アタックフォーメーション!

退職代行で突然仕事を辞めた30代1児のパパ(元自動車整備士)収入なくなって本当にどうしよう/(^o^)\

アタックフォーメーション!

お母さん食堂の冷たいスープが期待外れの薄さ

お母さん食堂 冷たいスープ

 どうもこんにちはにゃんすけです。ファミリーマートで人気のお母さん食堂『冷たいスープ』シリーズが2019年04年09日に新しくなって発売されました。『冷たいかぼちゃのスープ』『冷たいとうもろこしのスープ』『冷たいじゃがいものスープ』この3種類がラインナップされています。

残念ながらじゃがいものスープが売り切れていたので、かぼちゃととうもろこしのスープを購入してみました。

冷たいスープはお母さん食堂に必要か?

美味しさ、容量、価格考えて総合的に評価します。

ファミマで購入したお母さん食堂の冷たいスープとは伝えず、奥さんに飲んでもらった率直な感想も。

お母さん食堂のコンセプト

お母さん食堂のコンセプト

「お母さん食堂」は、毎日の生活にどこか懐かしくあったかい商品をご提供できないか、美味しくて便利な商品をご提供できないか、そんな想いからファミリーマートが自信を持ってお届けするお惣菜シリーズです。

ファミリーマートより引用

まず真っ先に『冷たいスープ』がお母さんが営んでそうな食堂の懐かしいお総菜か?と疑問に思った。

赤暖簾に割烹着を着たイメージはまさにお母さんの懐かしさだ。

さばの塩焼きやハンバーグ、たまごサラダなど 実家でよく食べた気がする。

忙しい現代人がコンビニでさっと買える、家庭的なおかずが『お母さん食堂』のメニューにふさわしいと思う。

冷製スープなんて実家や食堂で食べたことがない。

好評だからと言って、なんでもかんでも『お母さん食堂』シリーズの中に追加してはいけない。

www.family.co.jp

ファミマの冷たいスープを飲んでみて率直な感想

お母さん食堂 冷たいスープの感想

冷たいかぼちゃのスープと冷たいとうもろこしのスープ

パウチになっており封を切って器にそそぐだけで一品用意できる。

冷製スープなのでもちろん温める必要もない。お手軽なのがうれしい。

一口ずつ飲んでみて率直な感想が『どちらも同じ味』。

色合いが濃いだけに濃厚なスープを期待したがよ~く味わわないと、かぼちゃととうもろこしの違いが判らなかった...

自分の味覚が鈍感なのかと思い、奥さんにファミマのスープとは伝えずに飲ませてみました。

奥さんの感想

「冷製スープもらったから飲んでみ」と言ったところ普段、食卓にあがらない珍しいものなので奥さんのテンションが上がった。

しかし一口ずつ飲んでみて奥さんの顔色が曇った。

「かぼちゃととうもろこしが感じられない。もっと濃い味かと思ったけど薄い。微妙。」

やはりかぼちゃととうもろこしの存在が薄いようだ。もっと素材を主張した味で良いと思う。

 

冷たいスープを一袋159円でまたリピートしたいか?

ファミマで買える冷製スープ

1人前160g/税込み159円。夫婦で318円。

忙しくて帰宅が遅くなり、晩御飯を作る気力がない時に買って帰ろうか、という時にしかリピートしないだろう。一般庶民が家で飲むスープ1品に159円はちょっとつらい。

 牛乳が必要だがクノールの冷たい牛乳でつくるコーンポタージュの方が美味しい。

季節物なのでスーパーに売っていないことが多いのが残念だがコスパも良い。

お母さん食堂の冷たいスープがまずいという訳ではないが総合的にみて、また買いたいとは思わなかった。