ライフ

『詰め替えそのまま』フルセットでボトル裏のヌルヌルから解消!

詰め替えそのまま フルセット

 

浴室はいつも湿気っぽくていくら掃除をしてもシャンプーやボディソープのボトル裏がヌルヌルになります。そのままにしておくとすぐにカビが発生して不衛生です。

問題点

・ボトルの裏がぬるぬるになる
・カビが発生して不衛生

ボトル裏のヌルヌルや詰め替え作業のわずらわしさを解消してくれるのが株式会社三輝の『詰め替えそのまま』です。

詰め替えそのままとはシャンプーやボディーソープをボトルに詰め替えするのではなく、詰め替えパックに装着してそのまま中身を使う商品です。吊り下げて使いますし、そもそもボトルを使用しないのでボトル裏のヌルヌルとはもちろん無縁です。

『こんな便利グッズがあるんだ』と感心しながら使ってみると超便利。今回は便利な『詰め替えそのまま』を実際に使ってみて正直なメリットやデメリットをご紹介したいと思います。

『詰め替えそのまま』の種類

詰め替えそのまま パッケージ

サイズ・カラー

  • ミニ
  • ワンセット
  • フルセット
  • ノズル単品やアームのみ

『詰め替えそのまま』には複数の種類が用意されておりサイズ違いのミニ、ワンセット品、フルセット品、フック無しのノズル単品やアームのみがあります。

カラーはホワイトの他にイエロー、オレンジ、ブルー、グリーンの5色があります。

フルセットの内容物

  • ポンプ
  • ホルダー
  • アーム

スタンダードのフルセットパッケージを購入しました。ポンプ、ホルダー、アームの3点が内容物です。フルセットがあればシャンプー、リンス、ボディーソープと使い分けができます。

ポンプはほとんどの詰め替えパックに取付けられる構造になっています。

『詰め替えそのまま』フルセットの内容物

ポンプ

ポンプ

ポンプの取付口はこのような形状となっています。ストローになったところを詰め替えパックに挿してサイドのクリップをロックして装着します。力強く挟み込み密閉するので中身が漏れる心配はないと思います。

ホルダー

ホルダー

ホルダーを詰め替えパックの下側に取付けてぶら下げます。中がギザギザの爪になっていて差し込むだけで詰め替えパックを掴むことができます。詰め替えパックを外す時は灰色のボタンを押すとギザギザの爪が離れて外れます。

詰め替えそのままを取り付けた状態

詰め替えパックをガッチリ挟み込みます。440ml入りの詰め替えパックくらいなら落としてしまう心配がまったくないでしょう。大容量パックでも耐荷重的には問題ないそうです。

アーム

詰め替えそのままのアーム

シャワーフックの上からアームを差し込んで詰め替えパックをぶら下げます。アームには滑り止めが付いていてシャワーフックとサイズがピッタリなのでぐらぐらしません。画像のシャワーホースが通っているところにシャワーヘッドを挿すことができるので置き場所がなくなる心配はありません。

シャンプーやボディーソープの出し方

詰め替えそのままの使い方

ポンプの膨らんだところを摘まむとシャンプーやボディーソープが出てきます。勢いよく出るのではなくトロ~っと出てくるので量の調整がしやすい。ボトルを使用していている時は中身が減ってくると、プッシュしてもなかなか出てこなかったり軽くなったボトルは倒れやすくなります。

『詰め替えそのまま』は下から出るので最後の一滴まで経済的に使えます。そして吊り下げ式なのでパックが倒れる心配がありません。

スタンダードとミニの違い

スタンダード ミニ
抽出量 6~7ml 3~4ml
カラー イエロー・オレンジ・グリーン・

ブルー・ホワイト

オレンジ・グリーン・イエロー
部品 別売りジョイントで

らくらくecoパックに対応

一体型でらくらくecoパック不可

ホルダーが針式

スタンダードとミニとの違いはデザイン、一回の抽出量、カラーバリエーション、部品の形状が違います。スタンダードは6~7ml、ミニは3~4mlが抽出されサイズがコンパクト。

スタンダードがイエロー、オレンジ、グリーン、ブルー、ホワイトの5色。ミニがオレンジ、グリーン、イエローの3色。ミニが部品一体型でスタンダードはジョイントがあれば部品が外れてらくらくecoパックに対応可。ミニのホルダーは針式です。

