ライフスタイル

【つかしんの鯛将】魚一匹買いで値段が安く鮮度が良いものが買える

昔は商店街の魚屋さんで魚を買うのが当たり前。今ではパックに詰められ切り身になった状態をスーパーで買うのが一般的で、切り身の魚しか知らない現代っ子も多いそうです。

最近の魚屋さんはショッピングモールに進出しており、兵庫県尼崎市のショッピングモール(つかしん)には「鯛将」という魚屋さんがあります。大きな貝、くじらやきびなご、シマアジのお造りなど、スーパーではあまりお目にかかれない魚を格安で取り扱っています。

普段、魚を食べる機会が減っているので思い切ってまるごと一匹で買いました。めちゃくちゃデカくてボリューム満点。割安なのでスーパーで切り身を買うより魚屋で魚一匹買いする方がお得です。

 魚は切り身よりまるごと一匹買いがおすすめ

ハマチ一匹買い

今回、魚一匹買いをしたのが刺身用のハマチです。福岡県産で値段が一匹980円(税別)。画像では伝わりにくいですがめちゃくちゃデカい。自分でこんな大物を捌くのは大変なのでお店の方にお任せしました。

もちろん調理代は無料。内臓処理、2枚おろし、3枚おろしと用途に合わせて応じてくれて頭をあら汁用に持って帰ることもできます。

一匹買いの正味量

魚を捌いた状態

捌いてもらった魚はパックに入れて持ち帰ります。腹と背が2つずつで4つのブロックになりました。容器を除いた正味量は約980gで100gあたり98円です。

魚の陳列棚

既に切り身になったハマチは産地こそ違いますが、同じお店で100gあたり398円で売られていました。切り身だと120g前後しか入っていなくて割高。お店で捌いてもらうと結局な量の切り身になるのに、こんなに価格差があるとは驚きです。

切り身と一匹を比べると、大家族なら間違いなく一匹買いが安くておすすめですね。二人家族にはちょっと多いので実家やお友達とシェアした方が良いかも。

鯛

ちなみに長崎県産の本鯛(天然)も調理してくれて980円(税抜き)。鯛将の店員さんによると刺身でもOKとのこと。鯛は切り身4分の一でも高いのでこのサイズで980円は普通に安い。

刺身だけではなくて鯛茶漬けとして食べたいので今度行った時に売っていたら買いたい。

魚を一匹買いした時はアレンジが必須

ハマチの刺身

お刺身

まずはお刺身で実食。身がぷっくりとしてプリプリした食感。スーパーで買うより鮮度が良く美味しい。たくさんあるのでためらわずにバクバク食べれます。魚はスーパーで買うのが当たり前な認識だったけれど、これからは魚屋さんも視野に入れよう。

お皿に山盛りになってこれで半身です。さすがに全部を刺身として食べると飽きそうなので、もう半分はハマチの漬け丼にしました。魚一匹買いのデメリットは一種類の魚で飽きるのでアレンジが必須です。

ハマチの漬け丼

ハマチの漬丼

簡単に醤油とみりんでジプロックを使って漬け込みました。アクセントにすりごまで風味アップ。漬け独特のねっとりした食感とタレの甘辛さが美味い。マグロが漬け丼でメジャーですがハマチは安上がりで臭みが取れて漬けにおすすめな魚です。

ハマチの漬け茶漬け

ハマチ丼茶漬け

まだまだハマチはたくさんあるので贅沢におかわり。ダシを用意してハマチの漬け茶漬けにしました。ダシとタレとハマチの旨味が最高に美味い。夫婦2人で昼夜食でまるごと魚一匹をペロリと食べてしまいました。

刺身や漬け以外にも焼いたり食べきれなかったら冷凍保存して鍋に入れてもよさそう。

つかしんの鯛将

魚の陳列棚

鯛将はつかしんのひがしまち北館一階のマツモトキヨシ横に店舗があって、鮮魚だけではなくお寿司や加工品も販売されています。タイムセールを実施されているのでお近くの方は是非。

  • 店舗名:鯛将(ショッピングセンターつかしん内)
  • 住所:兵庫県尼崎市塚口本町4丁目8-1
  • TEL:06-6428-3999
  • 営業時間:10:00~21:00

さいごに

日頃、魚を食べる機会が少なくなってしまいDHA・EPAのサプリメントを服用しています。毎日魚を食べることは難しいことですが、サプリメントで栄養を取るとなるとすこし味気ないので、たまには味わって美味しい魚を食べたいですね。

スーパーの切り身で魚を買うことが当たり前になっていますが、魚屋でまるごと一匹買うと鮮度が良く、美味しい魚が割安なのでおすすめの買い方です。

山里食品
【尼崎のホルモン】ダウンダウンの同級生が営む山里食品のホルモン焼き庶民的で安くて美味いB級グルメが無性に食べたくなって、尼崎市の山里食品に行ってきました。 山里食品(旧 山里食肉店)はダウンタウン...
関連記事