ライフスタイル

楽天でんきは安くなる?メリット・デメリットと実際の電気料金を公開

楽天でんき

2016年からの電力小売全面自由化に伴い、新電力会社が本当にたくさん参加しました。どこで契約すれば良いのか迷うわけですが、「楽天ユーザーは楽天でんきにするとお得」というのを一度は目にしたことがあるはず。

  • 電気料金が安くなった
  • ポイントが貯まった
  • キャンペーンポイントが貰えた

知っているけど「手間・面倒くさい」と思って、まだ地域の電力会社(関西なら関西電力)で契約している方もいらっしゃるのではないのでしょうか。検討せずにそのまま継続しているのは正直言って勿体ないです。

この記事では、楽天でんきが本当に安くなるのか気になる方へ向けて、メリット・デメリットと僕が実際に利用した電気料金(請求金額)やポイント還元について公開します。

基本情報:楽天でんきとは?

楽天でんきとは2018年11月1日より開始した、【楽天エナジー】の低電力供給サービスです。その名の通り、楽天株式会社のグループ会社で楽天ユーザーを優遇しています。

特徴

  • 全国一律で基本料金0円
  • シンプルな料金メニュー
  • 楽天スーパーポイントが貯まる・使える
  • Webからいつでも電気料金・使用量が確認できる
  • 安定した電力供給
  • シミュレーションでポイントがもらえる
  • 新規申し込みで2000ポイントがもらえる

楽天でんきで特徴的なのが非常にシンプルな料金メニュー。電力エリアごとに従量料金は異なりますが、「個人・ご家庭向けのプランS」と「事業者向けのプランM」は基本料金が0円です。

にゃんすけ
にゃんすけ
個人・ご家庭向けならプランSしかないので、どのプランにするのか迷うことがありません。

利用開始の手続きが簡単

スマートメータースマートメーター
  • 申し込み手続きが簡単
  • 切替手続き・工事費用・解約手数料が0円

楽天でんきの利用開始手続きは、検針票などの契約情報を公式サイトで入力するだけです。旧電力会社の解約は楽天でんきが行ってくれますので、楽天でんきに申し込むだけで電力会社の切り替えが完了します。

もし検針不要(検針自動)の「スマートメーター」がまだ設置されていなくても、楽天でんきから無料で交換するように、電力会社へ勝手に依頼してくれて手間がかからず安心です。

にゃんすけ
にゃんすけ
交換工事は原則立ち合い不要ですが、在宅していたので見学していると、20分程度で作業が完了していました。

スマートメーターは各家庭に設置することを国が政策していますので、大家さんに断りを入れることなく交換可能。スマートメーターに交換済みのご家庭は、もちろんそのまま使うので電力会社の切り替えだけで、新たな電力会社としてすぐに利用を開始できます。

対象エリア

一部離島を除き、ほとんどのエリアが対象です。※事業者向けの楽天でんきプランM、大型エアコン、業務用冷蔵庫等を利用する動力プランは沖縄エリア対象外。

  • 北海道エリア
  • 東北エリア
  • 関東エリア
  • 中部エリア
  • 北陸エリア
  • 関西エリア
  • 中国エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア
  • 沖縄エリア
にゃんすけ
にゃんすけ
一部町村で対象外の地域がありますので、公式サイトよりご確認お願いします。

ページ最下部「注意事項」をクリックすると確認できます。
【楽天エナジー】

楽天でんきのメリット

楽天でんきを利用する一番のメリットは楽天ユーザーを優遇している点です。

楽天でんきのメリット
  1. 電気料金でポイントが貯まる
  2. ポイントで電気料金の支払いが可能
  3. 基本料金0円で使った分だけお支払い
  4. スーパーポイントアッププログラム(SPU)対象

電気料金が安くなる可能性が高いだけではなく、楽天グループでおなじみの楽天スーパーポイントが貯まって使えます。そしてスーパーポイントアッププログラム(SPU)の対象なので、楽天市場で買い物をする際もポイントがアップ。

それぞれについてご説明します。

電気料金でポイントが貯まる

200円につき1ポイント貯まる

電気料金200円につき1ポイントが貯まって、さらに電気料金を楽天カードで支払えば100円につき1ポイント貯まります。

にゃんすけ
にゃんすけ
つまり、200円の電気料金で3ポイントが貯まることに。

楽天ユーザーは楽天カードで公共料金を引き落としている人が多いと思います。それだけでも毎月ポイントが貯まりますね。今まで利用していた地域の電力会社では、電気料金としてお金を払っていただけなので、ポイント還元があるだけでお得です。※ポイント還元付きの電力会社もあります。

