今売れているAmazonパントリー>>

簡単すぎて辛いDM封入バイトの体験談

DM封入のバイト

学生の頃、請求書や広告などのDMを封入するバイトをしていました。

求人広告には軽作業で簡単!誰にでもできるお仕事!なんて書かれていることが多いのですが、実際は「簡単すぎて楽なんだけど全く面白くない」お仕事です。

もちろん辛いより楽なバイトで時給が貰える方が良いですよね。でも、DM封入のバイトは好き嫌いが別れると思います。

今回は僕が体験したDM封入のバイトは、どんなことをしていたのかご説明します。

\ 全国から探してみる /

タップできる目次

 DM封入のバイトはどんなお仕事?

請求書
DMのイメージ

DM封入のバイトは、DM(広告、クーポンなど)や請求書を封筒に入れて発送する仕事内容です。

具体的には、携帯電話料金やネット回線の料金など、誰もが知っていて身近に利用している企業から発行されているものの請求書でした。

個人情報が盛りだくさんですし、お金絡みの書類で封入に失敗するとマズイので、スピーディかつ慎重に取り扱います。

こういったDMや請求書が作業場に用意されており、バイトやパートのおばちゃんが封筒に封入していくのがメインのお仕事です。

分担作業になっていた

  • DMを折る係
  • 宛名ステッカーを貼る係
  • 封筒に入れる係

DMを折る係と宛名ステッカーを貼る係、封筒に入れる係の役割分担があります。ヘルプ以外では、僕は封入がメイン作業でした。

一番気楽なのはDMを折る係ですが、手を動かす動作が多くて地味に疲れやすいです。

宛名ステッカーと封入は、どちらかというと気疲れします。

機械の場合は封筒を補充するだけ

一枚一枚、手作業で封入するだけではなく、自動で請求書を封入してくれる大きな機械があります。

封入は全部機械がやってくれるのですが、10分くらいで「機械の中にストックしている封筒がなくなってしまう」ので、封筒を補充するのがバイトの仕事です

もっと大量に封筒をストックできれば完全自動化できるのに、「なんで少ししかストックするスペースがないんだろう」といつも思っていました。

今の機械はそんなことないのでしょうけど、昔はこんな不便さがあったのです。

10分経ったら封筒を補充する。仕事はこれだけだけど、機械が「ガッチャンガッチャン」鳴ってうるさいし、暇すぎて時間が経つのが遅いし、楽なんだけど疲労感がすごくて辛かったです。

手作業は黙々と封入する

手作業の封入は終わるまで黙々と封入をします。フィルム封筒は「しわ」にならないように、一回で「スッ」といれるのが難しい。

広告一枚だとよいのですが、3枚セットで入れる時が多くて、3つの広告の山から「サッサッサッ」と取るのに慣れが必要です。

時間内に終わらせるためにテンポよく封入をするけど、私語禁止だったので誰ともしゃべらず、ただひたすら同じ動作の繰り返しです。(作業場によってはしゃべっていいかも)

自分に与えられた仕事を早く終わらせても特にメリットはありません。遅れている人を手伝います。

DM封入のバイトに向いている人

  • 集中して黙々と同じ作業が出来る人
  • 接客したくない人
  • 屋内の仕事がしたい人
  • 力に自信がない人

当時の時給が800円ほどで安かったのですが、物価の上昇も関係していて今はそこそこ時給が上がっていますね。

まさに、上記4点に当てはまる人は「良いバイト」だと思います。正直言って今だとちょっとやりたい。

DM封入のバイトに向いていない人

  • 接客が楽しい人
  • 単純作業が苦手な人
  • やりがいのある仕事が良い人
  • スキルアップしたい人

バイトの仕事内容によってはスキルアップができたり、将来やりたいことの幅が広がると思います。

DM封入は単純な作業でやりがいはないしスキルアップもしません。人とのコミュニケーションが好きで、色々考えて行動できる仕事が好きな人にはまったく向きません。

単純作業は時間が経つのが遅いと感じるので、簡単な作業でも合わない人には辛いしキツイです。でも黙々と作業が出来る人にはおすすめのバイトです

バイトが決まるとお祝い金がもらえる求人がある、ギガバイトでDM封入のバイトを探してみてはいかがでしょうか。

\ 求人検索はこちら /

スポンサーリンク

DM封入のバイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる