費用の利益が上がります。

入庫してもらうための誘致時間や電話代、及び案内の郵送代などがかかっても一般的な整備をするよりもリコール作業をした方が儲かります。

リコールの内容によっては10分で改善措置(作業)が終わるのにメーカーに1時間分の工賃を請求するなんてこともある。

リコールが発表された時の整備士の本音

『またか...』これが本音だと思います。

点検・車検・一般整備。通常の仕事内容にリコールが追加されると忙しくなります。ご案内の発送、お詫びの電話、実際にご来店していただいてからのお詫び。リコールが出たからといって月間予算が減るわけではないので普段の仕事内容が減るということはありません。ディーラーは儲かりますが社員に対して還元は、どこのディーラーでもほぼないかと思います。

様々な使用状況や道路状況があり、実際に走ってみないとわからない不具合もありますが設計段階でわかるでしょ?というリコールが最近多いなと感じます。メーカーにはしっかり丁寧に自動車を作ってもらいたいものです。

お客様の立場から考えると

ほとんどの方は『ディーラーが車を作った訳ではないので仕方がない。きっちり整備していただけるのなら大丈夫』と言っていただけるのですが中には激怒する方もいます。

ディーラーが窓口ですのでお客様からお叱りを受けるのも責務です。

 自分の車にリコールが出ると不安になったり怒りたくもなりますよね。

わざわざ休日にディーラーまで行って待ち時間があって、余計なガソリン代もかかる。めんどくさいし、不信感も出てくるかと思います。

冒頭から儲かるということを書きましたが『リコール=欠陥』な訳です。忙しくなるからといってディーラーの人間も低姿勢で丁寧、誠心誠意な対応しなくてはいけません。

リコールを受けに行って対応が悪く、さらに不快な思いをされたことがある方もきっといらっしゃいますよね。

 

ディーラーはなぜ対応が悪いのか?

それは教育を受けていないからです。ディーラーが窓口であってお客様に謝罪しなければならない。悪気があって不快な思いをされる対応をしているわけではないです。どのように謝罪したら良いのか、どうお詫びすればいいのかを指導、教育を受けたことがないです。

次の予約があり慢性的な人手で作業が遅れると対応ができない。これも丁寧な対応ができない理由の一つです。

近年車離れが問題視されていますが、儲けることが最優先で社員の補充や教育にお金を使わないディーラーから、お客様や社員が離れるのは当然だと考えます。