『詰め替えそのまま』を使うメリット

  • 詰め替えボトル不要
  • スペースを確保できる
  • こぼしがちな詰め替えや洗浄から開放される
  • 詰め替えより簡単に早く装着できる
  • 高い位置にあるので使いやすい&子供の手に届かない
  • ぶら下げるので底が付かず衛生的
  • 中身を全部使い切りやすくて経済的

我が家で一番助かるのが子供の手に届かなくなったことです。なにかと触りたがって『手がぬるぬるした』とか、そのまま顔を触って『目が痛い』とかお子さんがいる家庭ではあるあるな話だと思います。

ボトル裏 ヌルヌル状態

衛生面やスペースが確保できた点でお掃除の手間が省けるのも大きなメリットです。ボトルの底と中身はカビが発生しやすい環境です。吊り下げて中身が下から出るので詰め替えパックの中は空気と触れにくく、カビの繁殖を防ぐ効果もあります。

密閉して中身の鮮度を保てるのでボトルに詰め替えた時よりもシャンプーの香りを強く感じることも詰め替えそのままを使うメリットです。

『詰め替えそのまま』を使うデメリット

  • 値段が高い
  • アームの耐荷重が2㎏でもシャワーフックの耐荷重はわからない
  • 詰め替えパックの底に水が溜まる
  • 統一感がなくなる

実際に使用して感じたデメリットです。それぞれを詳しくご説明します。

値段が高い

ホワイトの値段がなぜか少し高くて購入時の価格が4,580円です。株式会社三輝の公式サイトを見ても自虐的に『ちょっと高いんじゃねーの?』なんてことがよくある質問に書いてあります。

値段が高い理由が部品を全部日本で調達・組み立てしているからだそうです。購入する基準は詰め替えやボトル洗浄から開放され、こぼさず最後の一滴まで経済的に使うと考えて安いか高いかです。

4,580円はフルセットの値段です。アームや3つもホルダーが必要ない方はワンセットやミニを選択するともっと安く購入できます。

シャワーフックの耐荷重が不明

次に3つの詰め替えパックを備え付けの樹脂シャワーフックに『ひっかけても大丈夫か?』と心配になる点です。元々シャワーヘッドをひっかけておくだけのフックなのでそれほど耐荷重があるとは思えません。

アームの耐荷重は約2kgで全部のパックをぶら下げてシャワーフックが割れてしまう可能性がないとは言い切れません。対策としてアームを使わずS字フックや吸盤フックを100均で買ってきて別の場所へひっかけるのもありかと思います。

底に水が溜まる

最後に詰め替えパックの底に水が溜まる点です。

詰め替えパックの底に水が溜まっている

詰め替えパックは移し替えずにそのまま利用するとは想定されていないですし、自立させるために底が広がる形状になっていることが多いです。すこし見にくいですが底にガッツリ水が溜まっています。

詰め替えパックの底を閉じている状態

底を閉じていても少なからず開いてしまうので水は少しずつ溜まっていきます。詰め替えパックはどうせ捨ててしまうのでどうなっても良いのですが水が溜まったままになるのがすこし不衛生に感じます。

ホッチキスやクリップで底を閉じてしまえば水が溜まりにくくなるかもしれませんが完璧に閉じることは難しいかもしれません。

統一感がなくなる

今度は見た目の問題ですが浴室で使うボトルを統一している方には向かないと思います。銘柄の違う詰め替えパックがぶら下がっているのはすこし不格好かも。詰め替えそのままはどちらかというと詰め替えの手間やボトル裏の衛生面を気にされる方向けの商品です。

浴室の見た目、統一感を意識する方には向かないと思います。

さいごに

『詰め替えそのまま』の一番のネックはお値段かなと思います。それでも詰め替え作業や洗浄、ぬるぬるしたボトル底の衛生面を考えると大きなメリットで使い勝手も良いです。僕は購入して良かったと思います。

ミニですと費用をだいぶ抑えることができるので色を気にしない方や自前でフックを用意する方は単品を選択しましょう。フルセットの場合、Amazonが一番安く送料無料でおすすめです。