書籍・雑誌読み放題

【自営業視点】街の本屋さんの「本」が売れない理由とは

本屋で買った本

何屋さんかは明言しませんが、うちの実家は「物販系」の家業を営んでいます。

このご時世は大型店舗(イオンモールなど)の進出やネット通販が猛威を奮っていて、自営業が厳しいというのはご想像いただいている通りです。「規模、販売価格、サービス、便利さ」などなど、まぁ太刀打ちできません。

先日、20年ぶり位に街の本屋さんへ立ち寄りました。ご覧いただいているブログの”文章力”を上げて、すこしでも「読みやすい、分かりやすい」文字が書けないかの勉強をしようと思ったからです。※現在も乱筆乱文です。

久しぶりに本屋さんへ行ってみて「やっぱり街の本屋さんは厳しい」と感じました。うちと同じ「物販系」のお店でも、本屋さんは窮地に陥っている

この記事では、経営に対して僕が思ったことを好き勝手に書き綴っています。マーケティングやビジネスに携わっている方は生の声として。会社勤めの方には自営業の厳しさをお伝えできればと思います。

街の本屋さんの「本」が売れない理由

本屋の統計データ

出典:出版流通学院

昔は本を買うといえば「街の本屋さん」でしたが、数年前から行ける距離の本屋さんだけでも5店舗は閉店しています。

僕自身も20年くらい前は、本屋さんへ行って「ファミ通」とか「少年マガジン」などを普通に購入していた。当時は情報源がテレビか本しかなかったですからね。当たり前のことでした。

それが出版流通学院のグラフによると、過去5年間だけを見ても書店の数が減少しています。インターネットの普及で、すぐに情報が手に入るようになったし、通販で手軽に本が買える。さらには電子出版物の登場が追い打ちになっています。※CVS=コンビニ

それでも「ページをめくる本が良い」という方がいらっしゃるでしょうけど、本屋さんの需要が減ったのは明らかです。

ネット通販の普及

通販サイトのイメージ通販サイトのイメージ

実店舗を営む者にとって通販サイトの普及は”かなり痛い”。

  • 家にいながら注文できる
  • 商品の種類が豊富
  • 在庫の確認が可能
  • 送料無料
  • 価格が安い
  • ポイントが貯まる など

今では当たり前のことばかりだけど、ネット通販を優先して利用する人も多いはず。有名なところではAmazonや楽天市場がすぐに思い浮かびますが、大手にはまず勝てません。

大型店舗やネット通販に、個人商店が真っ向勝負しても消耗するだけ

売れそうな商品だけを厳選したり、出来るだけ値引きをして売ろうとしてもダメです。店舗の敷地は限られていますし、そもそもの仕入れ値がネットで売っている価格なんてこともザラなのです。

僕が街の本屋さんに行った時も、買おうとしていた本が取り扱っていなくて、結局3店舗も回りました。

店員さんに在庫していないかを聞いてみても「お取り寄せになるので2~3日かかります」と言われてしまって、それだったら翌日届く「Amazonプライムで買うわ」ってやっぱり思いましたね。

今やネット通販で本が買えちゃいます。本屋さんに限らず、自営業には辛い(売れない)ご時世になりました。打開策ってなかなか見つからないのです。

本で付加価値を出しにくい

書店で飲めるコーヒーコーヒーショップのイメージ

最近では「本屋さん+コーヒーショップ」のお店が登場しました。イオンモールにある大型書店でも、買った本を持ってコーヒーが飲めるコーナーがあって「色々考えているな」と感心したところです。

大型店舗やネット通販に、個人商店が真っ向勝負しても消耗するだけ。

こんなことを上の方で書きましたけど、自営業は本当にこの通りなんですよ。

例えば街の電気屋さん。テレビを買おうと思った時に街の電気屋さんに行く人はほとんどいないと思います。付き合いがあったり、紹介だったりしない限りは選択肢すら出てきませんよね。

たまにテレビで放送していることですけど、なんで「街の電気屋さんで購入する人がいるのか」という理由は「ありがたいお節介」があるからなんです。購入したテレビを搬入してくれて、配線もテレビボードの移動も操作方法の説明も、親身になって全部してくれる

「おばあちゃん掃除機貸して」なんて言って、ホコリまみれのテレビボードを勝手に掃除してくれるはず。※知ってか知らずか、うちの親父もこんな感じ。

本は付加価値を付けにくいですね。販売したらそれで終わりで、世間的にもアフターサービスという概念はない。親身になって探してくれたり、好評な本を教えるくらいしかないのです。

