ライフ

【レビュー】PULUZ撮影ボックスで少しでもまともな写真を撮りたい

PULUZ 撮影ボックス

 

今回は『PULUZ撮影ボックス』をレビューします。ブログ用に小物の写真撮影をするのですが、お世辞にも上手いとは言えないので少しでも見栄えよくするために購入しました。撮影ボックスがあればスマホでも簡単にプロっぽい写真を撮ることが出来ます。

ブログ用以外にオークションやフリマで出品する時にキレイな写真なら、より訴求できるのでとても重宝します。『PULUZ撮影ボックス』の内容物や実際に撮影してみた感想をお伝えできればと思います。

内容物と商品特徴について

PULUZ撮影ボックスの内容物と商品の特徴をご紹介します。

内容物

内容物

内容物

  • 収納バッグ
  • 本体(LED付)
  • 取扱い説明書(英語)
  • USBケーブル
  • 背景布(6色)

背景布は緑・黄・白・黒・赤・青の6色です。

組み立て

簡単な組み立て式で使わない時は折りたたむことができます。英語の取扱い説明書に組み立て方が記載されていますが見なくても大丈夫なくらい簡単です。画像では見にくいですが爪と爪をそれぞれ引っかけて4か所止めれば完成です。

収納バッグ

ネットショップのレビューに収納バッグが小さいと書かれていました。確かに小さくて一度本体を取り出すと入れることが難しい。背景布やUSBケーブルを持ち運ぶ、収納バッグとして使った方がよさそうです。

商品特徴

LEDランプ

天井に穴が開いており真下へ向けて撮影することが可能です。LEDが40灯搭載されていて、前後に配置することで被写体の影をなくしやすくなります。本格的な撮影をする時は上部だけでなく、真横からも照らすので、PULUZ撮影ボックスはあくまで簡易的な商品です。

LEDを点灯させた状態

白色の背景布を使い、LEDを点灯させた状態です。白色LEDでまぁまぁ明かると思います。色温度が6000~6500K(ケルビン)なので昼光色の蛍光ランプくらいの白さです。

電源

USBケーブルで電源を取ります。5V(3.5Wx2)で前後のLEDそれぞれに電気を供給しなければなりません。ACアダプタ―は付属しておらず別途購入しないといけません。ACアダプターの他にモバイルバッテリーを使うことができます。

USBケーブルの長さは約95cmです。延長コードを使わないと机の上で使うには少し短いですね。

 PULUZ撮影ボックスで撮影してみた

被写体として使用したのは白猫のフィギュアと黒い腕時計です。通常通り撮影した写真と撮影ボックスを使用した写真を比較します。撮影機種はAndroid GalaxyS9+で何も考えずフラッシュなし・オート任せで撮影しました。

画像が大きくなりすぎるのでトリミングだけしました。画像加工はしていませんが画像をアップする際に自動的に圧縮されているので、実際とは見え方が異なるかもしれません。

撮影ボックスなし(白猫フィギュア)

撮影ボックスなしで撮影したフィギュア

全体的に暗い。撮影場所にこだわれよって感じで素人感がすごいですね。

撮影ボックスあり(白猫フィギュア)

撮影ボックスで撮影したフィギュア

え~っと多分、白い被写体に白い背景を使用したのがまずかったのだと思います。あとフラッシュを使用していないので垂直に立ったフィギュアにうまく光が当たらず余計に暗くなってしまいました。

天井にLEDが配置されているのでPULUZ撮影ボックスは縦長い商品には不向きだということがわかります。上手く撮影するには横からの光源が必要です。(撮影技術がなくてすいません)

撮影ボックスなし(腕時計)

腕時計を撮影

まだ明るく見えますが黒い腕時計は部分的に影で細部が見えなくなっています。可もなく不可もなくというところでしょうか。

撮影ボックスあり(腕時計)

照明を当てて腕時計を撮影

お~プロっぽい!全体的に明るくなって細部まではっきりと確認できます。これなら出品にも使えそう。LEDで全体の色味がちょっと薄くなっていますね。よりプロっぽく見せるには明るさやコントラスト、色合いなど画像調整が必要のようです。

上から撮影すると

上から撮影

ちなみに上から撮影するとこのような感じです。ガラスの映り込みが難しい。そして背景布の模様が少し気になります。不織布のような布でシワになりにくいのですが別の物に交換した方がよいかもしれませんね。

そもそも直置きではなく台の上に置いた方がキレイに撮影できそうです。写真撮影は奥が深い。

撮影ボックスのサイズ

撮影ボックスの大きさ

撮影ボックスのサイズは24×23×22cmです。500mlのペットボトルでイメージしていただくとわかりやすいかと思います。PULUZ撮影ボックスは小型なので服や大物は入りません。

大きい物は撮影ブースが必要で値段はピンキリですが数万円します。PULUZ撮影ボックスの購入価格は1280円で激安です。小物撮影用で初心者や撮影ボックスを使ってみたい人向けの商品です。

さいごに

写真でイメージがだいぶ違ってきますよね。初心者が気付かないような隠れた技術を使い、知識や経験が豊富なプロはやっぱりすごいです。PULUZ撮影ボックスを使えば少しでもプロの写真に近づくことができます。

プロみたいで少しでもまともな写真を撮るために撮影ボックスは必需品ですね。