アタックフォーメーション!

退職代行で突然仕事を辞めた30代1児のパパ(元自動車整備士)収入なくなって本当にどうしよう/(^o^)\

アタックフォーメーション!

自動車整備士7年目の給与明細が出てきたので手取り公開する

自動車整備士 手取り

 

片付けをしているとクローゼットの奥から整備士時代の給与明細が出てきた。入社してから7年目の給与明細です当時の生活と会社に言いたいけど言えないことをここに書き綴っていきます。

自動車整備士(正社員)7年目の手取り額

出てきた給与明細で一番古かったのが2012年5月。

7年前で正社員7年目のお給料です。

勿体ぶらず早速ですがはい。どうぞ。 

給与明細 正社員

7年目で14万円弱!

このころは年間休日が102日だったと記憶しています。

世間一般的に年間休日はどれくらいあるのでしょうね。カレンダー通りに休みがあって年末年始のお休みを含めると120日前後というところでしょうか。

120日お休みがある人と比べて年間18日も多く働かないといけないうえに給料が少ないのも悲しいです。

初任給は?

初任給は16万円だったと記憶しています。物価の上昇や昇給(昇級)システムの変更があってあとから入ってきた後輩の方が初任給が高く、給料が負けていたのも納得いきませんでした。

一年で基本的に3000円の昇給があってよっぽど優秀な成績だと5000円アップしたりよっぽどダメだと1000円とか2000円に減らされます。もう一度言いますが基本的に3000円です。

一年経験を積むごとに月に3000円お給料が増えるのですが税金、年金、保険、組合費が上がるので月に3000円増えたくらいじゃ追いつかないのです。

入社して1年目より3年~5年目くらいの方が手取りは少なかったと思います。 

昇給(昇級)システム

このようにランク付けされていました。

ルーキーエンジニア3、2、1→エンジニア3,2,1→ベテランエンジニア3,2,1

→トップ→店長→部長とか取締役とか偉い人

※名称は変えています

このランク付けの何がいけないかって細かい。細かいうえに滞在するランク内で給料の上限が決められていて頭打ちするのです。

例えばエンジニアの上限が20万円だったとすると何年務めてようがベテランエンジニアに上がらない限りずっとお給料は20万円です。

会社から嫌われてしまうとアウチです。昇給できないので20年以上働いてる先輩より僕の方がお給料もらってました(;^ω^)

評価の仕方も不透明なところが多く結局は好き嫌いで評価しているのではないかと感じました。

車の整備で優劣の優をつけるところなんてないですからね。きっちり整備して当たり前の世界。じゃあ用品販売の実績?特に個人別で何個売ったかカウントしてたわけでもないですし。

やっぱりその人が出来る人か出来ない人かは「イメージ」ですよ。

頑張っているのになぜか昇給できない人はいずれ頑張らなくなります。怒られない程度のギリギリのラインで頑張るようになります。 

14万円弱の手取りで当時の生活

もちろん実家暮らしです。一人暮らしなんてとてもじゃないです。でも少ない手取りでこの業界に務めているので車は保有していました。

ガソリン代、税金、保険、メンテナンス代と車にかかるお金と家に入れていたお金を除くとほとんど貯金できなかったです。 

社会人になって飲み会や合コンの席で「給料いくらもらっている?」という話題にもなるかと思います。

「14万円弱です!」とはとても言えなかったです(笑)

14万円弱って言われたらどうですか?ないですよね。

その場にいる同年代の女性にも普通に負けてましたからね。同級生の大手不動産に勤めていた人はすでに30万円超えていると言っていたしビル丸ごととか大きな契約が取れれば7桁の臨時ボーナスが入るとも言っていました。

ジェラシー!

 

給与が低いと離職率が高い

自分が働いた成果がお給料として反映されないとモチベーションの低下へつながります。実際に離職率は高いです。同期が11人いましたが今月僕も退職するのであと2人しか残っていません。じゃあ人を補充したらどうか?

「求人をかけても募集がない」と...

そりゃそうだろ!給料低いし休み少ないんだから!

条件悪い会社に誰が好き好んで入ってくるか。

「自分の会社名+評判+社員」と検索すると社員や元社員の口コミが見れて面白いので試して欲しいです。良いことたくさん書いてあったらホワイトかも。悪評ばかりならブラックかも。

僕が就職活動するころにはインターネットはすでに普及していたがこれは知らなかった。現代っこはこういうところも参考にして就職活動するそうです。

いままで隠せていたことがインターネットによって明るみに出ることはすごく良いことだと思う。

サービス残業や休日出勤。人件費削減という名の低賃金。こういったことを正したことで利益が確保できなくなったり人手不足になったりするのは自業自得。

社員をバカにしてはいけない。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ

www.attack.work