整備・契約関連

車のエアコンは外気導入と内気循環はどっちを使ってる?

車のエアコン

車のエアコンは外気導入と内気循環はどちらを使っていますか?

オートにしていると自動で切り替えてくれるようになりましたが、適切に使用することで燃費の向上やエアコンのすっぱい臭い、カビ臭さの防止が期待できます。

外気導入と内気循環を理解してしっかり使い分けましょう。

 外気導入と内気循環はどちらを使うべきか?

外気導入と内気循環はどちらを使うべきか?

安全面を考えると普段は外気導入を使うのが正解です

外気導入を自動車メーカーが推奨している

外気導入 カビ 臭い

内気循環は必要なときだけ使い、通常は外気導入を使ってください。内気循環で長時間使うと、万一、排気管に腐食や損傷による穴や亀裂が生じた場合、排気ガスによる一酸化炭素中毒や、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。また、ガラスが曇りやすくなりますので、内気循環で使用する場合は、A/Cスイッチを押して除湿機能を働かせて使用してください。

引用元:インプレッサスポーツ 取扱説明書 P495より引用

このように「通常は外気導入を使ってください」と取扱説明書に記載されていて、内気循環にしていても車内は完全密閉になっておらず、見えない部分の通気口から排気ガスを取り込んでしまいます。

排気ガスが停車中に室内に入り込むと、内気循環の状態では排出できず換気不足になり、重大な事故につながる恐れも。

特にマフラーの排気漏れは浄化していない有害なガスを含む場合があるので危険です。

道路の段差や凹凸で車の下廻りを擦ったことがある方は放置せず、整備工場でマフラーに損傷がないかチェックしてもらうことをおすすめします

そもそもカーエアコンはどうやって冷風と温風を出しているの?

冷風を出す原理は液化したエアコンガス(冷媒)を解放し、気化することで周囲の熱を下げています。ヘアスプレーのガスが冷たいのをイメージしていただければ解りやすいかも。

エバポレーターというアルミ製の部屋の中でガスを解放すると、エバポレーターが冷たくなります。その冷たくなったエバポレーターにブロアファン(扇風機)で風を当てることで冷風を出しています

温風はエンジンが熱くなりすぎないように循環させている冷却水を利用しています。

冷却水は熱いエンジンの中を通ることで熱を奪い、熱湯になります。熱くなった冷却水にブロアファン(扇風機)の風を当てることで温風を出しています

カーエアコンユニットの全体図は株式会社デンソーのHPよりご確認できます。

デンソー、大幅な標準化を実現した新型カーエアコンユニットを開発~車種をまたいで搭載可能な、世界初のカーエアコンユニット~ | ニュース | デンソーグローバルウェブサイト

外気導入と内気循環のメリット

外気導入のメリット

  • 外気を取り入れ、換気効率が良い
  • ガラスが曇りにくい
  • エバポレーターやエアコンフィルターを乾かしやすい(カビの予防)

車内でタバコを吸われる方や食べ物や飲み物を持ち込んだ時、窓を開けれない状態でも換気しやすいです。

そして車内と室外の温度に極端に差がつきにくいのでガラスが曇りにくいメリットがあります。外気導入でもガラスが曇る場合は早めにデフロスター(曇り取り)を使用しましょう。

エバポレーターが冷たくなると結露がでます。この結露した水分がカビを発生させる原因ですので、エアコンユニット内を乾かす意味で駐車中(車に乗らない時)は外気導入がおすすめです

付け足すと目的地に到着する前にA/CボタンをOFFにし、送風モードにすることでエアコン内部を風で乾かすことができます。

外気導入 駐車中

エアコン使用中、風量調整(ファン)ダイヤルをOFFの位置にするとエアコンは止まります。このとき内外気の切り替えは、オート作動中の場合は外気導入に固定され、表示灯が消灯します。

引用元:インプレッサスポーツ 取扱説明書 P502より引用

インプレッサスポーツの場合はエアコンをOFFにすると自動的に外気導入になるように設計されています

内気循環のメリット

  • 室内を循環させるのでエアコンが早く効く
  • コンプレッサーの作動時間が少なくなり燃費の向上
  • 花粉、排気ガスなど車外のゴミや臭いが入りにくい

室内の空気を車外の空気と混じりにくくして循環させるのでエアコンが早く効き、そしてエアコンユニットの蓋を閉じることで、ブロア(扇風機)の風が一方通行になり風量がアップする効果も。

内気循環にするとエアコンが早く効き、室内で空気を循環させるので室温を保ちやすくなり、エアコンガスを循環させるコンプレッサーの作動時間が短くなると、エンジンの負荷が減りますので燃費の向上が見込めます

その他に、花粉や排気ガスなどが室内に入り込みにくくなります。

外気導入にするとエアコンフィルターが汚れる?

もちろん外気に含まれている花粉やほこり、排気ガスを車内に取り入れてフィルターでキャッチする為、内気循環より外気導入の方が汚れます

しかし、そもそもエアコンフィルターの一般的な交換目安は「1年経過または10,000km走行」のどちらか早い方です(メーカーにより異なる)。

内気循環にして使い捨てのフィルターを綺麗な状態に保っていても、あまり意味はありません。

エアブローなどを使っての清掃は推奨されておらず、エアコンフィルターが綺麗なまま交換目安に到達していてはもったいないです

基本的にはAUTOモードでOK

いちいち気にしていると運転に集中できませんので基本的にはAUTOモードで車にお任せしていればOKです。

花粉の時期や排気ガスが沢山出ているトラックの後ろを走る時など適宜、外気導入と内気循環を使い分けることが最善です

それでもエアコンが臭いと感じたら

エアコンの臭い

対策をしても完全ではないので、カビはどうしても発生してしまいます。

ディーラーや整備工場でエバポレーターの洗浄をしてもらうしかないのですが、車から取り外して本格的に洗浄をすると高額になってしまいます。

ある程度、車に詳しい方であればご自身で簡易洗浄を試してみても良いかもしれません。僕が前にディーラーで働いていた時は、この様なスプレー式の洗浄剤を使っていました。

エアコンフィルターの装着口から、この洗浄剤をブロアの風にのせてエアコン内部に吹きかけます。エバポレーターの結露と一緒にカビや汚れを流す仕組みで、抗菌効果が1年間続く便利な商品です。

この商品は芳香剤のような匂いが強くて最初は心配になりますが、数分すれば無臭になります。こういったクリーナーを使うと、エアコンを分解することなく短時間で簡易的に洗浄できます。

吹き出し口から注入するエアコン洗浄剤はおすすめしません。

なぜならエアコンユニットの構造を考えるとエバポレーターに洗浄剤が届きにくい(届かない)です。そして芳香剤で誤魔化していたり、抗菌効果がない物が多く効果が持続しません。

さいごに

自分だけが車に乗っているならまだ良いですが、家族や友人が同乗している時にエアコンがすっぱい臭いだったりカビ臭かったら嫌ですよね。

室内環境や走行状況に合わせて外気導入と内気循環を使い分けることで心地よく、より安全にドライブできます。

快適な室内空間を維持できるように心がけましょう。