カーディーラーの裏話

ディーラーで洗車だけお願いしてもいいの?洗車してもらう時の注意点は?

ディーラーで洗車
ディーラーで洗車だけをお願いしてもいいのだろうか?
忙しいのに迷惑じゃないの?

14年間ディーラーで働いていた元整備士がお答えします。

まず結論として、ディーラーで洗車だけをお願いしてもまったく問題ありません

むしろ、有償で洗車をすると少なくとも「お金を支払う=利益」になるので、洗車だけでも迷惑ではなく、ご来店いただけること自体ありがたいのです。

しかし、洗車は単価が安くてほとんど儲けが出ないのが現実で、洗車は優先順位が低いというのが本音です。

車検作業が2時間以内で完了して、税金や保険も含めると10~20万円も売り上げが上がります。単価が安い洗車ばかりしているよりも、単価が高い整備作業をしたい。

あまり利益にならないけど、ディーラーは洗車だけの作業を喜んで受ける理由があります。それでは詳しくご説明します。

ディーラーで洗車だけをお願いしてもいいの?

冒頭でご説明した通り、ディーラーで洗車だけをお願いしてもまったく問題ありません。

ディーラーでする洗車の値段

  • 機械洗車 500~1000円ほど
  • 手洗い洗車 1000円~2000円ほど
  • コーティングオプション 1000円~

国産ディーラーで洗車をお願いした場合の洗車料金の相場はこれくらいだと思います。意外と安いですよね。

一般的な1時間当たりの整備作業賃(アワーレート)が9,000円前後なので、ショールーム内のサービスやアメニティを充実させているディーラーでは、15~20分間の洗車作業をしてこの単価(売上)では安すぎます。

それでは、なぜ単価の安い洗車をディーラーではしてくれるのでしょうか?

洗車はお客様に還元するサービス商品の位置づけ

ガソリンスタンドやコイン洗車場で洗車をする時は、自分で洗車機を操作したり水がかからないところで待機をするだけで、お茶なんて出ないです。

ディーラーで洗車をお願いするとキレイなショールームでお茶を飲みながら待つことができます。

現在は自動販売機型でセルフになっている場合やメニューから飲みたいものを選ぶスタイルが主流で、ほとんどのディーラーでは飲み物が無料です。

これは洗車が「サービス商品の位置付け」になっていて、新車または中古車を購入していただいた、アフターサービスとしてお客様に還元し、リピーターになっていただく施策です

洗車で年に何度も来店してもらいたい

  • 車の購入
  • 定期点検
  • 車検整備
  • タイヤ等の消耗品交換
  • 用品の販売取付
  • 自働車保険
  • 事故修理
  • 車の下取り
  • 廃車手続き
  • 車の乗り換え

ディーラーは車のことであれば、購入から廃車までの業務内容は多岐にわたります。

通常は特に問題がなければ6ヶ月点検・12か月点検、または車検の年2回しかディーラーに足を運ばないですよね。

リピーターになっていただいて来店してもらうことで、年に何度も足を運んでもらうそうすると、車に関する商品を売る(セールスする)ことができるチャンスが生まれます

例えば…
  • 新型車が出たのでカタログどうぞ
  • 煽り運転対策にドライブレコーダーを付けませんか?
  • お子さん大きくなりましたね!保険を見直しませんか?
  • ガラスに飛び石がありますよ

一例ですが車のこと、車に関する社会問題のこと、お客様の家族情報についてディーラーのスタッフは目を光らせています

家族関係の話は広げやすくて「子供が大きくなって運転免許を取った」なんてことを雑談で話すと「子供さんは車買わないの?」「お父さんの車を運転するなら保険に入らなきゃ」といった具合の話ができます。

単価が安い洗車でご来店していただき、次の仕事に繋げることが出来るので、ディーラーはいつでも洗車を受け付けています。

ディーラーの洗車は予約が必須

点検整備やリコールで忙しいディーラーに飛び込みで来店しても、作業枠がなくて断られる可能性が高いです。

作業枠がないのにご来店したお客様に対して「絶対に断らない」という信念を持ったお店(スタッフ)があります。

一見、「良いお店」に見えますが、整備士がだれも手が空いていなのに作業予定を詰め込むお店は危険です

洗車というデリケートな作業をバタバタした整備士が慌ててすると、キズになったり汚れが取れていなかったりトラブルの元になります

大切にしている愛車を適当に慌ただしく洗われると誰だって気分を害しますよね。ですので、ディ―ラ―で洗車をする時は予約をしておくことをおすすめします。

雨天時は洗車の予約をキャンセルしていいの?

洗車を予約したのに当日が雨だった。

せっかく洗車するのですから晴れた日にお願いしたいです。予約をしたにもかかわらず当日が雨だった場合は、仕方がありませんので予約をキャンセルしても構いません

僕が務めていたディーラーでは洗車に限らず急用ができた、体調不良になったなど、やむを得ないキャンセルはお受けしていました。

予約のキャンセル料を取るディーラーは聞いたことがありません。遠慮せずにキャンセルをしたい旨を伝えましょう。

機転が利くスタッフであれば「本日は雨ですが、ご来店されますか?」と事前に連絡していただけるかと思います。

こういった気遣いができるスタッフは教育がしっかりしている会社ですので、安心して利用することができます。

洗車のみは受け付けていないディーラーがある

洗車だけのご用命を受け付けていないディーラーが一部あります。

定期点検に無料で洗車が付いているパターンと定期点検でも洗車は有料のパターンがあります。必ずご利用しているディーラーの洗車システムの確認をお願いします。

ディーラーの整備士は洗車のプロではない

注意点として、残念ながらディーラーの整備士は洗車のプロではありません。

プロから学ぶ洗車の講習を受けている販社があるかもしれませんが、僕自身は洗車について会社から特別な教育を受けたことはありません。
(主に先輩直伝。基本的な知識・常識はあります。)

ディーラーは洗車キズトラブルが多い

ディーラーで洗車をするとなぜキズが付くのかというと「忙しい」から。これに尽きます。

忙しいのにゆっくりボデーを拭いていると間違いなく作業が遅れていき、仕事がはけないのでどんどん自分の休憩時間がなくなってしまいます。

そうすると急いで大雑把にボデーを拭いていくので、力加減がわからなかったり、小さなゴミがクロスに付着していることに気が付きません。

結果、洗車キズがついてしまって信用・信頼を落とす。

「忙しくてキズを付けてしまう」を深掘りすると、「人員を確保できていない」というのが一番の原因です。

車を大事にしていて洗車キズが気になる方は、コイン洗車場を利用したセルフの手洗いを推奨します。

まとめ

この記事のまとめ
  • ディーラーに洗車だけをしても問題ない
  • ディーラーの洗車は意外と安い
  • 単価が低いので別のことを勧められる可能性あり
  • 予約は必ずしてください
  • ディーラーはプロの洗車ではなく、キズが気になる人は自分で手洗い推奨

ディ―ラーの洗車についてご説明しました。もちろん丁寧に洗車しているところもありますので、すべてのディーラー洗車が悪いという訳ではありません。

ディーラーは意外と洗車料金が安く、お茶が飲めることも考えるとコスパが良いです

暇そうな時にゆっくりと洗車をしてもらえると一番良いのですが、なかなかそうはいきませんね。

エンジンルーム
整備士に嫌われるお客さんのNG行為とは?自動車整備士は店員であり人間です。お客さんから嫌なことをされると当然、不快な感情になります。 良いお客さんには「ちょっとサービスし...