ライフ

追加購入時は注意!タンスのゲン ジョイントマットの新型と旧型を比較

タンスのゲン ジョイントマット

 

『タンスのゲン ジョイントマット 木目調』を継ぎ足すために追加で購入しました。こどもが走った時の防音効果やころんでも弾力性のあるクッションでケガを防いだり軽減してくれるので重宝します。

追加で購入する時は前回がいつ購入した物なのかを必ず確認をしてください。2018年7月29日以前の旧型から新型に改良が入り、色目や接続部分の形状が変更されています。

この記事では『タンスのゲン ジョイントマット』を約2年間使ってみてわかったことや新型と旧型の比較をします。

 タンスのゲン ジョイントマットの新型と旧型の違い

耐久性があるので約2年使っても破れることがなくまだまだ使えます。いつの間にか改良が入り色目や接続部分の形状が変更される可能性があるので破れた時の予備として多めに購入した方が良いです。

同じナチュラル色を選択しましたが色目が全然違いますし、無理やりはめ込まないと接続できません。

新型と旧型の色目の違い

タンスのゲン ジョイントマットの色の違い
ジョイントマット 下が旧型 上が新型

同じナチュラル色でも旧型の薄い木目色から濃い木目色に変更されています。近くから見ても全く違う色なので継ぎ足しや汚れや破れで一部だけを入れ替えると統一感がないです。

見た目も気にされる方で追加注文する場合はジョイントマットを全部入れ替えることが必要になります。品質が良く、けして安くはない商品なので全部入れ替えとなると結構な出費に。

接続部の形状の違い

タンスのゲン 接続部分の形状

接続部の形状が一部変更されています。通販サイトの説明には『繋げることができませんと案内されていますが一応繋がります。新型が斜めになっているところがあってぴったりは繋がりません。

ジョイントマットの端を加工した状態

旧型サイドパーツの接続部は角ありパーツだったのでカットしないと繋がりませんでした。接続部の形状が違うのでどうしても隙間ができます。ゴミやほこりが入り込んで掃除がしにくい。

タンスのゲン 隙間が開いたジョイントマット
新型同士でも隙間が

この隙間があるとジョイントマットのヨレが出来るので全体的に隙間が大きくなってしまいます。こどもの足がひっかかるほどの大きさではありませんが見た目的にすこし気になります。

新型に滑り止めが付いた

タンスのゲン ジョインマットの裏側

新型のジョイントマット裏側に滑り止めが付きました。旧型でも滑ってズレることはなかったのですがより安全になりました。空間ができて通気性が良くなる効果もありそう。

後悔!ホットカーペットは直接敷かないこと

ホットカーペットを使ったジョイントマット
一部が盛り上がっている

タンスのゲンのジョイントマットにホットカーペットを直接敷いて使いました。ホットカーペットの操作パネルの下が特に熱かったようでジョイントマット表面の木目が膨らんでしまいました。

中に気泡が入っている様子で踏むとビニールの擦れたようなカサカサ音がします。小さな穴を開けると空気が抜けそうですが木目調が剥がれてしまう気がしてそのままにしています。

ジョイントマットの説明書

通販サイトにはホットカーペット対応と書いていますが説明書にはホットカーペットの下には使用できませんと記載されています。床暖房対応なのでジョイントマット下の耐熱性はあるようですが木目調ビニールの耐熱性は低いようです。

ホットカーペットやこたつを使う時は断熱や反射アルミシートを敷くことをおすすめします。

さいごに

タンスのゲンのジョイントマットは部屋の雰囲気を損なうことなく防音性にも優れています。今回リピート購入しましたが全く違う色目になっていて残念でした。捨てるにももったいないのでこのまま使うつもりです。

仕様変更やロットによる色味の違いが出ることがあるので購入を検討しているのであれば多めの枚数を選ぶようにしてくださいね。