今売れているAmazonパントリー>>

GT系インプレッサスポーツに社外品のワイドナビを取り付ける方法

新型インプレッサスポーツに7インチ200mmの社外ワイドナビゲーションを取り付ける方法をご説明します。

GT系インプレッサスポーツは1DINサイズ(180mm)のみ対応でワイドサイズ(200mm)は取付不可です。

200mmワイドナビを取り付けようと思うと、スバル純正用品のナビゲーションを購入しないといけないのですが、お値段が少し高い。

スバル純正用品ナビゲーションのメリットは、車両とナビがリンクしていたりインフォメーション画面に表示が出たりと優れています。

しかし、その機能は別に要らないと思う方もいらっしゃるはず。

「ナビの基本的な性能だけで良い」「少しでも費用を抑えたい」「外品ワイドナビを取り付けたい」という方にご参考になればと思います。
※2018年3月登録オーディオレス車両 過去にみんカラ投稿していた内容です。

タップできる目次

インプレッサスポーツにワイドナビを取り付ける為には?

外品ワイドナビを取り付けるには少しだけ加工が必要。

その理由は、パネルが邪魔をしてワイドナビが入らないからです。

ナビパネルをカットする

インプレッサスポーツのナビパネル

ナビパネルを取り外した状態です。マスキングテープで養生していない部分の幅が狭くてノーマル状態ではワイドナビが入りません。

ってことでぶった切ります

マスキングテープで養生してから「のこぎり(弓のこ)」でごりごり切りました。切れたら上の小物入れと下のパネルが残ります。

あとはナビを通常通りにビス止めして、上下二つのパーツをナビの上下にはめ込むだけです。

ネジ等の固定用具は使わなくても、パネル裏の爪がそのまま使えるの押し込むと固定できます。

養生していない部分は使いません。

切断面を滑らかに研磨して黒色で塗ると目立ちにくい

インプレッサスポーツ 社外ナビ ワイド

とりあえず試しに付けた状態です。

切断面がデコボコしてささくれているので、後で細かいペーパーで磨きました。白っぽくなる切断面は暗めの色で塗装すると目立ちにくくなります。

塗料がなければ黒色のマジックでもOKです

インプレッサのナビゲーション

ナビ左上と右上の隙間は、エアコン吹き出し口が少し広がるように斜めになっていて、無理やり取り付けているのでどうしようもないですね。

切ったパネルを再使用しようと思いましたが入りませんでした

画像では隙間が大きいように見えますが、運転席や助手席から実物を見てもほとんど気になりません。

ちなみに、ディスクを挿入するためにパネルを開閉させてもパネルと干渉しませんでした。3年間、この状態で乗りましたが問題なしです。

ガタつきや異音が発生する場合の対処法

上の小物入れが少しガタつく場合は、隙間埋めテープを挟むことでしっかり固定できます。

こんな感じの分厚いクッションタイプがおすすめ。適宜カットして使用します。

本当はどこかのメーカーさんがインプレッサスポーツにも7インチワイドナビ用のパネルを作ってくれたらいいのですが、ネット通販で見つからないので未だに発売されていないと思います。

ナビを取り付けるステーは何を使った?

社外ナビの取付ステーはこちらを使用しました。

取付ステーと変換ハーネス(ラジオ込み)が入っています。

外品ナビ(パナソニックのストラーダ)を取り付けるには、ナビ取付キットがあれば大丈夫です。

バックカメラなどオプションを取り付ける場合は、別途変換ハーネスが必要な場合があります。

今回ご紹介した方法はメーカー推奨の取付方法ではないので自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる