自動車保険・整備

インズウェブ自動車保険一括見積りの使い方と注意点を元整備士が解説

自働車保険一括見積り




今回は自動車保険一括見積りサービスをまだ利用したことがない方に向けて、募集人資格を取得した経験がある僕がインズウェブ自動車保険の使い方と注意点を解説します。

基本的には「車検証」と現在契約中の「保険証券」を用意して必要事項を入力するだけで一括見積りが完了します。両方の書類を用意すると万全ですが、自動車保険に加入済み(切り替え検討)の方は自動車保険の一括見積りに車検証の出番はありません。(車の所有者欄だけ確認が必要)

なぜなら保険証券に車の情報と契約情報がすべて記入されているからです。保険証券は自宅に保管している方が多く、Web画面で確認する保険証券で発行していても自宅で確認できるので、わざわざ車のところに行って車検証を取りに行く必要はありません。

インズウェブ自動車保険一括見積りの使い方と注意点

インズウェブ自動車保険のキャンペーン

まずはインズウェブ自動車保険の一括見積りページにアクセスするのですが、入り口が複数存在します。見積もりをするなら、ハーゲンダッツのアイスが貰えるキャンペーンページから申請しましょう

にゃんすけ
にゃんすけ
僕はキャンペーンページを知らなくて何も貰えませんでした。

インズウェブキャンペーンページはこちら⇒*ハーゲンダッツ2個プレゼント付*自動車保険見直しキャンペーン

車の情報を入力

車の情報

それではインズウェブの具体的な使い方です。最初に保険証券または車検証を確認しながら車の情報を入力します。

  • 初度登録年月
  • メーカー名
  • 車名
  • 型式

すべてお手元の書類に書いてあるのでそのまま入力します。車名は一部省略されている車種があるので勘違いしやすいかも知れません。

(例)インプレッサスポーツ⇒ステーションワゴンタイプのインプレッサ

型式は駆動方式(2輪駆動・4輪駆動)やエンジンの排気量、グレードなどで違ってきます。

にゃんすけ
にゃんすけ
車名を選んだ時に書類と同じ型式を選択できればOKです。

付加情報

自動車保険に現在加入している

付加情報でさらに詳しい車の情報を入力します。

  • 保険契約の加入状況
  • 使用状況
  • その他(改造車の選択は対象外)

ちなみに「現在、自動車保険に加入している」を選択しないとハーゲンダッツのプレゼントが貰えないそうなので注意が必要です(自動車保険の切り替え検討がキャンペーン対象)。

使用状況は「主な使用地(都道府県)・主な使用目的・年間走行距離」を入力します。一週間で数回しか運転しない「日常やレジャー」と運転する頻度が多い「通勤」では保険料が違ってきます。目安の日数を確認して虚偽なく選択しましょう。

その他に、予想される年間走行距離の設定ができますので、あまり乗らないのに保険料を払いすぎるということが回避できます。ディーラーで自動車保険に加入すると距離無制限として契約することがほとんどなので、年間走行距離を制限すればほぼ確実に保険料が安くなります

にゃんすけ
にゃんすけ
通販型自動車保険の大きなメリットです。

現契約の情報

ナンバープレートの入力

次は車両情報についてを入力します。

  • 車のナンバー(登録番号)
  • 現在のご契約内容
  • 事故による保険金請求件数

車のナンバーはナンバープレートの数字をそのまま入力します。現在のご契約内容は「保険会社・満期・等級」を保険証券の項目を確認しながらそのまま入力します。

保険満了日が90日以内(もうすぐ更新)の車が一括見積りの対象です。

事故による保険金請求件数は3件以上ですと、一括見積りの対象外です。運が悪かっただけの可能性も捨てきれませんが「運転が下手すぎ」または「保険金詐欺」の疑いを持たれます。

一人は万人のために、万人は一人のために

皆でお金を集めて万が一の時にお金を使わせてもらうのが保険の精神ですので、保険金請求をたくさんし過ぎると自動車保険の制度が成り立ちませんし、保険会社が破綻します。保険金請求が3件以上ある方は「契約可能」な保険会社を個別で探さなくてはなりません。(もし見つかっても保険料が高い)

運転者の情報

運転者の情報

補償の対象となる車を主に運転する方の情報を入力します。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 婚姻状況
  • 職業
  • 免許証の色
  • 契約者と主な運転者の続柄
  • 過去一年の免許停止、免許取消処分の有無

ここの情報入力で「年齢条件・運転者の範囲・割引の有無」などを大まかに判定します。

例えば運転者の年齢が32歳ですと「30歳以上の補償」にすれば割引を受けることができますし、既婚であれば「本人・夫婦限定」に絞る。ゴールド免許であれば「ゴールド免許割引」があるなど。

範囲を狭くしたり、長年交通事故がないゴールド免許保有者(優良運転者)は保険金を支払う可能性が低くなるので、年間保険料が安くなる特典を受けることができます。もちろん補償の範囲を広めたり狭めたりすることは自由です。

