ライフ

【対策を】現在の登下校時の安全確保は不十分

登下校時の安全確保のイメージ画像

 

テレビを見ているとこどもが被害にあったと連日のように報道されています。自動車事故や暴漢によるものがほとんどだけど今に始まったことではない。こういった痛ましい事故や事件は昔から発生していて何か起きてから対策するのではなく起こる前に対策をしなければいけない。

登下校時の安全確保

まず事が起きてからでは遅い。登下校時の安全確保をすることは当たり前です。今まで何か具体的な対策を立ててきたでしょうか。

集団登下校に意味があるのか

1人でいると狙われる可能性がある。目撃者がいない可能性が高くなる。集団でまとまっていると複数人が短時間で狙われる。暴走車が飛んできた場合もいっぺんに巻き込まれる。ただ集団から別れて自宅までの道は結局1人になる。集団の方が目が行き届く。

などなど。メリットとデメリットがあり集団登下校に関しては賛否両論だと思います。

www.mext.go.jp

自動車が高速度で走行するような道路を集団で歩行することは、大事故を起こす危険が多いので、このような場合は、集団登下校をさけることが望ましい。 なお、道路事情および交通事情は、変化するものであるので、その変化に応じて適切な措置をとるようにすること。

時と場合、道路状況など地域性を考慮するべき。集団登下校をすれば安心と言う考えを払拭しなければいけない。

登下校の見守り強化も不十分

そこで今回、文科省が打ち出したのが集団登下校の見守り強化です。

文科省幹部によると、新たな対策では主に、子供たちが集団でいるときの安全確保について効果的な対策を図る。具体的には(1)保護者や地域ボランティアによる見守り活動の強化(2)駅周辺やバス停など多数の児童生徒が集まる場所への警備員の配置-などについて、学校や地域に求めることを検討する。

完全に対策することは難しいしこれだけは不十分だと思うが行政が学校や地域に丸投げしている。

こどもたちが集団でいるところに保護者や地域ボランティア、警備員を配置すれば犯罪の抑止力になるのは確かです。でも今回の事件のように犯人が凶器を所持していた場合、立ち向かえるだろうか?

保護者や警備員といっても一般人ですし、忙しい時間帯なので中高年の地域のボランティアのおじさんやおばさんに頼らざるを得ない。近所の通学路やテレビの映像を見る限り、こういった見守り活動をされている方が訓練を受けているようには思えないし、身を守る護身グッズを携帯しているように見えない。

せめて警棒のような護身具や刺又(さすまた)を手の届くところに用意しておかなければいくら大人が見守っていても無力です。

警察官が見守り活動

また、岐阜県や名古屋市は、公立小中学校や高校などに登下校時の安全確保の徹底を通知したほか、岐阜県はスクールバスを運行する特別支援学校17校の49台に、当面の間教職員を添乗させるよう依頼しました。

事件が起きるといつも当面の間だけ強化してほとぼりが冷める頃にはなぜかやめてしまう。 警察官が見守り活動に参加することは心強いですが最初だけでは意味をなさない。とはいっても警察官の人数に限りがあるし他にも公務があるのでいつまでも警察官に頼り切ることはできない。

今後、信頼できる警備のプロにお願いすることを本当に検討しなければいけない。