自動車整備士の仕事

整備士は工具を自腹で揃える風潮がある!仕事道具は会社が負担するべき

自働車整備士が自腹で買った工具

 

自動車整備士が車の整備をするうえで絶対に必要な物が工具。整備工場の中には工具が支給されず、自腹ですべてを購入しないといけない所もあるそうです。僕が務めていたディーラーでは入社すると、必要最低限の工具が会社から支給されたのでまだ良い方かなと。

それでも支給されるものは必要最低限の工具なので作業効率が悪い。最低限の工具では緩めたいボルトに工具が届かなかったり、ボルトが緩まなくて仕事にならない場面が多々あります。

整備士は作業を行う上で必要な工具を自腹で買い足します。そして壊れたら自腹で買い直します。給料が少ない整備士にとって自腹購入は非常に厳しい問題ですので、仕事道具は会社が経費で負担するべきです。

工具は自腹ではなく会社が負担するべき

工具は高価で自腹は整備士の負担が大きい

高価な工具

整備士なら誰でも持っている『板ラチェットレンチ』です。使用頻度が高い工具で片方がラチェット(一方方向にしか回らない歯止め)になっていて、素早くボルトを緩めたり締め付けることができます。

妙に安い、無名メーカーの物では使っているうちにすぐ壊れてしまいます。

一流ブランドのスナップオン、KTC、MAC TOOLSあたりで購入すると品質は良いのですが一本5,000~6,000円もして高級品です。安くてそこそこ使えるアストロプロダクツやツールカンパニーストレートでも一本1,000~2,000円します。

ボルトには様々な大きさがあり、板ラチェットレンチが一本あれば良いという訳ではありません。一般的な自動車には8mm~24mmのボルトが使われており、対応する板ラチェットレンチをすべて揃えるとなると結構な金額です。

自腹で買った電動ドライバー

広い空間があるところでしか使えませんが、ボルトを緩めたり締め付けたりができるコードレスインパクトドライバーも自腹で買いました。これを使えば電動で動くので作業スピードが格段にあがります。

しかしインパクトドライバーの購入価格は14,000円ほどで結構な自己負担となりました。なぜここまでして自腹で工具を揃えるのか?それは整備士は時間に追われているからです。時間配分がおかしな仕事量で休憩時間もロクにありません

すこしでも楽に、早く仕事が終わるように自腹で工具を購入するのです。

整備士が工具を自腹で揃える風潮

工具

画像の工具は『クリップリムーバー』と呼ばれる工具で、テコの原理を使って外れてしまった内張りのクリップを引き抜くことができます。この工具は安くて一本300~400円くらいで購入することができます。

逆に考えるとこんなにも安い工具ですら会社は用意してくれません。コードレスインパクトドライバーは自分用にDIYで使えるのでまだ使い道があります。クリップリムーバーは仕事でしか使い道がありません。

整備士業界では工具を自腹で揃える風潮があり、安価な仕事道具ですら自己負担します。必要最低限の作業効率が悪い工具を支給しておいて「作業効率の良い工具は自腹で揃えろ」という流れが当たり前なのです。

会社によっては軍手や安全靴までもが自腹の場合があるようですが、工具を使って会社に利益をもたらしているのですから備品・工具は会社が負担するべきです。

徹底したコスト削減

仕事道具を会社が負担しないのは徹底したコスト削減が背景にあります。昔から「徹底的に無駄を省く意識」があって整備士(従業員)に負担を強いられています。最近では働き方改革として残業をすることがになってしまいました。

残業をする=日中の仕事が遅いと評価されてしまい、給料だけでなく手当ても減る一方です。例えば月の残業が〇時間を超えると「ノルマ達成手当てが50%カット」のような理不尽なシステムが導入されました。

会社は人件費・備品・水道光熱費まで徹底的にコスト削減を実現したいので、工具を支給するのではなく、整備士が自腹で工具を買い揃える必要があります。

さいごに

整備士は少ない給料から自腹で工具を購入しなければいけないので、手元に残るお金はもっと少ないです。

SNSやネット情報で自動車整備士の給料が安いということがだいぶ知れ渡りました。自動車業界のブラック体質から早く脱却しないと、このままでは自動車整備士を目指す若者がいなくなってしまいます。