ライフスタイル

アレンジ!雪見だいふくを使ってクリームソーダを作る方法【SNS映え】

クリームソーダ 雪見だいふく

メロンソーダがコンビニに売っているのを見て、無性にクリームソーダが飲みたくなりました。

最近おしゃれなクリームソーダが人気になっていてメディアでも取り上げられているのです。そんなの見たら飲みたくなってしまいます。

喫茶店に入るのもなんですし手軽に作れる方法を模索していると、アイスクリームの代わりにアレンジで雪見だいふくを乗せると美味しいのではないか?と、閃きました。

こんな疑問があったので、雪見だいふくでクリームソーダを作ってみました。

 アレンジ!雪見だいふく クリームソーダの作り方

昔なつかしいクリームソーダ。

初めて飲んだのは幼稚園くらいの時にデニーズで飲んだ気がします。今でもあの時の美味しかった記憶が蘇ります。雪見だいふくでアレンジするとどうなるのか?やってみます。

用意するもの

チェリオのメロンソーダ

アレンジに必要なものは、まずメロンソーダを用意します。

今回は「チェリオのメロン」を使用しました。数量限定大容量700mlでコンビニ価格151円で、いつ見ても綺麗なミドリ色。

数量限定版は「チェリオ メガ700」という商品名のようです。サントリーの「POPメロンソーダ」でも可。

雪見だいふく雪見だいふく

そして雪見だいふくです。こちらはノーマルバージョンを使用しました。

今年(2019年)で37年目を迎えるそうで、昭和末期生まれの僕が生まれる前から存在しているなんて超ロングセラー商品ですね。

雪見だいふくを綺麗に乗せる方法

氷がたっぷり入ったメロンソーダ

メロンソーダに雪見だいふくを綺麗にのせるためには簡単なコツがいります。

それは氷をたくさん入れることです。氷の土台がないと雪見だいふくが沈んでしまいます。これではSNS映えしませんね。

メロンソーダの水面ギリギリまで氷を入れます。

メロンソーダに乗せてみました

雪見だいふくクリームソーダ

ドーン!めちゃ綺麗に雪見だいふくがのりました!

雪見だいふくをのせてみて分かったことが、もちもちの皮で守られていて、中身のアイスが溶けださないということです。任意のタイミングで混ぜ合わせることができますね。

アレンジした雪見だいふくクリームソーダを飲んだ感想

雪見だいふくが溶けたクリームソーダ

雪見だいふくで作ったクリームソーダの感想です。

少しずつ雪見だいふくを崩しながら飲むと、もちもちの皮についた粉がシャリシャリに変化していました。これは不思議な食感。

少し誤算なのですが、もちもちの皮を食べてアイス部分が露出してもあまり溶け出しませんでした。

この現象はアイスクリームは種類別に分類されており、一般的なアイスクリームと言われるものは「アイスクリーム」、雪見だいふくは「アイスミルク」に分類されていることが関係していそうです。

氷の上に浮かぶアイスを食べ、少し混ざったメロンソーダを飲む。

昔飲んだ懐かしいクリームソーダの味か?と聞かれると僕は「違う」と答えます。これは雪見だいふくが乗ったメロンソーダです。

一体感がなく一緒に食べる(飲む)モノではないですね。雪見だいふくのアレンジとしてメロンソーダと一緒にしなくていいと思います。

さいごに

一見美味しそうに見えた「雪見だいふくクリームソーダ」ですが、別々に食すことをおすすめします。

雪見だいふく公式でアレンジを推奨しているようですし、もっとカラフルなトッピングすれば、SNS映えしそうな写真が撮れそうです。気になった方はぜひ試してみてくださいね。

今度はしっかりと溶けるアイスクリームで、本物の懐かしいクリームソーダ作りに挑戦してみたいと思います。