書籍・雑誌読み放題

大友克洋さんの書籍にプレミア価値はついているのか?

「AKIRA」の舞台は2019年のネオ東京。作中にもありますが、2020年には東京オリンピックが開催される予定です。※延期になりました。

10年くらい前の深夜にAKIRAの映画版がテレビ放送であり、それが大友克洋さんの作品との初めての出会いです。

『なんだこのアニメは!?』ほぼ全シーンのどこかにあの独特な赤色が使われているのに気が付いて、当時は大きな衝撃を受けました。独特の世界観と荒廃したネオ東京。デザインや表現がすべてカッコいい。

最近の作品かと思いきや1982年に原作の漫画が連載を開始したと知り、さらに衝撃を受けたのを覚えています。偶然にも、僕のお義父さんは大友克洋さんの作品が大好きです。

大友克洋さんが好きなお義父さんからコレクションの書籍を貸していただいたのですが、古い物なので価値があるのではないか?と思い、勝手に査定してみました(笑)

 大友克洋さん関連の書籍の価値は?

まず、価値の調べ方ですが当時の販売価格とAmazonの販売価格の最安値を比べます。買取に出した場合の価格は【ブックオフ】公式宅配買取サービスに入力して出た、執筆時の買取価格です。

書籍の状態は中古美品~普通として考えます。在庫や時期によっては、販売価格や買取価格が変動します。※当時価格は税抜き(無し)です。

それではどうぞ!

ビバ・イルチクリッシモ!完全限定版

汗と涙と腰痛と自転車愛がサドルに踊る、総ページ192、イラスト点数280点、うちフルカラーの新作50点、エッセイ約15万字の豪華2冊組。 Amazon内容紹介より一部引用

当時価格5,800円
価格

新品18,800円

中古6,500円

買取価格2,000円

数が少ないみたいで、中古価格でも当時の販売価格を上回っています。新品で残っていたら3倍以上に!

BRUTUS 大友克洋 2012年再起動、そして

大友克洋の再起動は、たくさんの人を巻き込みながら、大きなムーブメントを形づくる。
2012年のブルータス「大友克洋、再起動」特集に、“その後”を加えて1冊に。 Amazon内容紹介より一部引用

当時価格743円
価格

新品6,604円

中古742円

買取価格60円

買取60円!?いくらなんでも低すぎますね。新品で残っていることに驚きですが、すごい高い。鑑賞用として飾っておきたい。

芸術新潮2012年4月号 大特集 大友克洋の衝撃

描きおろしSF短篇DJ TECKのMORNING ATTACK ロング・インタヴュー大友克洋をつくったものと大友克洋がつくったもの【聞き手】 中条省平Amazon内容紹介より一部引用

当時価格1,429円
現在価格

新品該当なし

中古526円

買取価格該当なし

現在の中古価格は500円になっていて、当時の販売価格より下回りました。ヤフオクでも500円程度で取引されているようです。

ブックオフ宅配買取サービスでもヒットしないし、流通数は少なそうですが、雑誌の3分の1程度のページでの特集は価値がないのかな。

KABA ARTWORK

このイラスト集には1971年から1989年の19年間に大友克洋が描いたイラストレーション、カットの大半がおさめられている。 Amazon内容BOOKデータベースより引用

当時価格3,500円
現在価格

新品15,800円

中古4,480円

買取価格2,600円

買取価格は高めで昔から人気のあるイラスト集です。様々な種類のイラストはかなり見ごたえがあります。

KABA2 ARTWORK

大友克洋画集、20年ぶりのパート2。描き下ろし、初公開を含む数百点を収録。サイズは28センチ×28センチの正方形。輸送用ケース入り。 Amazon内容紹介より一部引用

当時価格6500円
現在価格

新品23,000円

中古14,689円

買取価格3,200円

KABA ARTWORK第二弾です。20年ぶりってすごいですね。元々の販売価格が高めに設定されていますが、現在は中古でもそれを上回ります。ファンじゃなくても”凄さ”がわかるイラスト集です。

KABA2 輸送ケース

輸送用ケースはこんな段ボールで、表面には表紙のイラストと同じステッカーがでかでかと貼られています。

さいごに

今回は5冊の値段を調べてみました。しかしAmazonってすごいですね。古い本なので取扱いがないと思っていたら全部ありました。欲しい思った時にポチれば、今でも全部手に入るってすごい。

やはり希少価値(プレミア)が付いているみたいで、当時の販売価格よりAmazonで購入する価格が上回る結果となりました。買取価格は少し下回りましたが、未だに価値のある書籍と分かりました。

どことは言いませんが、KABA2を別のネット買取業者で査定をすると「97円」と出たのは驚きました。古本として見ているだけで、大友克洋さんのイラスト集として価値を分かっていないようです。

調査もせず適当な査定価格で価値のある本をタダ同然で引き上げてしまう業者もありますので、もしネットで買取サービスを利用される場合はご注意ください。

まだ「童夢」や「気分はもう戦争」など、大友克洋さんの有名なコミックがまだ残っていますので、またの機会に続きの値段を調べてみようと思います。