ライフ

過敏性腸症候群(IBS)は治る!完治するまでの道のり

過敏性腸症候群 治った

 

数年前、過敏性腸症候群(IBS)を自力で完治することができました。ことあるごとにお腹が痛くてトイレに駆け込む毎日。いまは克服できて普通の生活を送っています。

個人によって症状は様々ですが過敏性腸症候群は大きく分けると下痢型とガス型が存在します。僕は下痢型で外出することも億劫でしたし特に電車や会議はトイレに行くことができず苦痛でした。

このブログでは過敏性腸症候群が治った経緯をお伝えします。すべての人に当てはまるかわかりませんがご参考になればと思います。

過敏性腸症候群(IBS)が完治するまでの道のり

内科で腹部のレントゲンを撮り問題がなかったことから過敏性腸症候群と診断されました。処方された強い下痢止め薬は気持ちが悪くなるので服用しませんでした。お腹を下しているのに薬で止めているのでいつまでもスッキリせず、ずっと不安な状態になって僕には逆効果でした。

市販の整腸剤や下痢止め剤を服用していましたが過敏性腸症候群には効かずお守り程度の気持ちで服用し常にポケットに忍ばしていました。

電車に乗る前が一番つらい

一番ダメだったのが電車に乗る前です。閉鎖的空間でトイレへ行けず不安になります。電車にトラブルが起こり長時間閉じ込められたらどうしようといつも考えていました。電車に乗る前に必ず駅のトイレに行くのですが通勤時間は駅のトイレが混んでいて我慢するのがつらかったです。

その他に会議や飲み会がある日は不安で朝からずっとお腹の調子が悪かったです。このままではいけないと思ったので原因を探ることにしました。

お腹を下す原因を追及する

  • 朝食を食べてすぐ
  • 出勤前
  • 電車に乗る前
  • 電車に乗っている最中(一駅でもツライ)
  • 駅から会社まで移動時
  • 朝礼前
  • 昼食中
  • 昼食後
  • 退勤前
  • 会社から駅まで移動時
  • 電車に乗る前
  • 電車に乗っている最中
  • 駅から自宅まで移動時
  • 夕食中
  • 入浴前
  • 入浴中

トイレに駆け込みたくなる場面です。改めてトイレに行きたくなる場面を確認してみると移動中や電車に乗る場面などすぐトイレに行けない時にお腹を下しています。逆に平気だったのが休日です。外出する予定がなく自宅にいる時はまったく平気でした。

トイレに行けない不安=ストレスが原因で過敏性腸症候群を発症していると確信しました。

ストレスは溜め込まない・なにごとも気楽にとらえる

神経質になりすぎるとストレスになります。ストレスを溜め込まないことが重要です。神経質になっていることは自分では気が付きにくく、例えば走行中の電車に『トラブルが起きる』なんて普通は考えません。食事中に『席を立っては失礼』と考え過ぎることもストレスの要因になりえます。

『お腹が痛いキャラ』をあえて演じることも有効な策のひとつと考えます。『お腹が痛いキャラ』が定着すれば仕事や会議の途中で抜け出しやすくなります。いつでもトイレに行けると自己暗示することで不安な要素を軽減することができる。

低FODMAP食は関係なかった

低FODMAP食とは
  • F:発酵性
  • O:オリゴ糖
  • D:二糖類
  • M:単糖類
  • A:および
  • P:ポリオール

これらの頭文字を並べたものです。特定の食べ物に含まれる炭水化物をなるべく避けることで過敏性症候群の症状が改善されると臨床実験で証明されています。特定の食べ物に小麦(パン、うどん、パスタ)や玉ねぎ、にんにく、果糖(ジュース等)、人工甘味料、牛乳、ヨーグルト、大豆などが含まれています。

しかし特定の食べ物は避けることなく普段の食事で食べていました。毎朝、朝食に食パンを食べていましたしジュースも飲んでいました。納豆も好物でよく食べていました。特別な食事制限をしなくてもストレス性の過敏性腸症候群は克服できます。

  • スナック菓子
  • キムチ(辛いもの)
  • アイスクリーム

上記3つの食品は相性が悪く下痢になる可能性が高いので避けていました。それぞれ個人差がありますので何を食べたらお腹を下す症状が現れるのか見極めが必要です。

安心して外出する為にしたこと

まず安心することが過敏性腸症候群にとって重要だと考えます。

トイレに長時間こもるのではなく短時間を複数回に分けます。不思議なことにトイレから出た途端にまた腹痛が起きますよね。表現が難しいのですが外出先のトイレに行くの分を先に自宅のトイレで済ますイメージです。

長時間トイレにいるとスマホを見ることが多いと思います。スマホを見ていると排泄に集中できなくなり全部出し切ることができません。トイレに行けない場面に遭遇する前に全部出し切ったと思うことができれば安心して外出することができます。

休日前はしっかり食べることから始める

お腹が痛くなるので食事の量を減らそうと考えてしまいます。正常な状態の人は毎日しっかり食べています。腸の中に便を留めていないと水分が多い状態で下痢として排泄される原因となります。

最初は休日の前夜だけでいいのでしっかり食べることを意識しました。腸の運動を正常に戻さないといつまで経っても治らないと考えます。しっかり食べることで正常な形で排泄することが多くなります。

『あえてたくさん食べる』と『ストレスを溜め込まない』を実践したところ徐々に腹痛の頻度が減っていき過敏性腸症候群を治すことができました。

3つの原因を改善したことで群発頭痛が治った話   // 10年ほど苦しんできた群発頭痛。いまのところ3年間はあの激痛を味わっていません。群発頭痛が治った...