ライフ

【新感覚】温かいチーズに浸けて食べるえびチーズフォンデュトリュフ

えびチーズフォンデュトリュフ

 

えびせんべいにチーズフォンデュ?どんな味だろう?と思って購入したのがえびチーズフォンデュトリュフです。

えびチーズフォンデュはクアトロえびチーズで有名な志満秀の和スイーツでトリュフの香る温かいチーズにえびせんをつけていただきます。かなり斬新な組み合わせですが、えびせんとチーズが非常にマッチしています。

今回はえびとチーズの専門店、志満秀のえびチーズフォンデュトリュフをレビューします。

 えびチーズフォンデュトリュフの内容物

えびチーズフォンデュの内容物

内容物はこちらです。

  • えびせんべい 10枚
  • トリュフパウダー
  • チーズソース
  • スプーン

このセットは小包シリーズで自分用や気軽に渡せる食べきりサイズです。えびチーズフォンデュは3種類あり、12袋(1袋2枚入り・チーズソース3つ)と20袋(1袋2枚入り・チーズソース4つ)で箱入りです。

小包シリーズは10枚ワンセットの包装なのですぐに食べきらないといけません。箱入りは包装が分かれているので3回もしくは4回に分けていただくことができます。

えびチーズフォンデュの食べ方

えびチーズフォンデュの食べ方

電子レンジと湯煎でチーズソースを温めます。お湯が必要なので断然電子レンジの方が簡単ですね。電子レンジの場合はフタのフィルムを剥がして500wで40秒。600wで30秒を目安に温めます。

湯煎の場合は器にお湯を注ぎ、チーズソースの容器をお湯につけて湯煎します。

左:温める前のチーズソースはカチカチです。右:電子レンジで温めた後はトロトロのチーズになりました。トロトロに溶けたらトリュフパウダーを投入します。

トリュフパウダーを入れたチーズソース

トリュフパウダーは白色の粉で黒色の粒が混じっています。良くかき混ぜればトリュフチーズソースの出来上がり。粉が細かいので玉になりにくかったです。

えびチーズフォンデュトリュフを食べた感想

えびチーズフォンデュトリュフを食べる

チーズソースはプロセスチーズと原材料名に書かれています。トロトロに溶けていますが本物のチーズフォンデュのように伸びるわけではありませんでした。

食べてみた感想は前回食べた『クワトロえびチーズ コンソメ&トリュフ』よりチーズ感がダイレクトで美味しい。えびせんべいの塩気とトリュフの香る濃いチーズ味が絶妙でビールやワインにも合います。

厚さ約2mmのサクサクえびせん自体も美味しくて、ついたくさん食べたい気持ちになる一品です。珍しいお菓子でお土産やご挨拶にお送りしても喜ばれる和スイーツです。

えびチーズフォンデュトリュフのがっかりポイント

えびせんをチーズに浸ける

すこし厳しいですがえびチーズフォンデュを食べて残念に感じたポイントは2つあります。

残念に感じたこと

1.チーズソースの入っている容器が微妙に小さい。一口かじると同じ向きでえびせんにチーズソースが浸けれません。最後の方はチーズソースが容器の端に残りえびせんですくうことが難しいです。えびせんに合った容器のサイズだとより良かった。

2.プラスチックの容器がオシャレではないこと。パッケージのイメージはチーズフォンデュポット(鍋)でオシャレな感じがしますが半透明のプラスチック容器では少し味気ない。

オシャレな女子会やお茶請けに持っていくと想定するともう少し高級感のある容器がよかったと感じました。

さいごに

残念な点をあげましたが個人的にえびチーズフォンデュトリュフは高評価なお菓子でした。えびせんべいに温かいチーズソースを浸けるって新しいですね。自分用やお土産にぜひどうぞ。

クワトロえびチーズは華やかでお土産や贈答に最適なえびせんべい   // 香川県観音寺市にある海老菓子を製造・販売している志満秀(しまひで)からお取り寄せした『クアトロえ...