アタックフォーメーション!

退職代行で突然仕事を辞めた30代1児のパパ(元自動車整備士)収入なくなって本当にどうしよう/(^o^)\

アタックフォーメーション!

油こし器コスロンの使い方と実際に使ってみて僕の評価と口コミ

油こし器

 

揚げ物は美味しいですが油の処理に困ります。固めて捨ててもいいのですがもったいない。油こしをしてもあまり綺麗にならない。コスロンに出会ってから油こしが楽しくなりました!

コスロンってご存知ですか?超多層ろ紙を使った油こし器オイルポットです

奥さんが楽天市場で購入して僕は最近コスロンの存在を知りました!

揚げ物をしたあとの油こし器+オイルポットです。

なんと25年で110万個の販売実績だそうです。そんな昔からあったんですね(;'∀')

ご家庭で使う場合でも十分経済的ですが揚げ物を扱うお店用に業務用もラインナップされています!大量の油を再利用出来たらすごく経済的ですね。

コスロンのフィルターは200枚構造

コスロン フィルター

コスロンのフィルターは白いドーナツ型で厚さ3cmほどです。

なんと200枚重なっている構造です。

200枚を全部広げると一畳分の広さになるほどの総面積だそうです。

このフィルターを古油が通ることでキレイな油に再生できるのですね。

コスロンのフィルターは油のにおいも取り除いてくれる機能も備わっているので使い古した油の嫌なにおいも低減できます。

ろ過することでトランス脂肪酸もしっかり除去してくれるそうです。どろどろやにおいも取り除いてくれるので古油を捨てずに継ぎ足すことで油の使用量を減らすことができます。

 

コスロンフィルターの使用期限

フィルター コスロン

こちらがコスロン専用フィルターの外箱です。

ろ過紙は1個で2~3回使用できますと記載されています。

ですが公式HPによると

コスロンのフィルターには使用回数ではなくて使用期限を設けています。

1度使ったフィルターは、7~10日を目安に交換してください。

使用期限内は、汚れがたまるまで何回でも使えます。

 と記載されています。

揚げ物をする回数にもよると思いますが感覚的には1週間経ったら交換した方が良いです。ケチっていつまでも古いフィルターを使っているとキレイにならなかったことがありました。

その古油をまた新しいコスロンフィルターで通すとキレイになりました(笑)

1週間に一度だけ揚げ物をするご家庭より頻繁に揚げ物をするご家庭の方がより経済的ですね。どちらかというとご年配より育ちざかりのご家庭向けかなと思います。

 

実際にコスロンでろ過してみました

油使用後

 

コロッケとポテトを揚げた後の油をろ過してみます

お見苦しくてすいません(;^ω^)

業務スーパーで購入した冷凍コロッケとフライドポテトを揚げました。もともとコスロンでろ過した油なのでキレイなように見えますが実物を見ると少し茶色くなっています。なにより焦げがたくさん残っていてこれを取り除くには大変ですよね。

 

コスロンの使い方は簡単!フィルターをセットして流し込むだけ

コスロン 焦げ

油はよく冷ましましょう

油をよく冷まします。熱いと危険ですからね。

白いドーナツ型のフィルターをコスロンにセットします。

底中央に置いてからズレないように付属の重りを置くだけです。

それから金網型のフィルターをセットして古油を流し込みます。

大きな焦げが取り除けました。

 

コスロン 汚れ


しか~し!!

細かい焦げが無数に浮いています。この細かい焦げを取り除くのは困難です。

油に膜が張ったようなにごりもあります。

油の色ですがこの画像で少し茶色くなっているのがご確認していただけたかと思います。

あとはじっくり待つだけ!200枚の超多層フィルターなのでなかなか下のタンクに油が落ちてきません。揚げ物の途中で油が汚れたからろ過しようとは思わないでください。

1時間以上は余裕でかかります。

 

 

コスロンでキレイになった油がこちら!

コスロン 使用後

 

どうでしょう!かなりキレイになりました!

換気扇のライトを消した画像がこちら↓

 

コスロン 使用後


画像ではわかりにくですが新油よりすこし茶色がかっています。

超多層フィルターを通ってもさすがに新品の油にはなりません。

ですがフィルター通過前に比べると許容範囲です(^^)/

 

フィルター製造メーカーが本気で考えたコスロンの実力をおわかりいただけたと思います。

経済的に健康的に揚げ物ライフを楽しみましょう!

油こし器 カラーコスロン《イエロー》 ds-161330

油こし器 カラーコスロン《イエロー》 ds-161330

 

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

 こちらの記事もどうぞ

www.attack.work