アタックフォーメーション!

元ディーラー整備士が車業界から飲み物まで様々なテーマを本音で綴るブログ

アタックフォーメーション!

中山寺 御鐘緒の読み方/由来と心得の内容が面白いのでご紹介

宝塚 中山寺

 

 兵庫県宝塚市にあります中山寺で「御鐘緒」をいただいてきました。

妊娠5か月の戌の日に安産祈願を行いお寺でもらってきた腹帯を巻く習慣があります。

中山寺-御鐘緒の読み方と由来

御鐘緒の読み方は「おんかねのお」です。御腹帯のことですが中山寺独特の呼び方だそうで他の寺社ではあまり使われないようです。

平安時代後期、八代目多田城主 源行綱(多田行綱)は、妻の不信心に悩まされていました。その妻の悪態を、当山の観音さまが鐘の緒をもって戒められたと伝わっております。

それから行綱夫婦は人もうらやむほど仲睦まじくになったことから、子授かりの信仰や、安産祈願のお寺としてお参りをする人が多くなったと言われています。

以来、「中山寺の鐘の緒」と言われ今でも保存されており、出産の無事安泰を守る「安産のお腹帯」として数百年たえることのない日夜の祈念をいたしております

鐘の緒とは?

中山寺では安産のお腹帯を「鐘の緒」と呼んでおります。「鐘の緒」とは、お堂の鐘を打ち鳴らすための大綱のことを言います。

古くは、その鐘の緒を少しづつちぎって、安産のご利益を頂戴していたと伝わっております。現在ではその代わりに、僧侶が「本尊十一面観世音菩薩」と書き入れたさらしに、安産のご祈祷を施し、妊婦さまにお授けをしております。

御鐘緒

こちらが中山寺の安産祈願でいただける御鐘緒です。この外帯に源行綱のエピソードが書かれています。

御鐘緒の内容物は?

中山寺の御鐘緒セットにはお参りの説明パンフレット、妊娠中の心得、安産のお守り、護符、ろうそくが入っています。

護符とろうそくはいよいよの時に使用します。

護符の赤い文字を上にしてコップの水に浮かべて観音さまにお供え下さい。

いよいよ産気づけばこのおろうそくに認可して観音さまに祈念して下さい。

お供えどころではなかったです

 一人目の時、結構パニックでそれどころではなかったです(笑)

後日、お祈りされたお札が郵送で送られてきます。だいたい一週間程度で届きます。このセットでご祈祷料7000円です。

特別祈祷もあります

特別祈祷という安産祈願があります。僧侶からご本人が直接シャンシャンしていただけるグレードアップ版です。特別祈祷は御腹帯が2本になって祈祷料20000円です。なかなか高額なので通常版でお願いしました。

土日祝など参拝客が多いときは一括でシャンシャンしてもらいますので平日の参拝客が少ないときが僧侶を独占できてお得?です。

 

 

御妊娠中の心得がなかなか面白い

中山寺 御鐘緒

内容物の中にある「御妊娠中の心得」の内容が面白かったのでご紹介します。

妊娠中の胎教について胎児が母親の身体と精神の影響を受けて善くも悪くもなるので母親の精神生活と肉体生活を理想的に調整しましょうというものです。

妊婦の心の持ち方及び見聞

「妊婦の心の持ち方及び見聞」という項目に眼、耳、鼻、舌、身、意について書かれています。

「火事、変死体等悲惨なものは一切見ないように」「朝日の昇るのを見ても無関心ではなく大きな心をもって見ること」「嫌な音、きしむ音、悪い音、悪口は一切聞かないこと」

「強い嫌悪を感じるにおいや悪臭を遠ざけるべき」「悪口、お世辞、人の批評もせぬこと」「規則正しい生活をすること」「不浄の地、競輪、競馬、パチンコ、卑俗な映画等には足を入れないこと」

「心を汚し易い所へ行かぬこと」「不肖化物や刺激の強い山椒胡椒、カレー、唐辛子、濃い茶、濃いコーヒー、酒類は極力避ける」「早寝早起きで8時間睡眠がよい」「激しい働き方や腰の冷えるようなことはしてはならない」

胎教に音楽を聞こうとあるが

最後のあとがきのようなところに胎教の一つによい音楽を聞き、よい歌を歌うこととあるが宝塚歌劇団が作曲した「中山観音奉讃歌」と「いつも楽しく」の楽譜と歌詞が添えられておりご利用願います。と書かれている。

さすが宝塚市にあるお寺。宝塚歌劇団の宣伝まで入っていてなかなか面白い。

妊婦の心の持ち方及び見聞は全体的に良いことを言っているのですが『変死体を見ないように』『卑俗な映画等には足を入れないこと』と書かれていて突っ込みどころが多いです(笑)

この心得の冊子の裏側に中山寺の住所電話番号が書かれているがHPのURLも書かれていて現代的だなと感じました。

せっかくいただいた腹帯ですが使わずに大事に飾っています

奥さんは中山寺でいただいた腹帯を使わず電磁波防止腹帯を使用しています。これもなかなか現代的なものですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。