ライフスタイル

4月からパチンコ店も禁煙化!ユーザー離れが加速してもっと出さくなると思う

パチンコ屋で吸うたばこ

2020年4月1日から不特定多数の人が出入りする公共の施設で、屋内の喫煙が原則禁煙になります。これは改正健康増進法によるもので、タバコのイメージが強いパチンコ店も、もちろん対象

タバコを吸わない人からすると、主に「健康に悪い・煙たい・臭いが付く」の三大悪がパチンコ店から排除され、クリーンな空間になることは喜ばしいことです。

ですが、パチンコ・パチスロユーザーにとっては、「出すのか・出さないのか」が今後気になるところ。

今まで通っていた喫煙者が禁煙化によって客足が遠のくのは確実。なんたって醍醐味である”ドヤタバコ”が吸えないのですから。
※ドヤタバコ=大当たり中にご満悦で吸うタバコ

条件を満たせば喫煙ブースの設置は可能とのことですが、告知物を含めて高額な設備投資が必須です。

ただでさえ出玉規制で遊戯してくれるユーザーが減っているのに、原則禁煙化でパチンコ店側の利益が減ると、もっと出せない。

今後さらにユーザー離れがさらに加速していくことが考えられます。この機会に吸う人も吸わない人もパチンコ・パチスロから引退するべきです。

パチンコ店も禁煙化 もっと出さなくなると思う理由

煙
  • 稼働時間が減る
  • 禁煙化をしても新規顧客が増えるとは思えない
  • 今いる顧客からさらに搾取(回収)する

これからは上記のようなことが起こると予想します。

結果としては「打ちに来る人」と「遊んでいる時間が減る」ので、パチンコ店の利益が減って、もっと出さなくなる悪循環が生まれます

稼働している人が減ると、パチスロの美味しい場面を拾う”ハイエナ”も困難になりますね。

禁煙化のメリットである新規顧客の獲得ですが、インターネットや遊び場の普及した今の時代に、グレーゾーンのギャンブルであるパチンコ・パチスロに興味を持つ人は少ないと考えます。

そうなると、打ちに来た一人あたりから「更に回収する経営」を続けていくしか術はありません。

離席が増えて稼働時間が減る

空席

喫煙者が1時間に1回のペースで喫煙ブースに行くとします。1回の休憩が5分間だとすると、6時間稼働で25分、8時間稼働で35分の離席時間です。
※打ち終わりは含めない

パチスロ台は当たらなければ30分で1万円を使うので、タバコを吸うお客さん1人に付き約1万円の機会損失。

来店するお客さんの約半数が喫煙者ともいわれていて、パチンコ店から見ても、吸いながら遊んでもらえなくなるデメリットが大きいです

なかなか当たらないとイライラして正常な判断が出来なくなります。どうなるかというと、熱くなってお金をつぎ込みまくります。

ドヤタバコ以外にも、イライラした時にタバコを吸う訳ですが、これも機会損失なんですよね

よっぽどの依存者ではないと、離席して喫煙ブースに行くことで頭が冷えてしまいます。「何やってんだろ。帰ろ。」って感じで。

禁煙化で「離席や引退者」が増えると、さらに稼働率が下がって確実に利益が減ります。

禁煙化で新規顧客は増えない

「客が遊んで出た⇒景品に交換⇒交換所で現金化」の三店方式が、なぜかパチンコ店だけ許されている営業形態。

世間からは娯楽としてのイメージが悪く、パチンコ・パチスロアンチがたくさんいることも確か。

仮に「パチンコが趣味の人」と「釣りが趣味の人」がいるとして、その人の中身を知らなくても趣味を聞くだけで、人柄の印象が違ってくると思います。

それくらいイメージが悪い娯楽ですね。

遊びに行く場所はいくらでもありますし、家に居てもネットゲームをしたり、サブスクであまり費用が掛からずに映画や漫画を一日中楽しめます。

今のご時世、わざわざ「お金がかかる・うるさい・ダサい遊び」を選ぶ人がいるのかなと

「禁煙化で新規参入する人や戻ってくる人」よりも「禁煙化で離れていく人」の方が多いことは容易に想像できます。

ですので、たとえ禁煙化でホール内の空気がクリーンになっても、新規顧客が増えるとは考えにくいです

最近、分煙・禁煙化で「快適になる」とアピールしているパチンコ店が多いですが、これからは快適に負け続けます。

少ない客からさらに搾取する=設定を入れない

スロット台※パチスロのイメージ

パチンコ・パチスロで遊んでくれるお客さんがいないのだから、来店している数少ない人から吸い取るしかないですね

簡単にいうと設定を入れない。

パチスロの6号機になってからは、あからさまに設定1はずっと右肩下がり、設定6はずっと右肩上がりの出方をするようになりました。

昔は設定1だとしてもヒキが良ければ、大勝することも多かったです。今は「一撃」がないので無理ですね。

余談ですが、裏返っている台もたくさんあって「豆電球のジャグラー」で万枚以上を出す人が連日のようにいました。

他にも30φ(=ファイ。昔はパイだった。)のAタイプ沖スロ「ゴールドシオ」でも、1G連(1回転当たり)が連続5回なんて無茶苦茶な出方をしていたのを覚えています。

まぁ今は薄いところを引いても2,400枚の規制があって一撃でも出ない。低設定で万枚を出すことはほんとにムリゲーで、設定を下げれば安定してお店側が勝つことができます。

ユーザーもバカじゃないので、ずっと右肩下がりの台は打たないんですよね

1000~2000回転もすれば、設定の上下は比較的簡単に判別がつく台が増えていて、ダメならすぐに空席になります。

6号機になってからはさらにお客さんが減少していて、「儲からない⇒設定を入れない」の悪循環が顕著になりました。

弱小店はバタバタと倒産していくのも目に見えていて、これからは体力のある大手パチンコ店しか生き残れないです。

しかし、大手店舗はお客さん同士の競争が激しく、良い設定の台を取れる可能性が低いという罠があります。多くの人がいるなかで勝てる人は一握り。

毎回、勝てるはずがなく打ちに行けば行くほど圧倒的に負け越します。

さいごに

パチンコ店の原則禁煙化が始まると、非喫煙者にはメリットに見えて実はデメリットになる可能性が高いです

今後さらにユーザー離れが加速していき、「出ない・出せない」の悪循環が続いていくと考えます。

「勝てない状況、ユーザーの流出」を抑制するには規制の緩和しかないのですが、まぁそんなことはしないですよね。

カジノ実現のために「ギャンブル依存症対策基本法案」が提出されて、パチンコ屋の営業も規制の対象になったばかりですから。

どう考えても打ち手には不利な状況になりました。この機会にタバコを吸う・吸わないは関係なく、パチンコやパチスロは辞めるべきです。

パチスロ
【パチスロをやめたい人へ】依存症を克服するには金銭感覚を取り戻せ こんなお悩みを解決に導きます。 この記事を書いている僕は元スロッカスでした。今は完全に自分をコントロールできているので、まった...