電気料金(月)6,000円12,000円18,000円
ポイント付与90ポイント180ポイント270ポイント

電気料金を楽天カードで決済した場合を簡単に計算してみました。

ひと月6,000円の電気料金を支払うと仮定すると90ポイントが付与されます。年間に換算すると1,080ポイントも勝手に貯まることに。会員ランクアップ対象で付与されるので、ダイヤモンド会員の維持にも貢献してくれますね。

スーパーポイントアッププログラム(SPU)の対象

SPU

スーパーポイントアッププログラム(SPU)の対象ですので、楽天でんきに「加入・利用」していると楽天市場のお買い物でポイント0.5倍が加算します。

基本ポイントが1倍=1%に0.5%を足すので

10,000円のお買い物×1.5%=150ポイント付与
100,000円のお買い物×1.5%=1500ポイント付与

もちろん購入金額やポイントアップ商品、カード払い、他のSPUで付与されるポイント数は変わります。楽天市場で買えば買うほどお得な訳ですが、以前までは+1倍だったのに改悪されて残念。

にゃんすけ
にゃんすけ
楽天市場であまり買わない人にはおまけ程度。沢山買う人にはメリットがあります。

ポイントで電気料金の支払いが可能

ポイントで支払い可能

50ポイント~30,000ポイント(1ポイント1円相当)まで使えて、楽天市場や楽天カードなどの他サービスで貯めたポイントも電気料金の支払いに利用可能です。期間限定ポイントも使用可なので、「楽天ポイントクラブ」や「楽天ウェブ検索」を使って普段から貯めているポイントも使えます。

にゃんすけ
にゃんすけ
一度設定すれば毎月のポイント払いが自動で適用されますので、うっかり全額カード払いになってしまうことも防げますね。
契約中に引っ越した場合は、施設(地域)ごとに再設定が必要です。

楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

楽天でんきのデメリット

ここからは楽天でんきのデメリットをご説明します。

電気使用量が少ないと割高

あまり電気を使わないご家庭で楽天でんきにすると、反って電気料金が高くなる可能性があります。

にゃんすけ
にゃんすけ
ここでは分かりやすいように「変動する燃料調整費額・再生可能エネルギー発電促進賦課金」は抜きで東京電力を例にご説明します。

楽天でんきの電気料金は「基本料金0円+使った電気」で、東京電力の一般的なスタンダードSプランでは「基本料金10Aにつき286円+使った電気」です。

節約をしていて、あまり電気を使わなかった場合をみてみます。

  • 楽天でんきの東京電力エリア:一律26.50円/1kwh
  • 東京電力:基本料金+第一段階19.88円/1kwh

アンペア数が低くて電気をほとんど使わない場合は、楽天でんきに切り替えずに、東京電力で「そのまま使っていた方が安い」という結果になりました。ほとんど家に居なくて、電気使用量が少ない人は楽天でんきに変更するとデメリットです。

ただし電気代のポイント付与や楽天市場のSPU倍率、季節も考慮しないといけません。電気使用量が少なくても、楽天市場でたくさんお買い物をすれば「切り替えて良かった」という結果になるかもしれないので難しいところ。

一度計算してみて頂きたいのですが、一人暮らしの場合でも快適に過ごそうとすると(ブレーカーが落ちない程度)30Aは欲しいので、基本料金が0円の楽天でんきに切り替えると、ほとんどの場合は安くなります

にゃんすけ
にゃんすけ
発電燃料の価格変動で燃料調整費額が上がっただけなのに、「電気代が高くなった」と勘違いしないでくださいね。

ちなみに調べてみると「基本料金0円(最低料金有り)」の地域が「関西電力・中国電力・四国電力・沖縄電力」で、ひと月にどれくらいの電気を使うかで結果が違います。必要であれば楽天でんき(楽天電気)でシミュレーションしてみることをおすすめします。

楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

セット割契約者は高くなる

オール電化出典:関西電力 はぴeタイムR

例えばオール電化や夜間電気など、ライフスタイルに合った割引が適用されている契約の場合は電気料金が高くなります。

電気給湯機とIHクッキングヒーター設置した時に適用する、関西電力の「はぴeタイムR」の場合は、外出しているであろう日中の時間帯は料金単価が高い。しかし、家族で集まる夜間は15.20円なので遥かに安いです。※楽天でんき関西電力エリアは一律22.50円

