アタックフォーメーション!

元ディーラー整備士が車業界から飲み物まで様々なテーマを本音で綴るブログ

アタックフォーメーション!

運転手の過失か?車の故障が原因か?

自動車 故障

 

 全国で自動車による事故が相次いでいる。安全運転を怠った。認知力の低下や判断ミス。操縦ミス。様々な原因がある。しかし自動車が機械である以上、故障により事故が発生したという可能性も少なからず有り得るということをお伝えしたい。

 自動車の不可解な故障

自動車の大部分はコンピューターにより電子制御されてます。ワイヤレスキーの照合、エンジン状態、操作状況、走行状況など様々な情報をセンサーで検知し制御している。万が一センサーが故障し数値を読み取れなかったなど、異常をコンピューターが感知した場合どうなるのか?

通常はエラーとして履歴を残し、非常時専用の制御に入る。(深刻なエラーの場合エンジンを停止する場合もある)

しかしすべての異常が自動車に故障が生じたとして記録が残らない。一部の故障(誤検知)は誤って操作したものとして記録が残る場合がある。

Dレンジで走行中、勝手にNレンジ(ニュートラル)になる現象

 僕が整備士時代に不可解な現象の車があった。『走行中、勝手にNレンジになって失速する』というクレーム。勝手にNレンジになると大変危険ですよね。お客さんはもちろん激怒している。

走行中、勝手にNレンジになると聞いて『そんなことありえない』、『使い方を間違っているだけだろ』と思われる方もいらっしゃるかもしれません。僕も最初は『そんなことあるのか?シフトレバーに手が当たったとかじゃないのか?』と思った。しかし車側が故障していれば実際に起こりうることです。

  • 車種は3代目プリウス(ZVW30)
  • 高速道路をDレンジで走行中、勝手にNレンジになり失速する
  • メーターにはNレンジに入っていますの警告表示
  • 頻度は毎日1回程度
  • NレンジからDレンジに切替えてもすぐにNレンジに戻る
  • Dにレバーを手で保持していればDレンジで走行できる
  • 30代後半~40代の男性でバリバリのビジネスマン風

故障診断をしてもエラー履歴なし再現しない

実際に試走してみてもNレンジにならず再現できない。診断機で診てもエラーの履歴は何も残っていない。通常の運転操作ではしないであろう操作がされると記録に残す特殊操作履歴というものがある(例えばアクセルとブレーキを同時踏み)。この特殊操作履歴で走行中にNレンジに操作したという履歴が残っていた。

『なんだ。やっぱり自分で操作してるのか』特殊操作履歴で運転手が自分でNレンジにしたのだからそれが原因だろうとご納得いただきたかったが、このことをお客さんに伝えにいくと『絶対にありえない!』と反論された。毎日1回程度の頻度でこの現象が出るということだが走行中にシフトレバーに触れることは絶対にないという。

結果はシフトレバーの故障

色々調べた結果、最終的に原因はシフトレバーの故障だった。シフトレバーがどこに入っているかを検知するにも電気が使われている。細かい数値は覚えていませんが3VならDレンジ。2.5VならNレンジ。2VならRレンジ。

このような感じです。抵抗が大きくなったなど、何らかの原因で電圧が低く検知されてしまい、ちょうどNレンジの電圧になったことで勝手にNレンジに入るという現象が起きていました。

部品交換後1週間ほどでお客さんに『その後の車の調子はどうですか?』と電話したところ『交換後はNレンジに入ることなく快調』とのお返事を頂けました。危うく『お客さんの操作ミス』で終わらせてしまうところでした。

 ちなみに電圧でどのシフトに入っているかを検知するのでこのようなボタン型のシフトレバーも社外品として販売されている。結局は電気で見ているのでレバーは関係なくこんな形でもどこにシフトを入れたいか判断できる。

ググってみると全く同じ症状を訴える内容が見つかる

電子制御故に不可解な現象が起こる場合がある。そして特定の車種に同一の不具合が起こりやすいということを知っていただきたい。

普通にDでブレーキふんで信号待ちしていました。信号が青になったので発信しました。すると次の瞬間、勝手にNになり、車は減速・・・慌ててDにして再発進、しかしすぐにNに・・・パニック・・D方向にシフトを倒したまま進んだら進めました。

oshiete.goo.ne.jp

シフトをドライブに入れると1秒ぐらいたつと勝手にニュートラルに戻る問題が発生しました。いつもなら、車のエンジンを切ってしばらくすると勝手に直るのですが、今回はこの問題がしつこく続き、時間にして10分ぐらい継続しました。その間、シフトをドライブへ入れて、手で押さえてその位置に固定しながら運転しました。

www.sugihara.us

アクセルペダルの踏み加減だって電気で見ている

 昔の車はアクセルペダルを踏むとエンジンに空気を取り入れる蓋がワイヤーによって引っ張られていた。現在はどれくらいアクセルペダルを踏んだかをセンサーで感知し電子制御で行っている。以下は電子制御スロットルのメリットとデメリットの引用です。

そのことにどのようなメリットがあるかというと、たとえば、ドライバーがラフなアクセルワークを行ったとしても、ギクシャクしないように平均化するような制御が入って、走りを滑らかにしたり、エンジンが効率よく回るようスロットルを制御し、燃費向上させるといったことが挙げられる。

その反面、アクセルを開けても、スロットルが反応するまでタイムラグがあったり、アクセルを床まで踏んでも、(すぐには)フルスロットルにならなかったり、アクセルは一定なのに、スロットル量が勝手に変化したり、ハーフアクセルから少し早く踏んだだけなのに予想以上にスロットルが大きく開いて思った以上に加速しだす、といったこともある。

www.webcartop.jp

機械である以上、アクセルペダルの踏み込み加減を誤検知する可能性も捨てきれない。機械の故障は突然やってきます。先ほどまで問題なく使えていたPCがフリーズすることもある。

自動車よりしっかりメンテナンスされているであろう航空機ですら故障する。大事にならないだけで車の故障は毎日どこかで発生しています。時と場合によるが事故の原因が運転手の過失だけではなく、履歴の残らない故障が車側に発生していたという可能性も少なからずあるということを知っていただきたい。