ライフ

洗濯パンに入らないと言われたドラム式洗濯機はかさ上げ台で解決!

ドラム式洗濯機 洗濯パン 入らない

 

憧れだったドラム式洗濯機。賃貸なのでうちの洗濯パン(防水パン)は超狭くて、ドラム式洗濯機を設置するにはどう考えても入らない。横の内寸が550㎜しかないのに足幅が580㎜も必要です。

家電店員に「ご希望の機種は設置不可」と言われても諦めたくない!そんな思いから洗濯パンのかさ上げ台を利用して無理やり設置しました

この記事では洗濯機(特にドラム式)の購入を検討しているけど、洗濯パンに入らなくて困っている・入るか心配な方に向けて、かさ上げ台を使って洗濯機を設置する方法をご説明しています

かさ上げ台を使ってドラム式洗濯機を設置しました

ES-W111のサイズ

設置したドラム式洗濯機がシャープのES-W111-SLです。この洗濯機は前足が572㎜ 後足が580㎜のスペースが必要で、どのドラム式洗濯機もだいたいこれくらいのサイズでした。戸建てや一般的なマンションなら余裕で入ると思いますが、うちは賃貸なので内寸が足りず洗濯パンに入りません。

内寸が足りず入らない

かさ上げ台 洗濯機

うちの洗濯パンです。内寸が縦720㎜ 横550㎜ですごく縦長になっており、本来は90度回転させて横長で使うサイズの物だと業者の方が言っていました。確かに横長にすれば洗濯機を置いても排水口が避けることができる配置ですね。

縦は全然余裕がありますが、洗濯機を設置するには内寸で横550㎜を580㎜以上確保しなければ入りません。どうしてもドラム式洗濯機を置きたいので、かさ上げ台を使って洗濯機の足を置く場所を広げることにしました

入らない場合はかさ上げ台を使って内寸を広げる

かさ上げ台 入らない

かさ上げ台の設置・組み立ては簡単でパーツを繋げてネジを手で締めこむだけです。台をスライドさせることで幅の調整や、かさ上げ台の足を伸ばすことで台(足場)が高くなり洗濯パンを避けることができます。

このかさ上げ台は「かさ上げ台の足」より「洗濯機の足を置く場所」が外に出ているので実質、洗濯パンの内寸を広げていると同じです

かさ上げ台は同じ商品でも耐荷重によって仕様や値段が違うのでご注意ください。かさ上げ台を使って洗濯機を設置する場合は、洗濯機本体+MAXまで入れた時の水の重さ+振動による荷重を考慮して余裕を持った耐荷重のかさ上げ台を購入する方が安心です。

家電量販店は取扱っているかさ上げ台の種類が少ない(取り扱っていない)のでAmazonで購入しました。Amazonでは幅・耐荷重、冷蔵庫用にキャスター付きなど、たくさんの商品を取り扱っています。

かさ上げ台の詳細はこちら

 ドラム式洗濯機をかさ上げ台の上に設置する

ドラム式洗濯機

かさ上げ台を使うことによって横の内寸が585㎜まで広がりました。それでも洗濯パンの内寸580㎜が必要なところに、585㎜の確保なのでギリギリです。しかし、ギリギリでもかさ上げ台を使うことで、うちの超狭い洗濯パンにもドラム式洗濯機を設置することができました。

排水ホースが通る空間が必要なので画像左の洗面台と洗濯パンがピッタリ引っ付いている配置だったら入らないところでした。水道の蛇口も高い位置にあって助かりました。

※機種によって異なりますが、スペースがなくて真下から排水ホースを出す場合は別売りの部品を販売していることが多いです。

排水口が見えてしまっているので板などを使ってDIYで隠したいと思っています。(次の項目に追記しました)

排水口を格安で隠す方法

洗濯機 排水口 隠す

2019/06/14追記:100円ショップのSeriaでプラダンと園芸コーナーでみつけた発砲スチロールのブロックを使って排水口をDIYで隠しました。適度な寸法に切ったプラダンに発泡スチロールのブロックを貼り付けて倒れないようにしています。

排水口が見えているのと見えていないのではだいぶ印象が違いますね。足元が隠れてカッコよくなりました。プラダンが2枚とブロック2個を使用しただけなので、税抜き400円のわずかな出費だけで見栄えよく排水口を隠すことができました。

かさ上げ台を横から見た図

かさ上げ台の足

台の縁に洗濯機の足が乗っているように見えますが、洗濯機の足の下に滑り止めゴムが入っているので実際には縁に乗っていません。

しっかりとかさ上げ台の上えに乗っていて、ぐらつきもなく安定しています。かさ上げ台を使っているせいなのか、ドラム式洗濯機の性能なのかは検証が出来ないので調べることができませんが、毛布などの大物をすすぎや脱水をする時に洗濯機が揺れます。

以前使っていた洗濯機でも大物を洗濯すると揺れていましたし、振動を検知して洗濯機が止まるほどではないので問題なしとしています。

扉を開いても大丈夫

洗濯機 設置状態

扉を開いた状態です。壁と本体がギリギリの隙間で設置していますが、扉を90度開くことができました。ほぼ全開に近いのでこれくらい扉が開けばまったく問題ありません。

さいごに

かさ上げ台を使って狭い洗濯パンでも無事にドラム式洗濯機を置くことができました。計算上、洗濯パンに入るサイズでも賃貸は階段やドアが狭すぎて、そもそも家の中に入らない場合があります

設置場所の寸法だけではなく搬入経路の寸法もよく調べておかなければいけません。どうしても入らない場合は、クレーンリフトを使って窓から搬入する方法もあるようです。大がかりになるので手間賃が高額です。

ヤマダウェブコム(ヤマダ電機のウェブサイト)に記載されている、大型家電の配送料金が書いてあるページです。クレーンリフト搬入については特殊搬入の欄です。ご参考までにご確認ください。
商品の配送設置・工事について

家電量販店で、店員が「洗濯機が入るか家まで無料で見に行きますよ!」と目をギラギラさせて言い寄ってきますが、もし「入りますね!」となった場合、断る理由がなくなってしまうので家に見にきてもらうことは止めておきました。

今回購入したドラム式洗濯機は見た目や性能が良かったので、すぐにこの機種にしようと決まりました。数店舗の家電量販店をまわって価格を調べていたところ、安いところと高いところでは3万円以上差があり、高額商品の即決はしてはいけないと考えます。

  • 延長保証のあり・なし
  • ポイント還元
  • 配送・設置費用
  • 下取りのあり・なし
  • 会員価格

こういったサービスの違いで購入しようとしている商品の総額が変わります。Amazonや楽天市場以外にも家電量販店の公式ウェブなど、家電を販売しているところはたくさんあるので、よく調べてから購入することをおすすめします。

Amazon 洗濯機の売れ筋ランキング

家電店員の「価格調査をしているからどこへ行っても値段は同じですよ」と言う口車には乗らないようにしてくださいね。