ライフスタイル

【パチスロをやめたい人へ】依存症を克服するには金銭感覚を取り戻せ

パチスロ
パチスロをやめたい人
パチスロをやめたい人
当たるまでに大金がかかるし、当たっても”ちょろ”っとしか出ない。負け過ぎだしどう考えても無理。1日を無駄に過ごした。このままじゃ人生おかしくなる。でも、やめたいのにやめられない

こんなお悩みを解決に導きます。
この記事を書いている僕は元スロッカスでした。今は完全に自分をコントロールできているので、まったく行きたいと思いません

過去は空き時間や仕事終わり、休日はもれなくパチ屋に直行。少ない給料なのに”じゃぶじゃぶ”サンドにお金を入れて、15年くらいは無駄な時間を過ごしました。

”じゃぶじゃぶ”って言うと昔の「ジャブジャブビート」を思い出しますが、始まりは4号機の”初代北斗の拳”です。いわゆる”北斗世代”ってやつで、バトルで次のラウンドに行く時に「ピキーン!ドゴーン!(ピキドゴ)」って鳴らすと舌打ちをされた時代。

バトル前のパートでレア役を引くと、リールを止めるまで「あたたたたたたたた!」ってケンちゃんが言い続けて睨まれる人もいましたね。

このまま語ると話が脱線しまくるので、ちょいちょい小話として挟みながらパチスロのやめる方法を数記事に渡って【パチスロやめたい講座】としてお伝えします

ところどころ精神論的なことも書いていますけど、本気でやめたい人だけ続きを読んでください。

にゃんすけ
にゃんすけ
もしパチスロをやらない人が読んでいたら「始めてはいけない遊び」として認識していただければと思います。

パチスロがやめれないのは依存症だから

電話相談件数出典:遊戯協会データブック2019

まずはこのグラフを見てください。

遊戯協会データブックに掲載されている「パチンコ・パチスロ依存問題電話相談件数」の推移です。2016年からめちゃくちゃ急上昇しています。「2017年って何があっただろう?」と、調べてみると2017年10月以降の新規設置が5.9号機(規制)になった時期です。

みんなパチンコ・パチスロから離れている

2017年:11月以降の主な台

  • まどマギA
  • ブラックラグーン3
  • ゴッドイーター2
  • 戦コレ3

2017年:9月以前の主な台

  • シンデレラブレード3
  • 地獄少女 宵伽
  • 北斗の拳 新伝説創造
  • バイオハザード リベレーションズ
  • アクエリオンEVOL
  • 獣王 王者の覚醒
  • リング 終焉ノ刻
  • アカギ-闇に降り立った天才-
  • モンキーターン3

※10月は導入無し

全部書き出していると終わらないので、「主な台」というよりも、打ったことがあってよく覚えている台ばかりを書き出してみました。

打ってみた当時の感想を一言で表すと「キツくね?」です。出る時は出ますけど、チャンスゾーンのチャンスゾーンみたいなのが乱立していた頃だったと思います。

アカギで例えると「起承転決」の「決戦」までやっとこさ到達して敗北。は?みたいな。アカギが全然出てこないまま、いつの間にかすっごいお金がなくなるあの流れ。「決戦までいったら当たりでええやん…」くらいの感覚ですね。

上のグラフをもう一度見ていただきたいのですが、2016年から2017年にかけて急上昇しています。さらに2018年はもっと電話の相談件数が増えていますね。

自分ではどうにもできないから、わざわざ電話相談をしてまでやめたいと思う人って”よっぽどな人”だと思います。そんな人も含めて「勝てない」と悟った人が多くて、この時期からやめる人が急増しました。

負け過ぎている人は依存症だと自覚せよ

酷い言い方をしますが、今スロットを打ち続けている人は明らかに依存症。負け過ぎているのに勝てた頃の思い出がいつまでも残っていて「もう一度奇跡が起きる」という妄想を持ち続けています

しかし、そんな奇跡が起きる確率は果てしなく0%。なぜなら規制で射幸心を煽ることを禁止したからで、イベントは出来ませんし出玉スピードは遅く、さらに上限付き。

昔は小さなお店のイベントでも数百人が並んでいましたが、こんな状態になってから客離れが加速して、儲かっているパチ屋が少なくなりました。昨今、倒産する店舗(企業)が続々と出てくるような状況でパチ屋は”出せない”のです。