オール電化はガスの代わりにすべてを電気でまかなうので、夜間に使えば使うほどお得になって、さらに電化割引等の特典があります。基本料金の設定があってもオール電化から乗り換えると割高になる可能性が高いです。

一部地域の申し込みは30A以上の契約者が対象

楽天でんき公式サイトのプランS(個人・家庭用)契約に注意書きがあります。

※北海道、東北、東京、中部、北陸、九州電力:従量電灯B相当。現在の契約アンペア数が30~60Aのお客様が対象です。
※関西、中国、四国電力:従量電灯A相当。
※沖縄:従量電灯相当

引用:楽天でんき 料金詳細

言い換えると基本料金が必要な「北海道、東北、東京、中部、北陸、九州電力」の電力会社で、計量器のアンペア数が10~20A契約の場合は対象外です。北海道、東北、東京、中部、北陸、九州電力に契約中の方は現在が30A以上の契約中なのか確認しましょう。

30A以上に変更すれば切り替えが可能です。

しかし立ち合い工事が必要で、引込口配線の太さが足りないなど、工事の必要があると別途費用がかかる。そして賃貸は建物の所有者や管理人の承諾が必要な場合もあります。

一か月の消費電力が少ないなら、切り替えないままの方が安い可能性が高いです。

安くなった?楽天でんきを使った実際の電気料金

2LDK4人暮らしの我が家では、2019年3月より楽天でんきに切り替わりました(関西電力エリア)。

途中で消費税10%の増税があって分かりにくいところもありますが、実際にかかった電気料金やポイント付与を公開します。※3月は途中開始なので4月から。料金が確定したら1年分の2020年3月までを追記していきます。

燃料調整費額・再生可能エネルギー発電促進賦課金込みです。

電気料金/使用量とポイント付与

月(2019年)電気料金/使用量ポイント付与
4月7,967円/308kwh39
5月5,555円/215kwh27
6月6,072円/236kwh30
7月6,553円/256kwh32
8月1,1285円/444kwh56
9月9,435円/374kwh47
10月7,303円/291kwh36
11月7,571円/296kwh37
12月9,368円/367kwh46
月(2020年)電気料金/使用量ポイント付与
1月15,721円/617kwh78
2月13,157円/518kwh65

※上記表のポイント付与は楽天カードの決済分が入っていません。楽天カード払いにすると電気料金100円につき1ポイントがさらに貯まります。

2020年1月と2月はエアコンと乾燥機がほぼフル稼働で電気を使いすぎました…。他社のプランだと第3段階までいっていたので、基本料金がない楽天でんきのメリットは大きかったです。

楽天でんきに切り替えると安くなるのか?

関西電力の120kwh~300kwhの第2段階と300kwh超過分の第3段階に入っているので、電気料金だけを比べても楽天でんきが安いです

にゃんすけ
にゃんすけ
「基本料金0円+単価が低い」と間違いなく安くなりました。参考までに以前契約していたauでんきの料金表も貼っておきます。

関西電力と同じで最低料金が有りのシステムで、あまり電気を使わない場合は安いです。しかし120kwhを超えると楽天でんきの方が安くなります

にゃんすけ
にゃんすけ
燃料や再エネも電気使用量に応じて乗じるので、なかなか比較しにくいのですが、楽天でんきの良さが伝わりましたでしょうか。

楽天でんきのまとめ

楽天でんきのメリット・デメリットと本当に電気代が安くなるのかをまとめます。

楽天でんきはこんな人におすすめ
  • 基本料金なしで分かりやすいプランが希望
  • 楽天スーパーポイントを貯めたい
  • 楽天スーパーポイントで支払いたい
  • 楽天市場を頻繁に利用する(SPUの倍率アップ)
  • 電気を多く使うご家庭
楽天でんきキャンペーンで2000ポイント獲得しました

やはり楽天ユーザーにとってメリットがたくさんありますね。電力会社は3社目ですが、切り替えて良かったと思います。

3か月以上使うと2000ポイントがもらえるキャンペーン中ですので、初年度はもっと得をします。一度シミュレーションを使って検討してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:2000ポイントがもらえる詳しい条件はこちら
楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】