自働車

【予約が出来て格安】ロック板がない次世代のコインパーキング

ParkX

 

車でお出かけをした時に必ず必要なのが駐車場。数年前に『緑のおじさん(駐車監視員)』の登場で駐車違反の取り締まりが強化されてからコインパーキングの需要が高まりました。

僕が務めていたディーラーでは交通違反に対して厳しく、交通違反をすると反則金+会社から受ける訓戒(減給)という理不尽なダブルペナルティを受けるルールでした。今も短時間の駐車であってもコインパーキングを利用します。

コインパーキングといえばゲート式であったりロック板を上げて車を閉じ込めるのが一般的でカメラで数年前にナンバープレートを記録するタイプが登場しました。

最近ではさらに上を行くゲートなし、ロック板なし、カメラの監視なしのコインパーキングが登場しました。まさにユーザーと駐車場オーナーの信頼で築く次世代の駐車場です。

 アプリでチェックイン・チェックアウトをするParkX

パークXの駐車場

出典:ParkX

ParkXとは?

ParkX とはX_Infinity株式会社が運営する新しい仕組みのコインパーキングです。ゲート、ロック板、カメラ、精算機の設置が不要で駐車場オーナーは設備投資のコストが大幅に削減されます。

地面に配置されたlotデバイスで通信しスマホでチェックイン・チェックアウトをユーザーは自己申告します。lotデバイスはBLE(Bluetooth Energy)が搭載されており近づくことでユーザーのモバイルに情報が伝えられる。

ユーザーが不正や無銭駐車をしないということを前提にすることによって新しい形のコインパーキングを実現しています。

ウェブ上で出来ること

デジタルコミュニティの画面

ParkXに無料会員登録して使用してみました。最寄りの駐車場検索や利用金額の確認、モバイルコミュニティがウェブやアプリ上で体験できる。モバイルコミュニティはまだ始まったばかりのサービスで利用できる項目が少ないもののスタジアムやSNS掲示板がどういった内容なのか気になりますね。

ショップからアバターの洋服やマイホームの家具を揃えることも出来るとのこと。駐車場の検索だけでなくコミュニティツールとしても楽しめる要素があって面白い。

始まったばかりのサービスで肝心の駐車場は実証実験段階でまだ数が少ないですがこれからParkXが流行り駐車場が増えることを期待しています。先に無料会員登録をしておくのも良いかもしれませんね。

ParkXのアプリ画面

現段階ではParkXのアプリは正直なところ未完成に近いと感じました。項目をタップしても結局ブラウザから閲覧しなくてはならないことが多い。これから修正されると思いますが今のところchromeなどのブラウザから登録して使う方が使いやすいです。

追記:X_Infinity株式会社のサイトにアクセス出来なくなりました。

駐車場の検索と予約ができる特P

特P

出典:特P

特Pとは?

株式会社アース・カーが展開しているスマホから駐車場の検索と予約ができるサービスです。特Pの何がメリットかというと格安料金で駐車場が利用でき、駐車場を事前に確保できるということ。特にスタジアムや駅前、観光スポットなど高めに料金設定されているコインパーキングの近くだと特Pを使う恩恵が大きい。

特Pの効果的な使い方

特Pの使い方

出典:特P駐車場検索

例えば甲子園球場付近の駐車場です。甲子園で野球開催期間はコイン駐車場の争奪戦となります。駐車場を探し回って時間を無駄にしたり遠い駐車場に止めなければいけなくなることが回避できます。

野球開催日は特Pでも特別料金が採用されますが通常日は安く、予約ができて前日までのキャンセル無料で気軽に確保しやすいことが大きなメリットです。一日の駐車予約で時間内の出し入れ自由なのでレジャーだけではなく仕事(ビジネス)としても利用しやすいです。(一部例外あり)

駐車場オーナーで副収入

特PもParkX同様にゲートやロック板等で車の閉じ込め、精算機がなくスマホ上でクレジットカード決済をするので非常に便利。空いた時だけを駐車場として貸し出し、ほったらかしの副収入を得るとも可能です。空きスペースを有効活用したい方が特P駐車場オーナーとして参入しやすいメリットがあります。

これから空きスペースを利用したコインパーキングがどんどん増えていってユーザーとしても気軽に格安で駐車場を利用できるようになりそうですね。

さいごに

近年、未払い(踏み倒し)や不正利用をしないようにする車の閉じ込めや監視をしない格安の駐車場が増えています。駐車場を利用するユーザーの信用を前提に設備投資が少なくなり格安で利用できることはユーザー・オーナーとしてお互いのメリットが大きいです。

これからコインパーキングの新たな形として世間に広まっていきそうです。

>>>安い駐車場を検索して事前に予約!特P(とくぴー)