カーディーラー

ディーラー整備士から車を買うことはできるのか?評価や報酬は?

整備士から車を買う

 

カーディーラーには営業マンと整備士がいます。当然ですが車を買うには営業マンと商談をします。車の整備をするには整備士に依頼します。

『いつもお世話になっている整備士さんから車を買いたい!』

こう思った時に営業マンからではなく整備士から車を買うことはできるのか?整備士から車を買うと言った場合、整備士に対して報酬はあるのか?成績や評価は上がるのか?

こんな疑問にお答えします。

 整備士から車を買うことはできるのか?

整備士から車を買うことはできない

まず答えとして整備士から車を買うことはできません。主に営業マンは新車の販売や保険、アフターフォロー。整備士は車の整備、板金見積り、用品販売をしています。極端な話、営業マンが車検整備をしないようにカーディーラーでは営業マンと整備士で役割が別れています。

営業マンはパソコンやタブレット端末を使って商談をします。営業マンにだけ配布されていて整備士はどうすれば見積もりを作れるのか、メーカーへ新車の注文を出せるのか扱い方がわかりません。そして整備士は車の購入をする際にどのような書類の手続きをしたらよいか詳しく知りません。

整備士から車を買う時は紹介になる

整備士は営業マンへ車の購入を紹介する形になります。『整備士から車を買う』と言っても結局は営業マンが車の手配をします。営業マンからすると貴重な1台が成績として付くので美味しい話です。

車の購入を紹介した時の報酬は?

報酬が少ない 顔を手で覆う

会社によって紹介報酬制度は違うかと思いますが僕の勤めていたディーラーでは1台紹介するごとに5,000円がもらえることになっていました。何百万円もする車に対して意外と少ないです。

しかも『一度も取引のない新規のお客様を紹介する』という条件がありました。この条件の難易度が非常に高い。

『いつもお世話になっている整備士さんから車を買いたい!』

こう言われても過去にお世話になっているので新規のお客様ではないです。家族や知人を紹介するにしても先にオイル交換などで入庫履歴があると新規のお客様として扱ってもらえなくなります。

成績や評価はあがるのか?

会社に貢献できて成績があがりそうですが成績とは関係がありません。紹介によって整備士の成績や評価があがることはなく紹介制度そのものが機能していませんでした。

紹介制度は総務課や保険課といった内勤の方も対象で合わせて200人弱いましたが年間で数名(1人か2人)しか利用していません。家族や知人が車を買いたいと言えばお手伝いをしますが紹介に恩恵が少なく条件が厳しいので誰も積極的に取り組みませんでした。

若者の車離れなどこれから増々厳しくなる車業界ですが会社運営として考えが甘いように思います。もっと積極的に取り組める環境を作ることで会社としてもメリットがあるのに。

さいごに

今回は整備士から車を買うことはできるのかをお答えしました。整備士から車を買うことは出来ず商談の席に同席するくらいしかできません。素直に営業マンから車を購入することをおすすめします。

お気に入りの整備士がいる場合は気軽に指名しましょう。どこのディーラーでも車の整備を誰にお願いするか指名が出来るはずです。いつも見てくれる整備士がいると安心や安全につながり、より良いカーライフを送ることができます。