島(台の列)を見回しても、上げ底しているドル箱にメダルが入っている人すらほとんどいません。万枚なんて夢のお話で、高設定なんて都市伝説

昔はよくイベントで「アンコウ(6)の札」が刺さっていましたが、今のパチ屋はほとんどの日がベタピン(設定1)。打てば打つほど負け続けます。まずは依存症を自覚することがパチンコ・パチスロをやめる第一歩

やめたいと思う人は自覚してから徐々に普通の生活に戻す対策をしましょう。

パチスロをやめたい時は金銭感覚を取り戻すことが先決

パチスロを趣味にしていると金銭感覚がおかしくなります。サンドに万札を入れて、玉貸ボタンを押すと50枚のコイン(1,000円分)が出てくる。6号機時代のベースで50Gくらいでしょうか?

5号機時代でも30G回せたらいいくらい。もし1,000円30Gのペースで30分間1度も当たらなければ10,000円が無くなると思います。ハッキリ言って異常なお遊びですね。汗水働いたお金をパチ屋に貢ぐなんてことはやめましょう。

今は金銭感覚がおかしいので、正常に戻すことが先決です。

お金を使う感覚を取り戻す

ダイソーで買ったものダイソーで買ったもの

当たり前ですが、ダイソーで商品を5個買うと500円(税抜)。5個中2つは子供用のおもちゃとして買いましたけど、安っすい100円のおもちゃで「わ~い!」って喜ばせてあげれるなんてしあわせなことですよ。※するめは食べたかったから買いました。

ではこれはどうでしょう?

ケンタッキーのハンバーガー

昨日は忙しくて、ケンタッキーの「和風チキンカツサンド(ランチセット600円)」を買って帰りました。お伝えしたいことは「美味しいものがたった600円で食べれた」ではありません。

お昼ご飯に600円も使って贅沢をしてしまった」です。

パチンコやパチスロで破滅した人をたくさん知っているのですが、ほとんどの人がお金にルーズ。毎日のように外食、毎食のようにコンビニでお弁当を買う、自動販売機で缶コーヒーを買う、そしてパチ屋に行って負けての繰り返し…。

それでいて服や日用品は後回しになって買わない。こんなのお金がないなんて当たり前です。

まずはお金の大切さ、つまり金銭感覚を正常に取り戻すところから始めないと、いつまで経ってもサンドにお金を入れ続ける癖が治りません。

対策:節約志向になる

まず簡単な対策としてはコンビニを使わずスーパーで買い物してみるのがいいですよ。ペットボトルのジュースなんて毎日70~90円で売っていて、食品を1,000円分を買うと「こんなにもたくさん買えた」という感覚になると思います。

そこからペットボトルはやめてマイボトルに変更するとより良いです。あと、スマホを持っていればできるキャッシュレス決済は使っていますか?

たくさん種類があるので、1つだけ有名なところの名前を出すと「ペイペイ」が人気ですね。コンビニより安いスーパーでも使えて、なおかつポイント還元付き。お店によってはタイアップをしていて、ペイペイ払いで値引きをしている時もあります。

まだ使ったことがない人がいたら使う方が良いですよ。お金の管理が明確になって節約志向になりますから。もちろんダウンロード・利用手数料は無料です。

各アプリストアはこちら

こういった小さなことから始めていくとパチンコ・パチスロにお金を入れるのが勿体なくなってきます。1,000円で美味しいお肉やお菓子が買えた。欲しかった化粧品が買えた。新しい服が買えたってことが可能です。

さいごに

パチ屋に行かないとお金の貯まり方が全然違います。少なく見積もってひと月50,000円も負けていたら1年で60万円も余裕ができるので、生活レベルとしては格段に良くなりますよね

パチンコ・パチスロをやめたい時に、まずは金銭感覚を正常に戻すことから始めてください。いきなり大きな目標を掲げてしまうと、ダイエットみたいにリバウンドをしてしまうので、最初は小さな目標します。

まずは3日間だけパチンコ・パチスロのことから離れてください。本気でやめたいのであればできるはず。

次回は空き時間にできる別の趣味をご提案します。

パチスロの画面
パチンコ・パチスロの代わる趣味|パチ屋から離れることが大切パチンコやパチスロに行くのを我慢できない、もしくは我慢ができた時に代わりとなる趣味を持っておくことが大切です。 最近では働き方改革...