ライフスタイル

アンパンマンミュージアムのぶたまんまんを食べました

アンパンマンミュージアムで売ってるパン

先日、神戸アンパンマンこどもミュージアムに行ってきました。スタッフさんの対応がよく親子でとても楽しめる施設でした。遊びに行く前から買うと決めていたのが、ジャムおじさんのパン工場の神戸限定「ぶたまんまんパン」です。

アンパンマンの中ではかなりマイナーなキャラクターですが、独特な風貌から我が家では一番人気です。今回はぶたまんまんの魅力と神戸限定のパンについてご紹介します。

ぶたまんまんがなかなかのクズキャラ

娘が急に「ぶたまんまん!」と言い出しました。最初は何のことを言っているのかさっぱりわからず、単純に豚まんが食べたいのかな?と思っていました。のちにアンパンマンのキャラクターであることが判明。

調べていくうちに、アンパンマンの世界では珍しい、なかなかのクズっぷりで逆に大好きになりました。

ぶたまんまんはどんなキャラクター?

ぶたまんまんのパン

一言で言うと食いしん坊キャラで体がデカいです。

いじめっこで子猿の食べ物を取り上げて食べてしまう。怒ったアンパンマンにやられて谷底に転落する。お腹がすいた子猿のためにアンパンマンの顔を与えていたところ、ぶたまんまんが谷底から這い上がり仕返しのためアンパンマンに飛び掛かる。

力が出ずアンパンマンがピンチなところにお父さん猿が登場し、ぶたまんまんを懲らしめる。改心したぶたまんまんはぶたまん屋さんになりました。

というのが絵本のお話ですが、アニメではクリームパンダちゃんが配るはずだったパンを勝手にぶたまんまんが食べてしまう。代わりに「豚まんを配る」と言って豚まんを作るのだが自分で食べる。

話の途中で屋台のリヤカーが川に転落してしまい、クリームパンダちゃんが引き上げるのを一緒に手伝ってと言うと「ワタシハブタマンヲタベテイルカラテツダエナイブヒ」言う。

変装したバイキンマンが屋台を引き上げて豚まんをもらうはずが、また自分で食べてしまう(笑)中国人風の喋り口調でアニメの中では「~ブヒ」としゃべっていたのですが、アンパンマンショーでは「~アルヨ」と口調が変わっていて胡散臭さが増加。

話の流れからすると豚まんまんはクズです。僕はこういう怪しいキャラクターが大好きで、変なキャラクターに魅力を感じてしまう。

神戸限定 ぶたまんまんのパンを食べた感想

ぶたまんまんのパンは中身がぶたまんの具なので、お総菜パンの位置ですが黒い部分や顔のパーツが甘い。口の中で合わさると何ともいえない不思議な味になります。う~んせめて甘くない素材で作って欲しかったな。

正直に言うと美味しくはなかったです。ぶたまんまんが好きで神戸限定だからこそ購入しましたが、特に思い入れがない場合はスルーでいいかと思います。

アンパンマンミュージアムのパンの価格は?

アンパンマンミュージアムではたくさんのパンを販売しています。価格はそれぞれ310円。一部高いパンがあってフランク・フルトは360円。ハンバーガーキッドは390円です。

神戸限定商品なのですが、ぶたまんまんは通常価格の310円です。

キャラクターパンのラインナップ

キャラクターの顔になっているので、作るのに手間がかかっているようですががちょっとお高いです。全部買うのは出費が大きいので購入する場合は厳選して選びましょう。

ドキンちゃんとコキンちゃんのパンも購入しました

「せっかく来たのだから」という気持ちがあり、アンパンマン、ぶたまんまん、ドキンちゃん、コキンちゃんのパンを購入しました。

ドキンちゃんとコキンちゃんのパン

バナナクリーム入りとあまおうイチゴクリーム入りです。こちらのパンはなかなか美味しかったです。ドキンちゃんとコキンちゃんかわいい。

さいごに

平日に遊びに行ったのですが来場客が多かった。

週末やゴールデンウィークなどの大型連休はすごく混みそうですね。施設内では写真撮影がOKなので写真を撮りまくりました。スタッフさんの対応も良く、わが子が楽しんでいる姿を撮影できて、親としても大変満足です。

親子で楽しめる施設ですので、アンパンマンこどもミュージアムに遊びにいってはいかがでしょうか。