アタックフォーメーション!

元ディーラー整備士が車業界から飲み物まで様々なテーマを本音で綴るブログ

アタックフォーメーション!

ディーラーで作成する市場技術速報(市技報)とは?

市場技術速報とは

 

 どうもこんにちは!にゃんすけです。自動車のリコール(無償修理)が国土交通省に届出されると新聞やTVのニュース番組、インターネットのニュースなどで取り上げられ目にすることも最近では多くなりました。

不具合が発覚してから調査・検討をし保安基準に適合しない恐れがある場合は正常な部品に取り換えるなどの措置、つまりリコールを実施します。そもそも自動車の不具合をメーカーはどのようにして知るのか?

その一つに『市場技術速報』があります。今回はディーラーで整備士が作成する『市場技術速報』とはどういった取り組みなのかをご説明します。

市場技術速報とは? 

市場技術速報とは、一言でいうと不具合をメーカーに報告するレポートです。略して『市技報(しぎほう)』と呼ばれています。

報告する内容は?

お客様からのご指摘や整備していて気が付いた点をメーカーに報告します。エンジン関係、シャシ関係、ボデー関係、ナビやパワーウィンドなど電装関係、なんでも報告できます。

報告することは故障だけではありません

  • 『操作しにくい、使いにくい』
  • 『使い方によってはケガをするかも』
  • 『変な音がする』
  • 『耐久性に問題があるのでは?』

このようなことも報告します。保安基準に適合しなくなる恐れがなくリコールに該当しなくても品質や使いやすさの向上に役立てられています。

市場技術速報に求められるもの

市場技術速報はパソコンで作成します。作成したものを整備本部へ送信し添削したのちにメーカーへ報告されます。

本部の人間やメーカーの人間は実際の車両を見ていないので詳しくわかりやすく報告することが重要です。文字だけではなく写真や図解、異音の時には動画も添付します。

そしてなにより報告するスピードが求められます。新車として販売されてから1か月以内に不具合を報告するのと1年以上経ってから報告するのでは大きく違ってきます。対応が遅れると不具合のある状態でずっと出荷し続けることになりコスト面や信用を大きく損なう可能性があるからです。

再現性はあるのか?頻度はどの程度か?何が原因か?こういった情報が市場技術速報に求められるものです。

報告した結果、どうなったのかはわからない

市場技術速報で不具合を報告してもメーカーからの返答はほぼほぼないです。不具合情報として送信したものが今後の品質向上に役立ったのか?新たなアイデアとして貢献できたのか?それは整備士としては知ることができませんでした。

せっかく報告しているのだからどうなったのか教えて欲しかったですね。既知の不具合だったとかそれは個体差で起こった偶然の不具合だとか。メーカーとしても守秘するところがあったんだと思います。

ただ優秀なレポートとして評価されると表彰があります。

評価されると表彰される

スピード、新たな情報、具体的な内容、画像や映像の添付物。こういったレポートの内容で評価されると表彰されることがあります。

僕も一度だけ表彰されたことがあります。ナビの不具合で具体的な発生状況とデータログを添付し送信しただけです。データログの内容は見れないですし、見てもきっとわからないので表彰されたことに対して不本意に思いました。

『制御プログラムが悪い!』

なぜ不具合が発生したのか?原因は?なんてこれしか言いようがなかったですから。

のちにナビのプログラム修正データが発行されアップデートできるように対策が取られました。こういった報告があって製品の品質が向上されていくのだなと実感しました。

 

表彰されると記念品が貰える

実は表彰されると記念品がもらえます!表彰状とボールペン、カタログギフトがもらえました。

ボールペンはお世辞にも高価なものとは言えず100均で購入できるレベルです。(申し訳程度のロゴ入り)

そしてカタログギフトは3,000円相当でした。こちらも特別高価な物が貰えるというわけではありません。一度しか表彰されていないので評価のレベルが存在するのかはわかりません。一律この記念品の内容なのか、もっと良い物をもらえている人がいるのか。

メーカーに貢献できても、そ~んなに期待するほど良い思いをすることはありませんでした。

市場技術速報にはノルマがある

市場技術速報にはまさかのノルマがあります。ノルマがあるっておかしく思いませんか?ノルマは半期で一人10件。けして多くはないのですがそんなに頻繁に新しい車が壊れることはないし忙しい業務中に市場技術速報を作成する時間がない。

ノルマ稼ぎにどうでもいいことを報告するのが嫌で一度も10件に到達したことがないです(笑)情報集めに躍起になっているところがあるのでこの報告制度自体の見直しが必要だなと感じていました。

さいごに

普段メーカーがどのように情報を集めているのか?その一つ『市場技術情報』をご紹介しました。メーカーの努力があって市場(現場)からフィードバックする仕組みが取られています。

ほかにもユーザーから国土交通省に直接報告する方法でメーカーは不具合を認知します。こういった取り組みによって品質の向上や安全性の確保がされています。