ライフスタイル

洗口液のコンクールFで直接、歯を磨くとどうなるのか?

コンクールF 洗口液

むし歯予防や口臭予防にマウスウォッシュ(洗口液)は効果的ですが、ピリピリした刺激が強すぎてどうも苦手です。

ウエルテック株式会社の「コンクールF」はピリピリした刺激が少なく、しっかりすすげる洗口液です。

コンクールFは以下のような特徴があります。

コンクールFの特徴
  • 刺激の少ない優しいマイルドミント味
  • 歯医者さんでおすすめされている高い効果
  • 濃縮タイプでコスパが良い

刺激が少なく続けやすい、そして効果が長続きするので、歯医者さんでおすすめされています。

コンクールFは洗口液ですが、「歯ブラシに付けて直接、歯を磨くとどうなるのか」を試してみました。

 コンクールFで直接、歯を磨くとどうなるのか?

コンクールFの容器

コンクールFは洗口液なので歯をみがく用途ではなく、みがき残しを洗い流す”仕上げ”の意味として使います。

しかしTwitterや歯医者さんでは、歯ブラシに直接つけて歯をみがくと効果的と紹介されています。

今回は、純粋な歯磨き粉ではないのですが洗口剤として、また歯ブラシに直接つけてお使いいただいても効果的な「コンクールF」についてのレポートをいたします。

マウスウォッシュ「コンクールF」について|東京都千代田区九段下の歯医者 加部歯科医院より一部引用

コンクールFで直接、歯を磨くとどうなるのかを個人的な感想でご紹介します。

歯茎の腫れに効果的

歯ブラシ

30歳を過ぎた頃から歯茎がだんだんと下がってきて出血していることに気付きました。

歯茎が腫れる、いわゆる歯周病です。

歯周病は誰にでもなる可能性があります。歯周ポケットが深くなると汚れがたまりやすくなったり、細菌の繁殖がしやすく口臭の原因になる。

コンクールFで歯を磨くと歯周ポケットに直接成分を浸透させて、歯茎の腫れを抑えることができます。

歯周ポケットの奥まで成分を届かすイメージでブラッシングするとより効果的です。

舌が白くなりにくくなる

舌が白くなる原因は舌苔で口臭の原因の一つです。

本当は良くないのですがコンクールFを付けた歯ブラシで舌みがきをすると、高い効果により舌が白くなりにくくなります

柔らかい舌みがきブラシに付けてみがくと舌に優しいですね。白くなりにくい理由は、舌全体を成分でコーティング出来ているのだと思います。

食べカスなどが細菌によって繁殖しにくくなり、舌苔が付きにくくなる効果を実感します。

手軽に購入できる舌クリーナーについては以下の記事でレビューしています。

汚れがよく取れるNONIO舌クリーニングジェルをレビュー舌の上が白くなる「舌苔」は見た目が悪いだけでなく、細菌や食べ物のカスなどが集まったもので、口臭の原因の一つです。 起床時の不快感が...

朝起きた時の不快感がより低減

朝起きた時に口の中の粘つきと口臭が気になります。

朝起きてすぐは口の中が気持ち悪くて、すぐに歯みがきをしたい気持ちになっていましたが、コンクールFを使い出してからは、朝起きた時の不快感が低減しました。

市販品されている他のマウスウォッシュでは、効果を感じることができず、持続時間も当てになりませんでした。

コンクールFは約12時間、しっかりと持続するので、寝ている間も高い効果を発揮します。歯や口の中に成分が吸着すると良いのですね。

歯が茶色くなりやすい

コーヒー・紅茶・ワインなどの歯に色が着きやすい物を飲んだり食べると、当然歯が茶色くなりやすいです。

コンクールFには歯を白くする成分が含まれていません。毎回、コンクールFで歯みがきをするのではなく、一般的な歯みがき粉や液体歯みがきを使うべきです。

コンクールFの原液コンクールFの原液

原液はミドリ色に色付けされています。

わざわざミドリ色にする必要があるのか、わからないところですが、歯の色を気にされる方にはマイナスな点です。

経済的に使える

効能・効果

コンクールFの販売名はBe・フラボン。容量は100mlで360~700回分も使えて、一般的なマウスウォッシュよりも実は経済的です

360回分を一日2回使っても180日(半年)も使うことができます。歯ブラシにたくさん付ける必要はありません。

「5~10滴を滴下し」と書かれていますが、原液を直接「歯茎や舌に塗り込む」ので、3~5滴で十分効果はあると考えます。

効能・効果

  • むし歯の発生および進行の予防
  • 歯肉炎の予防
  • 歯槽膿漏の予防
  • 口臭の防止

コンクールFを使った総評

薄めたコンクールF薄めたコンクールF

市販品の洗口液は強いミント味で誤魔化している気がしてなりません。

コンクールFは低刺激だけど効果が高いので、すごくスッキリします。すすいだ後の口臭が、試して欲しいくらい無くなるので洗浄力が高いのだと実感できます。

しかし、口の中が荒れていたり、口内炎ができていても平気なくらい低刺激です。

刺激が強すぎるとすすぐ(使用する)のに億劫になってしまい、液体歯みがきの「リステリン」や「ガムデンタルリンス」は最後まで使い切ったことがないです。

後味の良いマイルドミント味なので、すすいだ後の口内に味が残らず、長続きするコンクールFは理想の洗口液です。