ライフ

ベッドの隙間埋めパッドに不満がありマットレスを2重にした話

ベッド

 

子供と3人で川の字になって寝るためにシングルベッドを2つ並べて置きました。ベッドの間に隙間ができてしまう対策に隙間埋めパッドを使ってみたのですが満足のいく代物ではありませんでした。

ネットで調べると『おすすめ』と書かれていたので購入したのですがリサーチが甘かったです。

  • 凹凸が気になる
  • すぐにズレる
  • ズレるから子供がベッドの間に挟まる

隙間パットだけではダメですね。子供がベッドの間に挟まるのを防止する為に買ったのですが問題を解消できませんでした。隙間埋めパッドを使うのであれば最低限、ズレ防止のベルトが付いている物を買わなければいけません。

しかしズレ防止ベルトが備わっていてもパッドの凹凸(段差)が必ず発生します。そしてベルトがすぐに緩むと少なからずレビューに書かれています。再び安物買いの銭失いにならないように思い切って折り畳み式のマットレスを購入しました。

今回は隙間埋め用のパッドを使うのをやめてマットレスを重ねて設置した話です。

 ベッドの隙間埋めパッドがおすすめ出来ない理由

ベッドの隙間埋めパッド

この隙間埋めパッドはT型のスポンジ素材で耐久性が低くふにゃふにゃです。上から力を掛けるとV字型に沈み込みますし、髪の毛やほこりが付着しやすく頻繁にお手入れが必要です。

隙間埋めパッドがおすすめできない理由

  • スポンジ素材で柔らかすぎる
  • スポンジがちぎれる
  • すぐにズレる
  • パッドが浮く
  • ゴミが付着しやすい
  • 凹凸(段差)ができる

上記のような点が非常にストレスでベッドの隙間埋めパッドがおすすめできない理由です。子供がベッドの上で飛び跳ねたり転がったりすると一発でズレます。パッドに荷重がかかるとベッドの間に沈みこみベッドの間に挟まってしまう。

これでは何の意味もなしません。

ベルト式でも問題あり

隙間埋めパッドにベルトが付いていて、ベッドをくっ付けて固定するタイプでも問題があるようです。

隙間パットはすぐ浮き上がってベッドに寝るたび押し込まないといけないしベルトはどんなにキツくしめてもゆるゆるになるし返金してほしい。滑り止めでもついてない限りこのベルトじゃしっかりと固定できない。

初めは良かったんですが、挟むパッドがどんどん下に沈んでしまいます。真ん中に寝るのが子供ならいいのかもしれません。

引用元:隙間埋めパッドAmazonカスタマーレビュー

ベルトがすぐにゆるゆるになってはベッドを上手く固定できません。挟むパッドが沈むという事はパッドが柔らかすぎる証拠ですが背中が痛くなるので素材を硬くすることはできません。

ベッド同士を固定してもパッドが沈むのであれば、そもそも隙間埋めパッドを使ってベッドを2つ並べることに無理があるのではないか?という判断から折り畳み式ウレタンマットレスに行き着きました。

マットレスで隙間問題が解決

ワイドキングサイズのマットレス

既存のマットレスを処分するのは勿体ないので重ねて敷きました。シングルサイズ2つ分のワイドキングサイズのマットレスを敷くことでベッドの隙間と沈み込みが解決しました

三つ折りになったウレタンマットレスが2つセットになっていてマジックテープで止めることで連結させます。

マジックテープ

マットレスの角が四角いので隙間がほぼ無くなり、マットレス同士をぴったりとくっつけることが出来てズレることはありません。段差と隙間の問題がこれで解消されました。

ただマットレスを重ねて敷くことに難点があります。

マットレスを敷くデメリット

寝心地が変わる

マットレスが変わるので寝心地が変わります。低反発や高反発で硬さが違いますしウレタンなのでコイル式とはまた違う感覚です。慣れるまで人によっては寝つきが悪くなるかもしれません。

個人的にはやはりコイルタイプの方が寝心地が良い。

マットレスが分厚くなる

マットレスを横から見た状態

マットレスを2枚重ねにしているので随分と分厚くなります。4角をゴムで固定するパッドシーツですと横から見て統一感がないので見栄えがわるい。分厚くなると使っていたシーツが合わなくなる可能性があり新たにシーツを購入しなければならないのであれば出費が痛い。

それでも隙間埋めパッドからマットレスに変更して良かったと思います。段差と隙間がほぼ無くなったのですから。

さいごに

真ん中に寝るのは子供だからといって段差のあるところで寝かせるのは良くないと考えます。体の疲れが取れにくく快眠できないでしょうし少なからず背骨にも負担がかかる。隙間パッドをやめてマットレスにしたのは子供の健康のためを思ったのが一番の理由です。