今売れているAmazonパントリー>>

歯の消しゴムToothTick Wの効果は?市販品でホワイトニングはできるのか?

歯の消しゴムtoothtick

歯の着色汚れって気になりますよね。自分で何とかしようと、過去にテレビCMで頻繁に流れていた某有名メーカーのホワイトニング歯磨き粉を使ってみたのですが、まったく効果はありませんでした。

詰め物が欠けた治療で歯医者に通っているついでに、先生に「ホワイトニング費用はどれくらいかかる?」と質問してみたところ、2万円~+定期メンテナンス費用が必要とのこと。

歯を白くする費用が高額な理由は、汚れを落とす薬液が高い&手間がかかるのと、治療ではなく美容目的なので保険が適用されないからだそうです。

あまりお金をかけずにどうにかならないかと調べていると、「歯の消しゴム トゥースティック ダブル(ToothTick W)」という商品を見つけたので買ってみました。

市販品で歯のホワイトニングはできるのか?効果はあるのか?本音でレビューしていきます。

タップできる目次

歯の消しゴム トゥースティック ダブル(ToothTick W)のホワイトニング効果は?

トゥースティックダブルの先端

トゥースティック ダブルは研磨剤(無水ケイ素)が含まれたシリコンゴムで歯を軽くこすって着色汚れを落とす仕組み。薬液で汚れを浮かして落とすのではなく、着色汚れを物理的に磨き落とす武闘派です。

そのため、強くこすりすぎたり使用頻度が高すぎるとエナメル質が薄くなるなど歯を傷める恐れがあります。手軽に買えて誰でも使える反面、手加減が分からずいつの間にか磨きすぎてしまうリスクは自己責任ですね

先端がクレヨン・蛍光マーカーのような形をした2本入り。指で押してみるとけっこう硬いです。天然ハッカが配合されており、ニオイや味はほのかな清涼感を感じます(きつくない)。

トゥースティックダブルの本体

全体像はこんな感じで長さは約10.5cm。手のひらサイズの短いボールペンくらいです。使い方は、歯とシリコンゴムの水気をよく拭いてから気になる箇所を優しく磨きます。

それでは、エナメル質が傷んでいると診断された僕の前歯でトゥースティック ダブルのホワイトニング効果を確かめていきます。

磨く前:茶渋のような黒ずみ(コーヒー汚れ)がすごい

歯の着色汚れ

ありのままでお伝えしていきます。

エナメル質が傷んでいると、傷んでいない歯と比べて表面の凸凹(デコボコ)が深いです。その凸凹に着色汚れの原因となるコーヒー・紅茶・コーラなどが入り込み、部分的に黒ずんでいくんですよね。

今回は検証として画像左側の前歯だけをキレイにしていきます。

ちなみに僕の歯のエナメル質が傷んでしまった理由は主に食いしばりです。前に勤めていた自動車整備士という職業柄、力を入れる作業が多くて無意識のうちに歯が圧縮されていたみたい。

他にも、日常生活では歯ぎしり・くしゃみ・感情的になった時・ストレスでも歯に負担がかかるそうなので注意が必要です。

そのせいもあり、歯の根元のエナメル質が割れる「くさび状欠損」という症状にもなってしまいました(奥歯)。バリアがないダイレクトな知覚過敏の痛さはヤバイですよ。

後日、別記事で治療の過程を書こうと思います。

磨いた後:表面の軽い汚れは取れた

ライトの当たり具合で白っぽく見えていますが、コーヒー汚れの黒ずみはキュキュっと磨くだけでだいぶ取れました。特に磨き始めは「汚れが落ちている」と実感できるほど。

気になっていた画像矢印部分の2本の縦スジも、遠目から見た肉眼ではほぼ気にならないレベルになっています。手軽なステイン落としとしては良いですね。

しかし、凸凹が深くてトゥースティック ダブルのシリコンゴムが届かない箇所の汚れは当然ながら落ちません。それと、歯の側面は磨きにくいというよりも磨けません

シリコンゴムの太さ

なぜならペンシルタイプのシリコンゴムでも太すぎて歯の隙間に入らないから…。先端が1mmほどでも歯間には太いです。

表面の汚れ落としとして使う分には効果を感じられましたが、狭い隙間や深い汚れ、頑固な汚れには向いていません。シリコンゴムの中に研磨剤が入っているみたいなのでカッターナイフ等で先を尖らせると良いかも。

