アタックフォーメーション!

元ディーラー整備士が車業界から飲み物まで様々なテーマを本音で綴るブログ

アタックフォーメーション!

タイヤが高いディーラーの内部事情。間違いなくネットでタイヤを買う時代です

ネットでタイヤ 買う

 

 どうもこんにちは!にゃんすけです。タイヤを交換するならネットでタイヤを購入しよう!元ディーラーで務めていた整備士なので断言できます。

タイヤって高いですもん。同じタイヤがネットで安く売ってるのに高い価格でお客さんにおすすめするって心苦しい。『高いなぁ』って小言を言われることもありました。

ディーラーってタイヤ自体に利益をたくさん乗せて儲けてるんじゃないかと思われる方も多いかと思いますがぶっちゃけタイヤだけを売ってもそんなに儲かりません。工賃で稼いでたイメージです。

今回はディーラーで販売されているタイヤはなぜ高いのかをご説明します。

ディーラーでタイヤを買うとなぜ高いのか?

 ズバリ、ディーラのタイヤが高い一番の理由は中間マージンが乗り過ぎているからです。僕は独断でお客さんと価格交渉していました。限界まで値引きしているのにも関わらずネットや量販店よりディーラーでタイヤを買う方が高いんです。

つまりディーラーの仕入れ値(原価)よりネットや量販店の方が安いということ。

ネットや量販店より高い理由は?

高い理由は3つあります。

  • 中間マージンが乗っている
  • 大量に仕入れない
  • 基本的に定価販売

それぞれについて詳細をご説明します。

中間マージンが乗っている

 まず中間マージンについてです。中間マージンとは売り手と買い手の仲立ちで利益が乗っかることです。

簡単にご説明するとタイヤ販売会社からタイヤを直接購入すればよいのにタイヤ販売会社からディーラー専門の部品商(純正部品の卸)を通してディーラーに渡ります。このディーラー専門の部品商が利益を乗せすぎなのです。

利益を乗せすぎているので、もし仕入れ値(原価)でお客さんに販売してもネットや量販店に負けます。

大量に仕入れない

 ネットや量販店が安い理由としてあげられるのが大量仕入れです。『大量に仕入れるからちょっと値引きして』がディーラーにはできません。

量販店のように大型倉庫を保有していないですし、全国に自動車ディーラーが点在していますが地域やチャンネルが違うと全くの別会社なので大量に仕入れることができません。1~2セットを在庫し売れたら補充するというやり方で在庫しています。

基本的に定価販売

 タイヤを数を多く売りたいのが本音ですがディーラーは車検や点検、一般整備と業務内容が広いです。タイヤばかりを売っているわけにはいけません。数が出ないのでなおさら値段で勝負できません。

高い値段で販売する代わりに綺麗なショールームであったり無料のドリンク、車の納車や引き取りなど普段からのサービスを心がけています。

もしディーラーでタイヤを購入するのであれば値引き交渉は絶対にしてくださいね。原価が高いのでネットや量販店よりも高いに違いはないのですが、最低でも定価から10%は引いてくれると思います。最初から10%くらい引いてくれててももう一声いけるはずです。

70,000円の10%で7,000円なので大きいです!

タイヤ交換をするタイミングは?

タイヤの使用限度が残り溝1.6㎜です。ここまで溝が減っていると即交換レベルです。1.6㎜以下ですと車検を通すことができません。

おすすめは3~4mm以下で交換する

一般的なタイヤで新品が7㎜ほどあります。3㎜溝が減るのにだいたいですが走行距離に換算すると15000km~50000kmくらいですかね。

だいぶ幅がありますがグリップ性能の違いであったり、切り返しが多ければ多いほどタイヤがすり減りますし、走行距離が多くても高速道路のように直線を走行する機会が多ければタイヤのすり減りは少ないです。

溝が少なくなってくると制動距離が伸びる、雨水の排水性が劣るなどのデメリットがありますので使用限度前に交換していただきたいです。

タイヤ側面に傷・ひび割れが発生している

 タイヤの側面を縁石や障害物と接触し深い傷がついてしまった。

または経年劣化や紫外線を長時間浴びたことによるゴムの硬化によるひび割れが多くみられる場合は交換時期です。最悪、破裂し思わぬ事故にあうかもしれません。

tire.bridgestone.co.jp

タイヤ交換にかかる時間と費用は?