心理的な付加価値が付けにくい

カスタマーエクスペリエンス。ザックリ簡単に言うと「心理的な付加価値」です。

1,000円のランチを食べに行ったとして、美味しいランチは1,000円の価値でしかありません。それでは以下のような状況があると、どうでしょうか。

  • 美しいお皿に盛り付けてある
  • オシャレな内装・個室
  • 心地よいBGM
  • ピアノの生演奏
  • サプライズ・調理演出
  • 親切・丁寧な店員さん

感動という気持ちの付加価値があって、1,000円のランチが1,000円以上の価値になりますよね。

飲食店では”追加費用無し”で、こういった感動を与えることも可能ですが、街の本屋さんでは昔からある「ブックカバーやしおりのプレゼント」をするくらいしか出来ないと思います。

著者や有名人なんて呼べませんからね。つまり、街の本屋さんは大型書店やネット通販との差別化が難しいのです。

電子書籍の登場

スマホやパソコン画面で、本が読み放題の所謂”サブスク”という最近の流行です。

まぁこれは本屋さんからすると「やめてくれ!」という感じだと思います。僕自身も読みたい時に加入したり退会したりを繰り返している、雑誌読み放題の「楽天マガジン」や「auスマートパスプレミアム」を利用しています。

楽天マガジンの場合は、わずか月380円(税抜)の利用料で250誌以上が読み放題とか普通で考えるとあり得ないですよね。

Amazonでも電子書籍(Kindle本)の販売をしていて、紙の書籍版よりもすごく安い。モノによっては「Kindle Unlimited」に加入していれば、0円で読める本もあって本屋さんなんか要らないレベルにまで達している。

他人ごとではなくて、今の本屋さんは本当に辛いと感じます。販売経路をネットで独占されてしまって、自分自身ではどうしようもないのですから。

無責任といいますか、矛盾になってしまうのですが、このブログ(アタプラ)でも「楽天マガジンは安くて便利」と、記事にしてご紹介させていただいています。結局のところサービスは利用価値があるから皆が使うんですよね。

楽天マガジンの雑誌読み放題を使って感じた本音のメリットとデメリット

組織に所属しない自営業は自己責任だということは重々承知しています。

幸いにも、うちで販売している商品が「サブスク」で使えるってことの認知度は今のところ低いです。しかし、これから定額制で使えるなんてことが流行してしまうと、うちも本当に終わりますね

既に読み放題サービスが始まっていて、影響がある本屋さんは冷たい言い方をするとお先真っ暗。これから沢山倒産していきそうなのは目に見えているけど、電子書籍が浸透した今の社会全体を動かすには無力すぎる。

成功例:読まない本を売る

ここで一つ成功例を。この前テレビで見た「頭良いなぁ」と思ったお店が読まない本を売る書店です(名前をど忘れして検索しても見つからなかったので店名不明)。

簡単にご説明すると、カッコいい表紙の洋書を集めてインテリア用として売っていました。今までありそうでなかった書店ということで、需要があって人気だそうです。

イメージとしてはこんな感じのアンティーク古書。イミテーションは模倣という意味なので、これは本物ではないですが、テレビで映っていた書店は本物の本を販売していました。

ネット通販でもダミーを売っているくらいなので、需要があるのは間違いなさそう。ハリボテではない洋書があると、本格的なインテリアとしてオシャレを演出できる。もう一度言いますけど頭良いですね。

やはり個人で商売をしていくには大手や通販とは戦わず、切り口を変えた戦法が必要なのかもしれません。

さいごに

そんな僕は会社勤めから離れて親を手伝っている身ですが、個人でお店を開いて稼ぐには厳しい時代ですよ本当に。色々と書きましたけど、立地条件(賃料)や人件費の高騰も、街の本屋さんで本が売れない(継続できない)理由の一つだと考えます。

本屋さんからすると分かり切ったお話ですが、おまけ付きのムック本は電子書籍で再現できません。こういった「隙間を攻める手腕で対応してくしかないのかな」とも思います。が、更なるネットサービスが登場する可能性もないとは言えないです。

存続するか、路線変更をするのか、キッパリ諦めるのか。個人にとって一歩を踏み出せない、難しい決断であります。