にゃんすけ
にゃんすけ
過去一年の免許停止、免許取消処分がある人は無謀な運転を再びしてしまう可能性があるので、保険会社から契約を拒否されることがあります。

保険契約者の情報

保険契約者の情報を入力します。

  • 自宅の郵便番号
  • 住所
  • 居住形態
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 車の所有者

自宅の情報はそのままですね。メールアドレスは案内を受け取れるアドレスを入力します。

「車の所有者」は車検証の「所有者の氏名又は名称」で確認します。一括で車を購入した場合は本人(購入者)の名前になっているはずです。ローンやカーリースで車を購入した場合はディーラーやリース会社の名前になっているので入力間違いに注意。

にゃんすけ
にゃんすけ
車検証の所有者と使用者は意味が違います。適切な項目を選択をしましょう。

補償・運転条件

保険の条件

ここは補償されるの条件を大まかに選択します。

  • 家族で運転する
  • 本人だけが運転する
  • 家族の中で一番低い年齢 など

決まっていなくても、すべての項目にチェックが必要です。後から保険会社のサイトで変更できるので、決まっている項目は先に入力しておきましょう。

保険に対する希望

補償条件

「保険を選ぶ際に重視する点」で一括見積もりの結果を「安さ重視・補償内容重視」を決めることができます。僕は「補償と価格のバランス」を選びました。見積り内容を検討してから内容(特約)の変更ができるので、どれを選んでもいいと思います。

わからなければバランスを選択すれば問題ありません。

「保険会社や代理店からのアドバイス」で「希望する・希望しない」を選択できます。心配だった勧誘電話は「希望しない」を選択したところ一切かかってきていません。どちらを選択するかはお好みで。

にゃんすけ
にゃんすけ
「希望する」に選択するとプレゼント抽選があるメールが届くそうです。

メールマガジンや他サービスの案内設定

見積りをGET

最後にインズウェブから届くメールマガジンや他の見積もりサービスの案内メールを設定します。

「保険満期日・保険検討に関するご案内」だけチェックを入れて、他の項目は外して大丈夫です。インズウェブは自動車保険の他に火災保険や生命保険など、様々な比較サービスを展開していて案内を送りたいので他の項目があります。

にゃんすけ
にゃんすけ
不必要なものからチェックを外しておけば余計なメールが届かなくなります。こちらも必要に応じて選択しましょう。

設定が終わったら「見積もりをGET」をクリックします。

ユーザーID・仮パスワード・お問い合わせ番号を控える

IDとパスワード

ページ中段の少しわかりにくいところに「お客様の登録情報」があり、「ユーザーID・仮パスワード・お問い合わせ番号」が記載されています。この画面を閉じると確認できなくなるので、メモをするかスクリーンショットで保存しておきます

にゃんすけ
にゃんすけ
お問い合わせ番号はキャンペーンの申し込みに利用するので、必ず確認しておきましょう。

自動車保険の見積り内容を確認する

インズウェブ自動車保険一括見積りは一度に最大20社の見積もりを確認できるのですが、元々入っていたチューリッヒ自動車保険が安すぎて最初から3社に絞られました。

にゃんすけ
にゃんすけ
3社の中で、チューリッヒと三井ダイレクトをそのままの状態で表示された見積もりを比べてみました。
チューリッヒ自動車保険の見積もりチューリッヒ自動車保険の見積もり内容
三井ダイレクトの自動車保険三井ダイレクト自動車保険の見積もり内容
にゃんすけ
にゃんすけ
各社、条件や割引内容が違いますね。

年齢条件で確認してみるとチューリッヒは30歳以上の補償しかないのですが、三井ダイレクトは35歳以上の補償という項目も選択できます。搭乗者傷害が「無しと1000万円」。車両保険が「170万円と175万円」の項目も違います。

インズウェブの画面は簡易的で全ての項目は表示されていないのですが、自動車保険にユーザーIDでログインして同じ条件に変更してみてもチューリッヒが安いので、またチューリッヒで契約すると思います。

基本的に自動車保険の一括見積りを使う理由は知らなかったプラン・内容を検討するためです。チューリッヒには「スーパー自動車保険」と「自動車保険」があって搭乗者傷害の有無の内容が違うことの発見を実際にできました。

にゃんすけ
にゃんすけ
ディーラーで言われるがまま契約せずに、自分のライフスタイルに合った保険を選択することができますね

さいごに

車を所有している者であれば必須なのが自動車保険。

店舗型やネット通販型などたくさんあって、どこを選べば良いのか分からない時は実績のあるインズウェブ自動車保険で一括見積りをすれば間違いありません。特にディーラーで年間10万円ほどの高い契約をしている方は見直しをすれば半額以上に安くなる可能性が高いです。

「自分で選ぶ」がデメリットでもありますが、メリットの方が大きいので一度一括見積もりで検討してみてはいかがでしょうか。

インズウェブキャンペーンページはこちら⇒*ハーゲンダッツ2個プレゼント付*自動車保険見直しキャンペーン