整備・契約関連

環境性能割??実質増税??自動車税制が大きく変わる

税金が掛かった自動車

2019年10月の消費税が増税されるタイミングで、自動車税と自動車を購入した時の取得税の制度が改正されるらしい。自動車関係の税金は種類が多く、複雑で非常に分かりにくいですよね。

ユーザーにとって少しでも負担が減る嬉しいニュースかと思いきや、今保有している車を大事に乗ろうとしている人にとっては、増税になってしまう制度では?環境性能割とはどんな制度なのか?

2019年度10月1日からの自動車税制改正について

www.soumu.go.jp

総務省の自動車税制改正についての詳細はこちらからどうぞ。次の項目の「JAFの自動車税制改正に関する要望活動」の方が、要点をまとめていて分かりやすかったので、JAFを読んだ方が良いですね。

自動車税制改正の概要

・2019年10月の消費増税後に新車新規登録を受けた自家用乗用車(軽自動車を除く)について、自動車税を1台あたり年間1,000円~4,500円引き下げ。

・消費増税と同時に、自動車取得税を廃止する。しかし、燃費に応じて取得価格の0~3%を支払う「環境性能割」が新たに導入される(増税後1年間は税率を1%引き下げ、0~2%)。

・エコカー減税等の対象車種を絞り込んで縮小する。

今回の改正では、自動車税の引き下げが実現しましたが、2019年10月の消費増税後に購入する新車に限定され、現在保有している車の税負担は軽減されません。また、一定期間経過した車に課される重課等も見直しはありませんでした。

JAFの自動車税制改正に関する要望活動より引用

www.jaf.or.jp

自動車税の引き下げは2019年10月の増税後に購入する新車に限定されている。車の取得税廃止に関しても、取得税は購入した時だけに掛かる税なので、現在保有している車に対しては無関係なお話(既に支払い済み)。

環境性能割が新たに追加

自動車税の引き下げや取得税を廃止にしても、環境性能割が追加され残ってしまうと実質負担増になってしまう。環境性能割って表現はおかしくないですか

電気自動車や2020年度燃費基準を達成した車の目線から見ると「環境性能割」だけど、現状は電気自動車や2020年度燃費基準達成車より未達成車の方が圧倒的に多いので「環境性能税」の方がしっくりくる。

税の引き下げを受けるには新車を購入しなければならない

エコカー減税の対象車種を絞る=燃費の良い車だけがエコカー減税対象になる。つまり、これからは燃費基準に達した電気自動車やハイブリッド車を「新車で買おうね」と言っているように受け取れる。

ガソリン車でも燃費の良い車は沢山あるのに、消費税増税後の買い控え対策や環境対策の名目で、自動車メーカーが潤うように新車で買わそうという魂胆にも取れる

燃費や環境に良い車は高い

電気自動車やハイブリッド車って高いんですよね。普通のガソリン車に比べて開発費もかかっているし、高度なシステムが搭載されていて部品点数が多い。

僕がディーラーで働いてた時は、年間1,000km未満しか走行しないのにハイブリッド車に乗っているお客さんがたくさんいました。それでいて「やっぱり燃費が良くて経済的だね~」なんてよく雑談していたけど、同等のガソリン車と比べ車を手放すまでの総額は明らかに不経済。

買い物で普通に乗るくらいじゃ減税や手放すまでにガソリン代で元を取ることは難しい。少なくとも年間1万キロ以上10年くらいは乗らないと。いくら燃費が良くて減税があっても、すべての人に電気自動車やハイブリッド車に乗るメリットがあるとは限らないですよ。

さいごに

車に乗る者が環境の為に何かしなければいけないのは当然です。しかし環境の為に高い車に乗り換えるのであれば、環境を良くしようと負担しているのはユーザーということになっています。

国が環境対策に取り組んでいるようで実は消費者が負担を強いられている。個人で車を所有しなくなったら環境に良くなるのだろうけど、経済が回らなくなったり現代社会では現実離れしている話で悩ましい。