完璧を求めるなら素直に歯医者さんでホワイトニングをしてもらうか、薬剤を塗布するタイプにするか、プロ仕様の歯面研磨マシンが必要と感じました(いずれも高額ですが)。

「歯全体を白くしたい」という理由で購入するのは意味が違うと思います。

全体的な「くすみ」は取れるものの歯自体の「ホワイトニング」とは言えず、トゥースティック ダブルは表面にこびりついた着色汚れを手軽に落とすモノとしての認識が良さそう

上記画像はライトの当たり具合が異なり、胡散臭くなってしまったので全体的に黒ずみで汚れている前歯の横(2番:側切歯)でも試してみました。

浮いた汚れはすぐに落ちる

着色汚れがある歯

定価約2万円の激安スマホOPPO A5 2020で歯を撮影すると何故かピントが合わなくなるのにGalaxyだとめちゃキレイに写る…。最初から高性能なスマホで撮影すれば良かった…。

前歯の横(2番:側切歯)は長期的に負担がかかっていたのか下面が平らに削れてしまっています。

エナメル質の凸凹が深いようで、均等に歯磨きをしていたつもりでも前歯より茶渋のような着色汚れが多く付着していますね。

歯ぎしりは指摘されたことがないのでしていないと思うけれども、ここまで削れているならしているかもしれません。こちらの汚れも同様に磨いていきます。

着色汚れが落ちた歯

しっかり丁寧に磨くとシリコンゴムが入らない側面以外はかなりキレイになりました。浮いた汚れがすぐに取れていくと気持ちが良い。

研磨剤で歯が傷んでしまうリスクはありますが、自分で出来る安価な簡易着色汚れ落としとしてトゥースティック ダブルは有効です。

歯の消しゴムタイプはこんな人におすすめ。

歯の消しゴムが向いている人
  • 歯医者に行きたくない
  • 高額なホワイトニング費用を払いたくない
  • 自分で安く済ませたい
  • 部分的な着色汚れを手軽に落としたい
歯の消しゴムが向いていない人
  • 歯の汚れを完璧に落としたい
  • 歯自体を白くしたい
  • 研磨剤で磨きたくない
  • 自分でキレイにするのは不安と感じる

繰り返しになりますが、何より安くて手軽がメリットです。

デメリットは完璧にはキレイにならないのと研磨剤で歯を傷めてしまうリスクがあること。それと歯全体をトゥースティック ダブルで磨くのは正直なところしんどい!(気が遠くなる)

というのも手動で全体の汚れをこすり落とすのはかなりの時間がかかります。「電動でビュイーっと磨けたらなぁ」と思うこと間違いなし。

根気よく毎日少しずつするか、別の方法、歯医者さんに依頼するかの3択です。予算や都合に合わせて選んでくださいね。

さいごに:シリコンゴムが外れやすい点は注意

シリコンゴムが外れた

冒頭でシリコンゴムを「指で押してみるとけっこう硬い」とお伝えしましたが、自分の吐息や磨いた摩擦熱で若干柔らかくなります。

小学校で習った支点・力点・作用点の関係でいくと、本体に埋まっている支えの部分が短すぎて“しなる”とすぐに外れてしまう磨きにくさは購入前に知っておいてください。

とはいえ、冷静に考えると「強く磨きすぎないようにする工夫」なのかもしれません。製造予算削減や構造上の欠陥ではないとすると良く考えられた仕組みと言えます。

スポンサーリンク

歯の消しゴムtoothtick

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる