ライフスタイル

【実測】ベイコムNET160をスマートフォンでスピードテスト

ベイコムの通信速度が遅いイメージ

ケーブルテレビのベイコムを利用して3年が経ちます。

最初の2年はベイコムつながるパック「NET30+ケーブルプラス電話」のプランに加入していたのですが、回線スピードが遅すぎたので去年から「NET160+ケーブルプラス電話」にプランに変更しました。

この記事でわかること
  • ベイコムインターネットの実測回線スピード
  • 実際に使っていて感じる不便さ

ベイコム(ケーブルテレビ)のインターネットはどれくらいのスピードが出るのかって気になりますよね。

そこで今回は、スマートフォンを使って「NET160プラン」でスピードテストをした実測値を公開します。ベイコムのインターネット回線を検討している方のご参考になれば幸いです。

ベイコムインターネットの通信速度(スピード)

コース名月額速度
NET1605,210円下り160 Mbps/上り10 Mbps
NET1205,020円下り120 Mbps/上り10 Mbps
NET304,560円下り30 Mbps/上り2 Mbps
NET62,370円下り6M bps/上り256 kbps

※ ベストエフォート型(理論値)基本月額 2020年8月時点
(公式サイト:ベイコムNET

にゃんすけ
にゃんすけ
ご覧の通り上がりの回線速度が異常に遅い

特に30と6プランが絶望的で160や120にグレードアップさせても遅いです。なぜ上がり速度が遅いのかをベイコムに電話で問い合わせたところ「うちは上りが遅いのでアップロードやゲームには向いていません」と単刀直入に言われてしまいました…。

ケーブルテレビの特性で上がり速度は遅い

上がり速度が遅い理由はケーブルテレビの特性で、どのケーブルテレビ会社のインターネット回線を選んでも、どうしても遅くなります。(光プラン除く)

にゃんすけ
にゃんすけ
下り速度も含めて光回線とは比べ物にならないほど遅くて高いですね。

オンラインゲームやYouTubeなどで動画をアップした時にすごく時間がかかりましたので、もしケーブルテレビやケーブル電話が不要で光回線対象地域の場合は、間違いなく光回線に加入することをおすすめします。

実際にどれくらいかかるのかと言うと、例えば5分程度のゲーム動画をYouTubeにアップしようとしたところ10分以上もかかりました。

単純な計算で10分の動画だとアップロードに倍の20分。1時間を超えるような長時間動画なら1日がかりになるかもしれません。

ケーブルインターネットはほぼ工事不要で開通できるメリットはありますが、用途によっては使い物にならないです。

 ベイコムNET160をスマホで実際に測定

測定した条件は以下の通りです。ベイコムNET160とauのLTEを使って比較します。

測定条件
  • 測定機種:Android GalaxyS9+
  • 測定アプリ:Speedtest
  • ベイコムWi-FiとauLTEを比較
  • 日時:日曜日14時頃
  • 建物:軽量鉄筋
  • モデムから約2メートルの位置で測定
  • LTEは窓側の位置で測定

au LTEで測定(下り)

ベイコムスピードテスト154.75Mbps

まずau LTEで測定します。何回測っても下り150Mbps前後で結構優秀。

au LTEで測定(上がり)

ベイコム スピードテスト22.34Mbps

auLTEの上りで20Mbps前後です。LTEの上がり速度はまぁそんなもんだと思います。

ベイコムNET160(下り)

ベイコム 速度47.90Mbps

ベイコムNET160の下りで50Mbpsに届きません。ベストエフォート160Mbpsの半分以下です…

ベイコムNET160(上がり)

ベイコム 速度測定9.36Mbps

ベイコムNET160の上りは上がり回線速度MAXの10Mbps近いスピードが出ました。MAXとは言えど10Mbpsは遅い。

回線ダウンロードスピードアップロードスピード
au LET154.75Mbps22.34Mbps
ベイコムNET16047.90Mbps9.36Mbps

計測日時(条件)によって異なりますが、ベイコムの回線スピードは上記のような結果となりました。

下り50Mbpsくらい出ていれば問題なくネットの閲覧ができます。が、上りは何度計測しても公表通りの数値でキッチリ10Mbpsくらいしか出ません。

にゃんすけ
にゃんすけ
契約した当初は下り100Mbpsくらいを期待したんだけどな…。

Pingについて

pingを簡単にご説明すると「データを送信してから返ってくるまでの応対速度」です。※数値が少ないほど入力してからの反応が良くて優秀

回線Ping
au LTE65ミリ秒
ベイコムNET16027ミリ秒

Pingに関してはベイコムの勝利ですが、オンラインゲーマーならPingは一桁じゃないと意味がないそうです。あまりにも応対速度が遅すぎると、ゲーム内のキャラがカクカク動いたりワープして表示されるので不利になります。

普通にスマホアプリのゲームをするのであれば、Ping100ミリ秒以下で20ミリ秒代でも60ミリ秒代でもあまり大差ないかと思います。

にゃんすけ
にゃんすけ
オンラインゲーム(PUGB)で遊んでいた時は不自由なく操作できました。

ベイコムNET30の時はもっと遅い?

ちなみにベイコムNET30に加入していた時は、だいたい「下り20Mbps 上り2Mbps」でした。必要最低限に近くて、動画視聴は“なんとか楽しめる程度”ですね。

にゃんすけ
にゃんすけ
ケーブルテレビ回線は上りが遅いけど理論値MAXまで出やすいようです。(でも2Mbpsはキツイです。)

ベイコムNET30を契約してオンラインゲームをしたり、混み合う時間に高画質の4K動画を快適に視聴するのは厳しいかと思います。

そもそも高画質動画を見ようとしても、設定で「高画質」の選択が出ません。

ベイコムNET160だと今のところ不便はないのですが、下り50MbpsでYouTubeのUHD動画(2180p)がギリギリ止まることなく再生できる感じです。

ゴールデンタイム(混み合う時間)で1080p以上の動画を視聴する時は、たまに読み込みマークが出て再生できない時があります。

さいごに

ベイコムNET160をスマートフォンでスピードテストした実測値をお伝えしました。

ベイコムはネット回線のスピードが遅いのに料金が割高です。ケーブルテレビ&ケーブル電話を必要としない場合は思い切って光回線に加入した方が快適なネット生活を送れます。

auひかり回線

例をあげるとauひかり回線は最大下り1Gbps(1000Mbps)の高速回線です。

もちろん最大値なので実測値はもっと低くなるはずですが、ベイコムの最大160Mbpsとは比べ物にならないくらい高速です。

定番の世界最速インターネットNURO 光は下り最大2Gbps圧倒的スピードを誇ります。月額料金がベイコムより安く、さらに工事費をキャッシュバックするキャンペーンを基本的に実施しているので初期費用の心配もありません。

サービス提供エリアが限られていますので詳細は各リンク先からご確認お願いします。

もし「ケーブルテレビが必要」「工事はちょっとな…」と言うことであれば、より高速対応のJ:COMのWi-Fiも選択肢に入れても良いかと思います。

ケーブルインターネットは配線が通っていれば1時間くらいの立ち会いで分配工事が完了。簡単に始められます。(※対象地域が限られています。詳細はお問い合わせください。)
J:COM TV

にゃんすけ
にゃんすけ
ご参考になれば幸いです。