カーディーラー

修理の見積もりは整備士によって金額が違う場合がある

自働車を修理する工具

 

自動車に不具合が発生した場合、基本的に保証期間内であればディーラーで無料の修理をしてもらえます。しかし使用者の過ち、外的要因、保証期間切れ等の故障は有料で車を修理します。

有料の修理(整備)を行う前に必ず修理内容・金額の見積もりを確認しますよね。修理費用=工賃(作業代)+部品代ですがこの金額が見積もりを作成する整備士によって異なる場合があるということをご存知ですか?

  • 整備士Aに見積もりをお願いすると修理代金の総額が9,000円
  • 整備士Bに見積もりをお願いすると修理代金の総額が7,400円

このように同じ整備でも修理にかかる金額が高かったり安かったりすることがあります。今回は整備士によって修理の見積もり金額が違う理由をお答えします。

 整備士によって見積もり金額が違う理由

見積もり金額が違う理由の一つに整備士の作業時間が関係します。まずは修理金額の算出についてご説明します。

修理金額の詳細

修理金額=整備工賃(作業代)+部品代の中の整備工賃についてです。整備工賃は以下の内容で決定します。

整備工賃=レバーレート×標準工数(標準時間)

レバーレート

レバーレートとは一時間当たりの整備に発生する整備代のベースです。一時間当たり8,000~10,000円で設定しているディーラーが多いかと思います。ディーラー独自で設定しているので地域によって金額が異なります。

標準工数(標準時間)

標準工数(標準時間)とは一つの整備をした時に『これくらいの時間で終わるだろう』という時間をメーカーが設定しています。車種・年式・型式などで異なりますが、例えばブレーキパッドの交換に30分と設定されていたら標準工数に0.5hを入れます。

レバーレート8,000円でブレーキパッドの交換が30分だとすると整備工賃は4,000円です。

標準時間の設定がない

実はすべての整備内容に標準作業時間が設定されている訳ではありません。設定がない整備は実時間として請求します。

実時間とは実際、整備にかかった時間を標準時間に設定することです。30分かかったのなら0.5h、一時間かかったのなら1.0hを標準時間に整備士が決めることができます。

標準時間の設定がなくて何が問題かというと、整備完了にどれくらいかかのか予想の段階で見積もりを提示しなければならない。まだ作業をしていないのに何分で終わるかわからないですよね。

ボルトが固くて緩まないかも知れない。作業しにくい体勢なので時間がかかるかも知れない。すこし多めに設定しておこう・・・

  • レバーレート8,000円×作業時間0.5h+部品代5,000円=9,000円
  • レバーレート8,000円×作業時間0.3h+部品代5,000円=7,400円

感覚で設定した作業時間が0.2h(12分)違うだけで同じ作業なのに1600円も違ってきます。レバーレートが上がるほど、作業時間が長いほど金額差は大きくなる。これは部品単体交換のような単純な作業でも起こり得るお話です。

部品の値段が同じなのに整備士によって見積もりの工賃が違う理由は標準時間が定められておらず、予測で作業時間を設定しているからです。

整備士の判断

もう一つの理由は部品です。『部品を交換する』といっても新品に交換するのか中古品に交換するかで値段が違います。中古品はリビルトパーツと呼ばれる再生品で、部品によっては新品の十分の一くらいで取引されています。

会社の方針があり従わなくてはならないのですが整備士は個人プレイのようなところがあり判断がある程度任されています。

  • 新品派
  • 中古品派
  • 手直し派

高いけど確実な新品。リスクがあるけど安価な中古品。どこまで持つかわからないけれど応急処置的な手直し。お客さんがあと何年この車に乗るのか?予算は?お金がかかっても完璧に直したいのか?とりあえず乗れるようにするのか?

有料で修理することをどの様に考えているかを加味して見積もりを作るのですが、最初に新品交換の金額を提示するのか中古品交換の金額を提示するのかを判断するのは整備士です。

フロントマンがすべての見積もりを作成するディーラーもあります。しかし車を見た整備士自身が見積もりをする場合は金額にバラつきがでます。社内の方針には従うべきですが整備士の性格によって考え方がバラバラなので見積もり金額に差が出ることがあります。

さいごに

ベテラン整備士は経験豊富で手馴れているという意味で作業が早いですし、全体の時間が読めます。若手は多めの作業時間を設定する傾向がありました。修理書を見ながら車の整備をすると当然、作業時間が長くなるので作業時間を確保するために保険を掛けるような。

整備内容・金額を不審に思われたのであれば理由を聞いてみるか、別の整備工場でも見積もりを出してもらうようにして下さい。