 普通車の場合

20分~40分以内でタイヤ交換が完了します。費用は作業賃込み6~9万円ほどします。タイヤサイズやタイヤ銘柄・タイヤグレードで費用は異なります。

スポーツカータイプや大きい乗用車の場合

1時間くらいかかるかと思います。タイヤの硬さや大きさでタイヤ交換の難易度が上がりますので傷つけないためにも慎重に交換するので時間がかかります。

費用は作業賃込みで10万円~です。タイヤの大きさや荷重に対する耐久性などが上がると価格が跳ね上がります。

ネットでタイヤの購入と取り付け予約ができる

ネット通販のタイヤ価格を見るとビックリするくらい安いです。値段設定間違っているんじゃない?ってくらい。外国産タイヤはもちろんのこと有名国産タイヤもディーラーと比べると断然安い。

 おすすめネットで買えるタイヤ専門店


【畠山愛理 CM 】 あたらしい道を走る。TIREHOOD(タイヤフッド) -思想篇

 


「タイヤピットにお任せ」篇 AUTOWAYx博多華丸・大吉 TVCM

 

YOUTUBEにTVCMの動画がありました。昔はよく流れていましたね見たことがあります。どちらもタイヤ購入と取付予約ができるネット通販サイトですが見たところAUTOWAYさんの方に軍配が上がると感じました。

AUTOWAYがおすすめの理由

提携店の違い

TIREHOODさんが主に提携しているタイヤ取付店がガソリンスタンドです。近くて便利というメリットがありますが設備面・技術面でちょっと心配かなと。

AUTOWAYさんの主な提携しているタイヤ取付店がタイヤ卸店やカーショップです。お店の詳細情報で注目していただきたいのが『ランフラット対応』です。

設備と技術がある

ランフラットタイヤとはざっくり言うと主に高級車に使われるパンクしても一定距離を走れるタイヤです。空気が抜けてもぺっちゃんこにならない構造でタイヤ自体がすご~く硬いです。このすご~く硬いタイヤをホイールに取付ける為には良いタイヤチェンジャー(設備)と良い技術が必要です。

値段設定が低め

獲得ポイントが即利用可能な点やAUTOWAYさんの方がタイヤ代と作業賃が少し安めの設定をされています。海外メーカーの取扱い種類が豊富です。

 

TIREHOOさんは標準で6か月パンク保証がついています。追加料金をお支払いすることで24か月に延長することもできます。この点で価格の違いが出ていると思いますので必要に応じてどちらが良いか選択しましょう。

ネット通販でタイヤを買うメリット

 最大のメリットは同じタイヤが安く買えることです。価格の違いはネットの方が断然安いということを感じていただけたと思います。

選べるという点もメリットです。

  • どんな種類のタイヤがあるのかわからない
  • 希望のメーカーではなかった
  • 外国産の格安タイヤでもいいのに

 ディーラーで見積もりをしてもらったことがある方は分かると思いますがタイヤを選びにくい。提示されるタイヤの種類が少ないんですよ。

提携している販社から2か月で〇〇本タイヤを売ってくれれば販売協力として謝礼をします!など約束を受けていることが多いです。こういった理由から特定のメーカーばかりディーラーはおすすめしてくるのです。

ネットで購入してディーラーでタイヤ交換したい場合は?

ネットでタイヤを買うと安いのはわかった。でもやっぱり馴染みのディーラーでタイヤを交換したいとお思いの方はたくさんいらっしゃいますよね。

その場合は最終手段!タイヤの持ち込み交換です。

ネットでタイヤを購入してディーラーに持っていきます。そうするだけでもかなり安くタイヤ交換ができます。僕が整備士をしていた頃にもこの方法を行っている方がいらっしゃいました。配送先をディーラーに指定して手ぶらで来店という強者でした。

持ち込みでタイヤ交換をしてよいか事前にディーラーで出来るか確認してくださいね。タイヤを直接送ってよいかもこっそり聞いてみてください。もしかしたらOKが出るかもしれません。

Amazonでも楽天でもYahoo!ショッピングでも普通にタイヤが販売されています。一般的な乗用車のサイズで1本の値段です。ディーラーの値段と比べてみてください。

さいごに

国産のタイヤにこだわる必要は全くないです。昔は海外製のタイヤ=粗悪でしたが近年かなりレベルがあがりました。海外製タイヤのレビューを見ていただければわかります。

道路でレースするわけでもないですし無茶な運転はしないと思いますので海外製でも問題はないです。タイヤですらネットで買う時代が来ました。これからは信頼できる取付店とコスパの良いネットでタイヤをお得に交換しましょう。

公式サイト【TIREHOOD】

公式サイト【オートウェイ】