アタックフォーメーション!

元ディーラー整備士が車業界から飲み物まで様々なテーマを本音で綴るブログ

アタックフォーメーション!

怒り爆発!ディーラーへクレームを入れる効果的な方法

ディーラーへクレームを入れる

 

 ディーラーのスタッフは人間ですので必ずどこかでミスをします。営業マンは書類のミスをするでしょうし、整備士は整備ミスをします。自動車は機械で必ずどこかのタイミングで故障します。

  • 車のグレードや色を間違えて発注
  • 説明不足
  • お金のやり取りの不手際
  • 書類の間違い
  • 個人情報が他人へ渡る
  • 新車なのに故障(エンストなど)
  • 整備後、車にキズが付いている
  • 車の不具合が直らない

しかし軽微なことが度重なったり、上記のようなありえないミスや故障が発生すると誰でも怒ります。ディーラーが誠実に対応してくれるならまだ良いですが、クレーム対応が悪かったり相手にされず放置されるなんてことあると怒りが頂点へ達します。

ディーラーへ強くクレームや苦情を入れたい時に効果的な方法は何か?それは自動車メーカーのお客様相談センターへ電話することです。

ディーラーへクレームを入れる効果的な方法

店舗へクレームを入れると

 例えば車のグレードや色を間違えて発注し、納車日を迎えた場合は営業マンや店長の権限ではどうすることもできないので本社(本部)へ相談し重大な案件として発覚します。

しかし訂正や手直しで済むような案件は店舗内で解決してしまう可能性があります。複数回、不手際が起きていても店舗内で解決しているのであればクレームがあったことを上層部に報告していないかもしれません。

これでは指導・教育がされず本人のレベルアップには繋がりません。今後、同じようなミスを再発する可能性が残ります。

メーカーのお客様相談センターへクレームを入れると

メーカーのお客様相談センターへクレームを入れるとまず本社(本部)へ伝わります。お客様相談センターへクレームを入れることによって直接ディーラー上層部にクレームがあったことを認知させることができます。

そして本社(本部)から店舗へ苦情の詳細が伝わりお客様に対してしかるべき対応をします。どういった対応をしたのか、お客様は納得したのかをメーカーに報告書を提出しなければいけません。

クレーム先の違い

店舗:下から上へ

メーカー:上から下へ+メーカーへ結果報告

クレームをお客様相談センターに入れるのが効果的

店舗へクレームを入れるより結果報告をしなくてはいけないメーカーのお客様相談センターへクレームを入れた方が、誠実に対応してもらえる可能性が高くクレームとして効果的です。

お客様相談センターに電話する時の注意点

会話が録音される

 最初にガイダンスで案内があると思いますが、一般的にお客様相談センターとの会話は録音されています。どんなに怒っていても暴言は吐かないようにしてください。

録音された会話は文字になる

ディーラーへクレームの詳細を伝える為に録音された会話は事細かく文字として起こします。会話以外でも例えば(舌打ち)や(ため息)のように表記され、どういった口調なのか、どの程度お怒りなのかもクレームの詳細として記録される場合があります。

本部からメールで送られてきた詳細を社内で共有し再発防止に努めるので、店舗内のスタッフ全員が会話の内容を知ります。暴言や無茶苦茶なこと言うとこれまでの関係に亀裂が入ったり最悪の場合はディーラー側が顧問弁護士に相談することも考えられます。

 

本当にクレームを言っていいか迷った時は

 ディーラーまたはメーカーに明らかな怠慢や落ち度がある場合はクレームを言うべきです。しかし、車には詳しくなかったり車業界の常識を良く知らないという方も多いはずです。クレームを本当に言って良いのか迷った時は中立な立場の第三者に相談をしてみることをおすすめします。

相談・お問い合わせ先は以下のところがあります。

整備に関するものや販売店の対応・契約、商品性に関するものなど、クレームの内容によって相談・お問い合わせ先が違います。詳しくは下記リンクの国土交通省自動車局審査・リコール課 自動車のリコール・不具合情報にある、よくあるお問い合わせをご確認ください。

>>自動車に不具合が生じた場合はどこに連絡をしたらよいのですか|自動車のリコール・不具合情報

さいごに

 期待が大きければ大きいほど裏切られた時にクレームが大きくなります。クレームは文句ではなく『改善要求や指摘』ですのでディーラーのためにもなります。

まずは自分がどういった状況に置かれているかを整理する。自分の考えが正しいのかわからない時は中立な立場の第三者へ相談し、常に冷静になることが大切です。